ポジティブになれる魔法の言葉6

このエントリーをはてなブックマークに追加
3

前記事サイト:ポジティブになれる魔法の言葉5



僕の母親は明るい人です。いつも楽しそうに歌ったり、笑ったりしています。

昔の僕はそれが嫌でした。
なんでいつも笑っているのか不思議で、それに反するように真逆の性格を貫いていました。

友人が家に遊びに来ると、「お母さん、いつも楽しそうでいいね」と言われることが多く、それを恥ずかしいと思っていました。

ですが、今の僕はそんな面を尊敬しているし、心強いと思っています。


母親がいつも言っていたことがあります。


「怒ってるより、泣いてるより、笑っていたほうが楽しいじゃない!人生なんて楽しんだもん勝ちよ!」


昔の僕は、「ふーん。」ぐらいにしか思っていませんでしたが、大人になった今、好きな言葉になりました。


人生に勝ち負けなんてないけれど、せっかくなら楽しい人生を送りたい!


何事も笑い飛ばせるような、明るくて寛容な人間になることが僕の目標です!



読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

大塚 和成

大塚和成20歳です。 ファッションのお仕事に就けるよう、日々勉強しています。

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

チアリーディング。それは、誰かに元気と勇気と笑顔を与えるもの。つまり、誰かを思いやること。それは、世界平和に繋がると信じて。

1億円持って生まれてきた「奇跡の女の子」のお話【大島享】

「未来になくなる仕事」に怯えない生き方/肩書きの数だけ、未来が拓ける vol.4

まとめ:今回の体験で分かった人生を変える3つのからくり|「死にたい」と二度思うときから本来の自分を思い出す物語

第14話 1本の木と奇妙な夜 【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

10ヶ所転移の大腸癌から6年半経っても元気でいるワケ(19)

僕がお金をたくさん稼ぎたいと思っている理由

[あとがき]友人Bの死が、俺に与えてくれた物

ずっと英語が嫌いだった僕が英語を話せる様になった3つの事。

24歳ナースが、インドでチフスになった話

【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」

吃音に苦しむ、若いK君の未来のために。「恐怖突入」というキーワード。

コーギーと過ごした3494日と12時間くらい。うちに来てから旅立つまでの毎日。

12年半のサラリーマン人生から起業してみて

広汎性発達障害と言うものも知ってから変わったこと

大塚 和成

大塚和成20歳です。 ファッションのお仕事に就けるよう、日々勉強しています。

大塚 和成

大塚和成20歳です。 ファッションのお仕事に就けるよう、日々勉強しています。

大塚 和成さんの他のストーリー

  • ポジティブになれる魔法の言葉6