萌えたぞ~台湾!…親切な台湾人編

このエントリーをはてなブックマークに追加
5

台湾人は『親日家』が多く、とても親切だと聞いてはいたが、本当だ…。


確かに皆優しくて人懐っこい…そして片言とジェスチャーで、殆ど事足りる…


最も今回は台湾は年に数回、中国語ベラベラのユキちゃんが一緒な事もあって、外国に居る緊張感は全くなかった…


そんな中『温泉』に行こうとなった…


何度も来てるゆきちゃんは、中国語の電車路線図を眺めながら、乗り換え駅がどうの…独りでブツブツ言っていた…


私と妹は引率の先生を待つ幼児状態…

歩いて来たオバチャンに尋ねると、わざわざ乗り換え口まで案内して下さった…ゴシンセツ


そして、巨大なホテルの様な『スパーランド?』温泉に到着~♪

なんだかゴージャスなんだが、バリ風と和風が入り交じった妙な趣き…


フロントで靴と引き替えに、浴衣、タオル等を貰って二階ロッカールームに…


『先に行ってていいよ~トイレ行っていく~』と私…これが間違いだった…


誰も居なくなったロッカールームで、ひとり服を脱いで、タオルで前を押さえて、目の前の引戸を開けると……


あん?


そこは石畳の廊下?


歩いて来たオジサンとしっかり目が合った…

隠すの忘れて呆然と立ちすくむ私…

その時


『ゆ~か~たぁ~ゆかたぁ~!』とリネン係のオバチャンが走り寄ってきた…


ゆ~か~た!と言いながらおばちゃんは、手で羽織る仕草を繰り返す…(@_@;)


スッポンポンにタオルを握りしめてた私は、おばちゃんに促され浴衣を羽織った…


エ~汗流す前に、ユカタ着るの~?

すると、今度は『ばぁ~すきゃっぷ、バス~キャップ!』とエプロンから出したバスキャップを広げ、頭に被せてくれた…ご親切に…


さてと…

所で…お風呂は何処?…

浴衣にバスキャップを早くも装着!キョロキョロする私におばちゃんは、花嫁の介添人のごとく私の手を取り、しずしずと歩きだした…(^_^;)


もう、完全に少し頭が弱い日本人を救わねば…の使命感がみなぎっておられたわ…(*^^*)


何事もなかった様に妹達と合流し、温泉をゆっくり味わった私は、いつまでたっても、出る様子のない二人に『先でるわ!』と声をかけ、ロッカールームに独り戻った…


えっ~と化粧水は~…


アッ出掛けにユキちゃんの手提げに入れて貰ったんだった…


仕方なくパウダールームに並ぶ、様々な瓶を手に取り、化粧水?コレかぁ~?とよさげなのを手に取り、顔に塗ろうとすると…


『あたまぁ~!あたま~!』

今度は七歳位の娘をつれた、若いママらしき人がしきりに頭を指差していた…


ハァ~ン?頭に塗るやつね…OKオーケー…

次に手にとった瓶を掴みながら、恐る恐る若ママを見ると…


心配そうに見守っててくれていて、『からだぁ~身体だ~』とニマニマしながら教えてくれた…(^ε^)


『バイ、バ~イ!』と無事化粧水をぬる私を見届けると、娘チャンと共に立ち去った…


ねぇ~~!!


ホント『台湾の人』親切でしょ!(o≧∇≦)o


えっ!私が余程足んない感じだっったから?……(^^;


読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

稲葉 薫さんが次に書こうと思っていること

|

稲葉 薫さんの他のストーリー

  • ⑥行き着いた場所…