⑥行き着いた場所…

このエントリーをはてなブックマークに追加
4

『あなた、いくつ~?』○本さんが、小首をかしげて私を見つめた…えっーと、○歳です!正直に答えると…

『ふぅ~ん、私はにじゅう、にさいなの~♪』……へっ?…にっ、にじゅう・・そうなんですか…

○本さんは、かなりお身体がふくよかで、『塗り絵』と『食べる事』が大好きな、幼女の様な方だ…ニジュウニサイデワナイ…

『あら~おなかに赤ちゃんが、いらっしゃるのねぇ~』今度は私のおなかを指差して仰った……うっ…確かに…たしかに私お腹おおきいです……でも…憶えないし、エプロンの前ポッケに、そう!タオル入れてるし~…『ハイ!8ヶ月です!』…高らかに私は、カミングアウトした…『まぁ~大事にしてね~』とTさんは私のお腹を嬉しそうにスリスリして下さった…(-_-#)結構、凹むんですけど…

と…○本さん『チ~ちゃん何処行ったの?』チ~ちゃん?…確か○本さんの娘さんだったよね?チ~ちゃんは、夕方になったらお迎えに来ますよ~と言うと『チ~ちゃん!ちぃ~ちゃん!!』と回りを必死の形相で見回すと、『ふぎゃ~!うぎゃ~~!!』と泣き始められたε=┏(; ̄▽ ̄)┛皆の視線が一斉に…げっ!私、泣かした?


私は、このディサービスを半年で辞めた…

軟弱な私の腰と膝が、廃車状態…介助の際、利用者さんに怪我でもさせてしまったら、もう取り返しがつかない…腰の痛みで寝不足続きの中、決心した…

今回、リアルでシビアなところは、あまり書いてありません…ほんの半年、この世界をかじったとも言えない、わずかな経験、時間…そこを書くにはあまりに未熟な私が、うかつには書けない気がして…実際の現場は、こんなのどかな場面ばかりではありませんでした…

正直、長生きなどしたくない…と思う場面が幾度もありました…

年を取ると小さな子供と一緒よねぇ~と仰った方がいましたが、全く違うと思います…

もう何もわかってない…なんてとんでもない…長年、色々な苦難を乗り越え、それぞれ必死に生きてこられた歴史が…ふとした場面で圧倒される事がよくありました…

そして、こちらの気持ちをとても敏感に感知されます…舐めてかかると、とんでもないです(笑)人生の大先輩…という尊敬の念を、心の隅において接しないと、何も言う事は聞いてくれません…

老いる事は、辛い、情けない、残酷です…

でも、生き抜くしかありません…そんな中でたった一瞬でも、ひとときでも、人と人が通じあった気がする、心が同調した気がする瞬間…それがどれほど、人を慰め、力に、希望に…たったひとりで、苦しい人生の旅を励ましてくれるか…気づかせてくれた半年間でした…

かなり手こずらせて下さった皆皆様…み~んな『いとおしい…』です(^^)

綺麗ごとを言ってると思いますか?(笑)

最後の日、○本さんが別れ際に所内中に聞こえる声で言って下さいました…

『おなかの、赤ちゃん、大切にねぇ~~!』


…終わります



読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

稲葉 薫さんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

チアリーディング。それは、誰かに元気と勇気と笑顔を与えるもの。つまり、誰かを思いやること。それは、世界平和に繋がると信じて。

1億円持って生まれてきた「奇跡の女の子」のお話【大島享】

「未来になくなる仕事」に怯えない生き方/肩書きの数だけ、未来が拓ける vol.4

まとめ:今回の体験で分かった人生を変える3つのからくり|「死にたい」と二度思うときから本来の自分を思い出す物語

第14話 1本の木と奇妙な夜 【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

10ヶ所転移の大腸癌から6年半経っても元気でいるワケ(19)

僕がお金をたくさん稼ぎたいと思っている理由

[あとがき]友人Bの死が、俺に与えてくれた物

ずっと英語が嫌いだった僕が英語を話せる様になった3つの事。

24歳ナースが、インドでチフスになった話

【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」

吃音に苦しむ、若いK君の未来のために。「恐怖突入」というキーワード。

コーギーと過ごした3494日と12時間くらい。うちに来てから旅立つまでの毎日。

12年半のサラリーマン人生から起業してみて

広汎性発達障害と言うものも知ってから変わったこと

稲葉 薫さんの他のストーリー

  • 萌えたぞぉ~台湾!…お茶編