受験学(10)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2

受験学(10)


 第九章


  私は英語の資格をとる過程で、39通の「不合格通知」と「合格通知」を受け取った。これは、普通の意味ではかなりカッコ悪いと思う。高校生に交じってセンター試験を受けたために、三重大の入り口で“侵入”を阻止されたし、京都大学を7回受ける時は、京都からすまホテルの送迎バスで

「保護者は乗れません」

 と、止められた。

 普通の意味では、どれだけ恥ずかしい思いをしたのか分からない。しかし、私はそういう異常事態を楽しく過ごしてきた。英語講師が数学講師に転換するわけだから、

「どうせ中途半端」

 と軽んじられもした。しかし、私のプライドや自意識などどうでもよかった。そんなことより、娘たちの生活の方がずっと大切。いくらでも恥をかく用意があった。娘たちの生活を守るためなら何でもできるからね。


  自分のためだけに勉強している生徒は伸びない。

「医者になって苦しんでいる人を救いたい」

  とか

「親の期待に応えてやりたい」

 とか、自分以外の人のことを考えている生徒は強い。


「特攻隊」の画像検索結果


読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

キョウダイ セブン

 三重県で高校生と中学生を指導している塾講師です。

キョウダイ セブンさんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

【第42話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。~最終話まであと5話~

【第1話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

これがおれの2年だ!! 偏差値40高校出身のぼくがスタンフォードとUCバークレー大生限定のハッカソンに無理矢理参加して2位に入賞した話

「俺は早稲田、お前は獨協」そこから始まるNYの投資銀行マンへの道

パリのテロ現場から400mのAirbnbアパートで考えた「僕が創りたい世界と、その実現方法」

大学生までABCしか出来なかった私がヨーロッパで働いている話(現在進行形)『最終話』

アメリカの大学を辞め、20歳の青年がたった4万円で東京にやって来て、どん底から這い上がっていく話③

人生で必要なことは全て旅先で学んだ。 出会いと好奇心

人生で必要なことは全て旅先から学んだ。 孤独を抱いて寝る時

人生で必要なことは全て旅先から学んだ。 お金

人生で必要なことは全て旅先で学んだ。 人はなぜ祈るのか?

自分に嘘のない人生を!

世界196ヶ国60万人の中から、日本人唯一25人の中に選ばれた時の話

高校進学を言葉がさっぱりわからない国でしてみたら思ってたよりも遥かに波乱万丈な3年間になった話【その5:アビラ】

デザイナーの役割

キョウダイ セブン

 三重県で高校生と中学生を指導している塾講師です。

キョウダイ セブン

 三重県で高校生と中学生を指導している塾講師です。

キョウダイさんの他のストーリー

  • (4位)音速は秒速340メートルですよ。

  • キョウダイさんの読んでよかったストーリー

  • (6位)、第七十一章 英検1級に合格すると、世界はどう見えるのか?