ニートで恋愛依存症だった自分がゲームで出逢った人を好きになり経営者になった話し

このエントリーをはてなブックマークに追加
2

三年位前の私は、あるオンラインゲームに夢中になりすぎて、仕事を辞めニートになって朝から晩までゲーム三昧の毎日を過ごしていた。

ゲームの中の私は15名ほどメンバーのいるチームのリーダーだった。

365日中、350日はスカイプで話しながらのゲーム。

そんな中、私は1人の男性メンバーを好きになっていた。

逢ってみたい…。

その気持ちをおさえる事が出来なかった私は、東京でオフ会を開く事にした。

メンバーは遠い人は沖縄の人もいたが、みんな大盛り上がりで私は札幌から彼は名古屋からの参加だった。

そしてオフ会当日…私は色んな意味で緊張していた。

ゲーマー……申し訳ないが世間一般のイメージではオタクっぽい人を想像した。

リュック背負って来るのかな…。

私はと言うと札幌のススキノで長年ホステスをしていたのもあって見た目は、どちらかと言うと派手だったから引かれたらどうしよう。

そんな心配をしながら待ち合わせ場所で待っているとメンバーが集まりだし、そして彼も来た!







読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

|

青木 恵美さんの他のストーリー

  • ニートで恋愛依存症だった自分がゲームで出逢った人を好きになり経営者になった話し8

  • 青木 恵美さんの読んでよかったストーリー

  • あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。