受験学(11)

このエントリーをはてなブックマークに追加
4

受験学(11)

第十章

  書店に行けば、「受験は朝型」とか「使える参考書はコレだ」とか「これを食べればキミも合格」みたいな、テックニックばかり。予備校も塾も、「これをやれば受かる」といった安直な方法ばかり吹聴する。

  私の塾生で、京大、阪大、名大といった旧帝や、国立大学医学部に合格していった生徒に、そんな愚かなアドバイスに耳を傾ける子はいなかった。

  受験産業だけではない。学校の教師に対しても

「あの先生では、絶対に京都大学に合格できない」

  と言う発言が毎年多い。

  今年も、正月から不適格教師のニュースが流れている。

  交際相手の女性宅の窓を壊したとして、奈良県警奈良署は1日、器物損壊の疑いで奈良市立平城中の教諭、斉藤真一容疑者(49)=奈良県天理市西長柄町=を現行犯逮捕した。逮捕容疑は1日午後10時5分ごろ、奈良市の40代女性宅の玄関横にある窓を素手で殴り、壊したとしている。奈良署によると、女性が110番した。斉藤容疑者は「出てきてほしいと合図のためにたたいたら割れた」と供述している。(2017.1.2 産経WEST)

   学校の教師も、予備校や塾の講師も、クラスに学力がバラバラの生徒が10人以上いたら「最大多数の生徒」、つまり、中間くらいの学力の生徒に向かって授業をし、教材を作る。

  名古屋の大規模校で指導していた私が言うのだから、間違いはない。だから、先生は「キミにむかって指導しているわけではない」ことを知っておくべき。学力や志望校をしぼって、「ほぼ同じ学力の5人以内」くらいでないと先生の決めた宿題やカリキュラムはキミには合っていない。  

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

キョウダイ セブン

 三重県で高校生と中学生を指導している塾講師です。

キョウダイ セブンさんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

チアリーディング。それは、誰かに元気と勇気と笑顔を与えるもの。つまり、誰かを思いやること。それは、世界平和に繋がると信じて。

1億円持って生まれてきた「奇跡の女の子」のお話【大島享】

「未来になくなる仕事」に怯えない生き方/肩書きの数だけ、未来が拓ける vol.4

まとめ:今回の体験で分かった人生を変える3つのからくり|「死にたい」と二度思うときから本来の自分を思い出す物語

第14話 1本の木と奇妙な夜 【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

10ヶ所転移の大腸癌から6年半経っても元気でいるワケ(19)

僕がお金をたくさん稼ぎたいと思っている理由

[あとがき]友人Bの死が、俺に与えてくれた物

ずっと英語が嫌いだった僕が英語を話せる様になった3つの事。

24歳ナースが、インドでチフスになった話

【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」

吃音に苦しむ、若いK君の未来のために。「恐怖突入」というキーワード。

コーギーと過ごした3494日と12時間くらい。うちに来てから旅立つまでの毎日。

12年半のサラリーマン人生から起業してみて

広汎性発達障害と言うものも知ってから変わったこと

キョウダイ セブン

 三重県で高校生と中学生を指導している塾講師です。

キョウダイ セブン

 三重県で高校生と中学生を指導している塾講師です。

キョウダイさんの他のストーリー

  • オータムブリーズ(強い人)

  • キョウダイさんの読んでよかったストーリー

  • (6位)、第七十一章 英検1級に合格すると、世界はどう見えるのか?