僕にとって結婚するということ

このストーリーは大塚 雄介さんが書いている途中です。
「詳しく聞きたい!」を押しておくと
このストーリーが書かれたときにお知らせが届きます!

詳しく聞きたい!

このストーリーを聞きたい人:

  • Riney James
  • 溝部 拓郎
  • Ishiyama Megumi
  • 田中 裕子
  • 和田 晃一良
  • Murohashi Yuki
  • 橋田 一秀
  • Machida Meg
  • maemura nao
  • Togashi Taki
  • 佐俣 アンリ
  • 高田 洋平
このエントリーをはてなブックマークに追加

音楽のような詩でした。軽快でいて、心がこもった。
二律背反するけど、両方ともが価値として豊かな、そんな表現に出会えて僕は幸せです。

「二律背反」。この感覚はとても大切ですね。
ロジカルなことこそエモーショナルに伝えたり、
エンジニアリングなことこそアーティスティックに表現する。
一見「二律背反」することを、静かに考えて、両者の交差点を見つけられた時、私は本気で嬉しくて身震いします!
何年かに一度、あることを極めるとこの感覚に陥ります。ゾーンに入る感覚です。この間お話した、数式を見ると回答がぼんやり浮かんでくる感覚と一緒です。大学院時代に書いていたBlogに当時の感覚を書いていますね。http://ameblo.jp/rock-n-roll-dream/entry-10008227679.html

ブログ拝読しました。
ああ、やはり、大塚さんとは、多分感性が全く違うのですが、好きだなと思いました。言葉の選び方や表現がすごく好きです。
何気に、「酒とタバコとロックと女
~映画とマンガとロックとアニメ~」というタイトルにやられました。

ロジカルなこと「こそ」エモーショナルに伝える。エンジニアリングなこと「こそ」アーティスティックに表現する。

両者の交差点を見つけて身震いする・・・・・・。

両者の交差点っていう表現最高ですね。

いいですね。

大塚さんは、詩人ですね。

そして僕は、ランボーよりも、ホイットマンよりも、大塚雄介という詩人の世界観に魅了されます。

w
ちなみに、受験の時、国語が最も苦手でしたw

結婚に向けて一歩一歩進んでいる自分にとって、このお話はとてもほっこりしました。
相手もこう想っていてくれたら嬉しいなぁ、と。

Naganoさん 結婚おめでとうございます。結婚に向けて進まれている方に少しでも参考になれば幸いです。

大塚 雄介

coincheck Co-founder COO(最高執行責任者) 大塚雄介と学ぶブロックチェーン・ビットコイン研究所 https://goo.gl/2bcs4r

大塚 雄介さんが次に書こうと思っていること

|

人生が変わったキッカケのタグがついたストーリー

♪あるがままって難しい?でも…

バチェラージャパンVol.1終了。

私が上場企業の役員の地位を捨て、海外移住に踏み切った理由(3)危機感1 英語ができないとヤバい

立ち直った26歳②

違和感を感じたら、さっさと居場所を変えましょう

写真家長谷川美祈さんの【Internal Notebook】がドイツのカッセルダミーアワードのショートリストに選考されました

〜少年時代の僕へ送る手紙〜

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その5~そして「自由」へ

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その4~復活

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その3~本当の試練の始まり

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その2~リバウンドは突然に

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その1~ブクブク・ポッチャリ

「バチェラー」から学ぶ。「相手のどこを見るか」

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。序章

20歳で月に200万稼いだ男が無一文になって歩いて日本一周するまでの話

大塚 雄介

coincheck Co-founder COO(最高執行責任者) 大塚雄介と学ぶブロックチェーン・ビットコイン研究所 https://goo.gl/2bcs4r

大塚 雄介

coincheck Co-founder COO(最高執行責任者) 大塚雄介と学ぶブロックチェーン・ビットコイン研究所 https://goo.gl/2bcs4r

大塚 雄介さんの他のストーリー

  • 14歳の決意

  • 大塚 雄介さんの読んでよかったストーリー

  • 私が占い師になった理由 続編