受験学(10)

このエントリーをはてなブックマークに追加
3

受験学(10)


 第九章


  私は英語の資格をとる過程で、39通の「不合格通知」と「合格通知」を受け取った。これは、普通の意味ではかなりカッコ悪いと思う。高校生に交じってセンター試験を受けたために、三重大の入り口で“侵入”を阻止されたし、京都大学を7回受ける時は、京都からすまホテルの送迎バスで

「保護者は乗れません」

 と、止められた。

 普通の意味では、どれだけ恥ずかしい思いをしたのか分からない。しかし、私はそういう異常事態を楽しく過ごしてきた。英語講師が数学講師に転換するわけだから、

「どうせ中途半端」

 と軽んじられもした。しかし、私のプライドや自意識などどうでもよかった。そんなことより、娘たちの生活の方がずっと大切。いくらでも恥をかく用意があった。娘たちの生活を守るためなら何でもできるからね。


  自分のためだけに勉強している生徒は伸びない。

「医者になって苦しんでいる人を救いたい」

  とか

「親の期待に応えてやりたい」

 とか、自分以外の人のことを考えている生徒は強い。


「特攻隊」の画像検索結果


読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

キョウダイ セブン

 三重県で高校生と中学生を指導している塾講師です。

キョウダイ セブンさんが次に書こうと思っていること

|

キョウダイ セブン

 三重県で高校生と中学生を指導している塾講師です。

キョウダイ セブン

 三重県で高校生と中学生を指導している塾講師です。

キョウダイさんの他のストーリー

  • 亡くなった父と語る時間が増えてゆく

  • キョウダイさんの読んでよかったストーリー

  • (6位)、第七十一章 英検1級に合格すると、世界はどう見えるのか?