ニートで恋愛依存症だった自分がゲームで出逢った人を好きになり経営者になった話し2

このエントリーをはてなブックマークに追加
2

オタクっぽさは少しもなかった。

好みのタイプと言う訳ではなかったし、メンバーの中にはイケメンと言える男性が2〜3人いたが私には彼しか見えていなかった。

みんなでさんざん飲んで騒いだあと、更にホテルで朝まで飲み明かそうと言う話しになり、私の部屋に集まった。

もっとゲーム以外の彼の事を聞きたかった。

「俺、明日も仕事だから寝るわ!」

そう意中の彼は真っ先に寝てしまったのである。

こうして1回目のオフ会は楽しかったけど、何の進展もなく終わりを告げたのでした。

それから半年、相変わらず毎日スカイプで話しながらのゲームとオフ会も2回目、3回目とするうちに、私はどうにも自分の気持ちが抑えられなくなっていた。

しかし私が告白をしたところで、どうする事も出来ない壁が私と彼の間にはいくつもあった。

当日、私は43歳のおばさん、彼は33歳。

私は札幌、彼は名古屋。

そして彼には彼女がいた…。

それでも、ゲームが人生の全てになっていた私には、もしいつか彼がゲームを辞めたらどうしようと言う恐怖に常に頭を支配されていた。

このまま彼がゲームを辞めたら2度と会う事は出来なくなる!

それだけは嫌だ、とりあえず告白してみよう!

そして彼に思いを伝えた。



読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

|

青木 恵美さんの他のストーリー

  • ニートで恋愛依存症だった自分がゲームで出逢った人を好きになり経営者になった話し3

  • 青木 恵美さんの読んでよかったストーリー

  • 無職だった当時の僕に、無理やり、彼女が七夕の短冊を書かせた結果、1年後、あまりに信じられないことが起きた〜あの七夕が僕に、なりたい姿の描き方を教えてくれた。そして、人生の快進撃が始まった話〜