②萌えたぞ~台湾!…千と千尋編

このエントリーをはてなブックマークに追加
2

私は完全に、パニック!(;□;)!!


フト恐怖にかられて立ち止まった…


店先でニマリ笑うお姉さんも、タラタラと昇ってくるおじさんの集団も、なんだか別の世界の人に見えて…びぇ~~んo(T□T)o


ここ、何処?~!

かろうじて、気を取り直して再び走りだした…


引きつった必死の形相で、転がる様に駆け降りてくる私の方が、余程、妖怪じみてただろう…(笑)(妖怪突進婆ばぁσ(^_^;)?)


ソシテ…ナント…出口がぁ~!…出れた…(ToT)


あっ!ラッシャーだ!飛びつきたいのを我慢して『早かったかしらん~』風を装い近づいた…ゼイゼイ…


アレ?人混みを見渡しても、妹達が見当たらない…オイ!点呼取ってるどぉ~!


…と…そこに…プラブラと呑気な顔で、土産の袋をクルクル振り回しながら、妹とゆきチャンが…


もぅ~探したんだからぁ~泣きそうだったんだ!か!ら!と喚くと、わが妹さん、ヘラヘラ笑いながら…


『か○ちゃん(私)豚に変えられちゃって、戻って来ないかも~って言ってたの~♪キャハハハハ~』……………(-_-;)


実はこの『九ふん』…凄い話が…


『九ふん(ニンベンに分)に向かうバスの中で、ガイドさんが、『一つだけ、注意点あります!台湾名物パイナップルケーキ、ここでは買わないて下さいね…』


ウン?買って欲しい店でもあるの?…

パイナップルケーキは、何故か台湾定番土産で、至るところに売っていて、値段も味も皆店によって違うのだ…


『ここだけの話します…』声を若干秘める…ナンダァ~?


『実は、私もガイドの仕事23年やってますが、当たったのは1回たけ!』


…?


『九ふんは年2回、国が消毒入ります…


ソレいつやるか極秘です…

誰も知らされません…抜き打ちです…


ある日いつもの様にお客さん案内していきました…

バス降りたら、お客さん皆さん、ワンワン泣いて抱きついて来ました…


道、絨毯みたいに…

『ゴキブリ!』だらけ~足にも這い上がって来ます…背中にも張り付きます…

踏むとこない…ゴキブリだらけ…

ゴキブリ…


私もわんわん泣きました…その日、一睡も出来ませんでした…』……………………


『でも大丈夫~めったにあたりません(笑)

でもパイナップルケーキ市内のお店、朝作ったの売りますでも、九ふん山の上、昨日の夜作っておいて置きます…


夜誰かのエサ?(笑)だからやめて(笑)』


…………


わたしら絶句でございます

今日がその日でない事を思わず祈った私達でした…(;□;)!!




読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

稲葉 薫さんが次に書こうと思っていること

|

稲葉 薫さんの他のストーリー

  • ⑥行き着いた場所…