ニートで恋愛依存症だった自分がゲームで出逢った人を好きになり経営者になった話し2

このエントリーをはてなブックマークに追加
2

オタクっぽさは少しもなかった。

好みのタイプと言う訳ではなかったし、メンバーの中にはイケメンと言える男性が2〜3人いたが私には彼しか見えていなかった。

みんなでさんざん飲んで騒いだあと、更にホテルで朝まで飲み明かそうと言う話しになり、私の部屋に集まった。

もっとゲーム以外の彼の事を聞きたかった。

「俺、明日も仕事だから寝るわ!」

そう意中の彼は真っ先に寝てしまったのである。

こうして1回目のオフ会は楽しかったけど、何の進展もなく終わりを告げたのでした。

それから半年、相変わらず毎日スカイプで話しながらのゲームとオフ会も2回目、3回目とするうちに、私はどうにも自分の気持ちが抑えられなくなっていた。

しかし私が告白をしたところで、どうする事も出来ない壁が私と彼の間にはいくつもあった。

当日、私は43歳のおばさん、彼は33歳。

私は札幌、彼は名古屋。

そして彼には彼女がいた…。

それでも、ゲームが人生の全てになっていた私には、もしいつか彼がゲームを辞めたらどうしようと言う恐怖に常に頭を支配されていた。

このまま彼がゲームを辞めたら2度と会う事は出来なくなる!

それだけは嫌だ、とりあえず告白してみよう!

そして彼に思いを伝えた。



読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

これから肺がんを生き抜いていく人たちのために(1)

「元素の勉強」に驚きと感動を!!熱狂と興奮を!!とある塾長の実録奮闘記

私が今死んでない理由

最終話:11歳で母を自殺で亡くした若者が生きることを諦めなかった『からあげ』の話。

③『50歳のバツ2ママが、突撃アメリカで大富豪に直談判しビジネスチャンスを掴んでしまい・・そこからが本物試練の始まりだった件。』序章その3(再婚とオンライン空間)

②『50歳のバツ2ママが、突撃アメリカで大富豪に直談判しビジネスチャンスを掴んでしまい・・そこからが本物試練の始まりだった件。』序章その2(シングルから再婚へ)

①『50歳のバツ2ママが、突撃アメリカで大富豪に直談判しビジネスチャンスを掴んでしまい・・そこからが本物試練の始まりだった件。』序章その1(シングルになった経緯)

50歳のバツ2ママが、突撃アメリカで大富豪に直談判しビジネスチャンスを掴んでしまい・・そこからが本物試練の始まりだった件。そのゼロ回

殺したいほど憎かった酒乱の親父が言っていた「〇〇になるなよ」という言葉が生きる力になっている話

23歳、社会人1年目の僕が“うつ”で死にそうになり、8コ上の萌え声お姉さんの「そっか、あなたは○○をしたかったんだね」というたった一言に泣き崩れ、生きる活力をもらった話。

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話

就活生へ捧ぐ、ベンチャー企業に入ろうしていた私が大企業に入った理由

飲食業勤め最後の一年。

高校時代は日本の教育に疑問。今は教育業界で働くワーキングウーマンの話し。

青木 恵美さんの他のストーリー

  • ニートで恋愛依存症だった自分がゲームで出逢った人を好きになり経営者になった話し2

  • 青木 恵美さんの読んでよかったストーリー

  • <お金・スキル・人脈ゼロ>の超凡人22歳が複数のメンターのアドバイスで3社起業した話【2】