色盲持ちにとって一番めんどくさいこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
私は色盲だ。色で言うと、緑系?の色の判別がいまいち分かりにくい。

嫁さんはもちろんその事を知っており、家の中ではよく

「ねーこの布巾って緑?」

「ちゃう、黄色」

みたいな会話が行われる。家で使っている布巾は同じ形で色違いの物が

4種類あって、青と緑は台拭き用、黄色と赤は食器拭き用と決まっているのだが

よく私が緑と黄色を間違えて使ってしまう為だ。


色盲は優性遺伝ということで、私の親も色盲だったし、多分息子も

何かしら色については苦労するだろうなと思っているが、正直そこまで

気にしていない。


色盲の人間にとって大変な事って何だろうか?

別に私が全世界の色盲の人たちの代表に立つ訳ではないし、もっと重度な

人からすれば「お前なんか全然ましじゃねーか」と思われるかもしれないが。


ちなみに私がいままでにやってしまった色盲絡みのストーリーと言えば


・幼稚園時代、「オレンジ色で塗りましょう」と先生に言われ、色が判別できず

クレヨンに書かれている「○○色」という字でオレンジ色を探そうとしたところ、

不幸にもオレンジ色は「だいだい色」と書かれており、結局オレンジ色が分からず

パニクって泣いた。


・小学校時代、英会話教室で「木を描きましょう」と言われ、自信満々で

色を塗りたくってたら、先生から一言「杉村君の木は、なんで茶色なの?」

と突っ込まれた。


・大学時代、自動車免許を取る際の目の試験で、信号の何色が光っているかという

検査で黄色と赤を間違えて答えた。(ちなみにその時は試験官が「え?」と

言ったので、「あれ、僕今赤って言いました?すいません黄色っす」と答えた。

しかもこれ、自動車免許取得の時も中型二輪免許取得の時も両方やらかした)


といった事が挙げられるが、別に何かのトラウマになったわけではない。

確かに私生活にて若干の不便はあるが、そこまで気に留めた事も無い。


じゃ、色盲持ちにとって一番めんどくさいことって何?と聞かれたら、

私の場合は間違いなく


「どんな感じで見えてんの?」


という質問に答える事だ。


普通の人が見たら明らかに「緑色」の物が、私が見た場合は

「緑か茶色かよくわからん(もしかして赤色か?)」という状態なのだが

その辺について、色盲ではない人はやたらと興味を示す。

別に、めんどくさいというのは「何面白がって聞いてんだよ」とかではなくて

「どうにも説明できない」のがまどろっこしいのだ。


今まで何度かこの質問を受けて来たが、まともに答えられた試しが無い。

なんか色がよくわからんのだから、それ以上答えようがないのだ。

ていうか、「そうそうそれなんだよ!」という返答を持ち合わせている人がいたら

ぜひ教えてほしい。


まぁ何が言いたいかというと、

「色盲持ちってことに対して、少なくとも俺はあんま気にしてないけど、

そこまで興味示すような物でもないよ」

という事だ。


あと、色盲持ちって事をカミングアウトすると

「これ、何色に見える?」「これは?」「これは?」と

よく質問を食らうが、別にこれもあんまり気にしてない。

小学校の頃とかだとコンプレックスを覚えてしまうだろうが

今更そんな物も無いので「緑。え、茶色なん。ふーん」で済む話だ。


というわけで、これからもあんまり気にせず曖昧な色の世界を生きていくので

よろしくお願い致します。


ただ、次に布巾を新調する時は、緑と黄色は同じ用途にしようねと

嫁さんと話しましたとさ。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

私は微妙な色の判断ができにくいので、よく「えっ?」て言われます。しかし、生活に影響はないです。唯一、影響があるとすれば何かデザインをする時に配色に困るという事ですかね。ですので、「木の描きましょう」の下りは良く分かります。

http://www.kotaro269.com/articles/42774.html

杉村 淳さんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

杉村 淳さんの他のストーリー

  • 父親の存在意義ってなんですか?

  • 杉村 淳さんの読んでよかったストーリー

  • 俺's story