ポジティブになれる魔法の言葉6

このエントリーをはてなブックマークに追加
4

前記事サイト:ポジティブになれる魔法の言葉5



僕の母親は明るい人です。いつも楽しそうに歌ったり、笑ったりしています。

昔の僕はそれが嫌でした。
なんでいつも笑っているのか不思議で、それに反するように真逆の性格を貫いていました。

友人が家に遊びに来ると、「お母さん、いつも楽しそうでいいね」と言われることが多く、それを恥ずかしいと思っていました。

ですが、今の僕はそんな面を尊敬しているし、心強いと思っています。


母親がいつも言っていたことがあります。


「怒ってるより、泣いてるより、笑っていたほうが楽しいじゃない!人生なんて楽しんだもん勝ちよ!」


昔の僕は、「ふーん。」ぐらいにしか思っていませんでしたが、大人になった今、好きな言葉になりました。


人生に勝ち負けなんてないけれど、せっかくなら楽しい人生を送りたい!


何事も笑い飛ばせるような、明るくて寛容な人間になることが僕の目標です!



読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

大塚 和成

大塚和成20歳です。 ファッションのお仕事に就けるよう、日々勉強しています。

|

大塚 和成

大塚和成20歳です。 ファッションのお仕事に就けるよう、日々勉強しています。

大塚 和成

大塚和成20歳です。 ファッションのお仕事に就けるよう、日々勉強しています。

大塚 和成さんの他のストーリー

  • オシャレに目覚める日は、突然に①