ニートで恋愛依存症だった自分がゲームで出逢った人を好きになり経営者になった話し3

このエントリーをはてなブックマークに追加
2

「ごめん、俺、彼女おるから…」

やはり想像通りの答えだった。

そんな事わかってた上での告白だ、ひるんでいられない!

私「そんなのわかっとる、だから彼女と戦わせて!」

彼「……」

私「どう頑張っても無理だって分かったら諦めるから!」

彼「好きにしろ…」

私「よっしゃー!それじゃ私、名古屋に引っ越す からね」

彼「はあああ???」


こうして私は43年間生まれ育った札幌を出て名古屋に住む事に決めた。

しかし、その前に親の説得が難関だ。

私「名古屋に好きな人が出来たから名古屋に引っ越したいと思ってるんだ」

親「結婚するのか?」

私「しないよ、付き合ってもいないし」

親「……」

私「彼女も、おるし33歳だし」

親「はああああ???」


納得したと言うよりは、あきれられたと言う感じで親は折れた。

彼もまた、「お前、人生もう少しちゃんと考えた方がいいぞ!」「普通の男なら完全に引くぞ…」

とあきれた感じだったが最後は折れた。

こうして告白から3ヶ月、私は名古屋人になりました。





読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

これから肺がんを生き抜いていく人たちのために(1)

「元素の勉強」に驚きと感動を!!熱狂と興奮を!!とある塾長の実録奮闘記

私が今死んでない理由

最終話:11歳で母を自殺で亡くした若者が生きることを諦めなかった『からあげ』の話。

③『50歳のバツ2ママが、突撃アメリカで大富豪に直談判しビジネスチャンスを掴んでしまい・・そこからが本物試練の始まりだった件。』序章その3(再婚とオンライン空間)

②『50歳のバツ2ママが、突撃アメリカで大富豪に直談判しビジネスチャンスを掴んでしまい・・そこからが本物試練の始まりだった件。』序章その2(シングルから再婚へ)

①『50歳のバツ2ママが、突撃アメリカで大富豪に直談判しビジネスチャンスを掴んでしまい・・そこからが本物試練の始まりだった件。』序章その1(シングルになった経緯)

50歳のバツ2ママが、突撃アメリカで大富豪に直談判しビジネスチャンスを掴んでしまい・・そこからが本物試練の始まりだった件。そのゼロ回

殺したいほど憎かった酒乱の親父が言っていた「〇〇になるなよ」という言葉が生きる力になっている話

23歳、社会人1年目の僕が“うつ”で死にそうになり、8コ上の萌え声お姉さんの「そっか、あなたは○○をしたかったんだね」というたった一言に泣き崩れ、生きる活力をもらった話。

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話

就活生へ捧ぐ、ベンチャー企業に入ろうしていた私が大企業に入った理由

飲食業勤め最後の一年。

高校時代は日本の教育に疑問。今は教育業界で働くワーキングウーマンの話し。

青木 恵美さんの他のストーリー

  • ニートで恋愛依存症だった自分がゲームで出逢った人を好きになり経営者になった話し10

  • 青木 恵美さんの読んでよかったストーリー

  • あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。