【4話】1人でアフリカに行ったら、タクシーで男2人に乗り込まれて、丸一日観光案内。最後は君と夜を過ごしたいと言われた女子大生の話①。

▲他2件のストーリー
【4話】1人でアフリカに行ったら、タクシーで男2人に乗り込まれて、丸一日観光案内。最後は君と夜を過ごしたいと言われた女子大生の話①。
▼他7件のストーリー
このエントリーをはてなブックマークに追加
15

今夜は君の部屋に泊まらせてもらうよ。だってあの日本人女性も泊まらせてくれたのだから。


母の語りは少しお休みし、自分のことを語りたい。


私は一人で海外旅行に行くのが好き。

初めて一人旅をしたのが、なんとアフリカだった。

そこで遭った出来事を語りたい。


アフリカの中でコーヒーが有名な国で、マザーテレサが第2の故郷とした国を選んだ。

(この写真は、そのときのではなく、シンガポールです。見つからず、ごめんなさい。)


そこに行ってボランティアをしたいと考えていた私は、当時大学4年生。

ひとりで旅行をするのだし、せっかくまだ若いからとアフリカに行くことを決意した。


行く前にたくさんの予防接種をし、

マラリア対策で蚊取り線香をバックパックに収める。

おばかな私はライターをかばんにいれてしまう

初一人旅ということもあり、おばかな私はライターをかばんにいれてしまう

(空港ですぐに没収されてしまった(笑))

なにより、生きて帰れるのかと心配し、いろんな人に死んだらよろしくと言っていた(笑)


なにより驚いたのが、アフリカの空港に降り立ったとき。

みんな黒人さんだったこと。

そりゃそうなんだけど、やっぱり迫力がすごい。


あまりにびびった私は、一旦、トイレに逃げ込んだ。

そして大量の両替をしたことを後悔しつつ、様々な場所にお金を隠した。


アフリカでは2週間過ごしたが、ほとんどがボランティアをして過ごした。

ボランティア先はマザーテレサの家。

マザーテレサの家はインドだと毎日のようにボランティアがいるので、

受け入れ体制が整っているのだけれども、アフリカは違った。


まず、場所がわからない・・・。

とりあえず、地図に書いてある場所へ行くが、

確かにマザーテレサと書いてあるけれども、あまりに小さい。

どうにかならないかと思い、その目の前に止まっていたトラックにいる

シスターらしき人に声を掛けた。


ボランティアしたいんだけど!
・・・うーん。とりあえず乗ってけ!

トラックの荷台。アフリカについて、まずトラックに乗るとは。

このとき私はすでにふらふら。

というのも、ここに着く前にホテルを探し回ったのだが、歩きに歩き、

暑さと荷物の重さですっかりやられていた。

たまたまだったのか、時代だったのか、警察官に聞くと全く違う方向を教えられ、

地元民に聞くと大体あってる場所を教えてくれた。

警察は信用ならんと思ってしまう、若造。


そんな若造がトラックでマザーテレサの家に着いた。


私は、扉をたたいた。

ボランティアをさせてください!
・・・何?事前に連絡はした?
一応、手紙を書いて送りました。
届いていないわよ。あなたジャーナリスト?
違います。(ヘッドホンを首に掛けてるからそんな風に見えるのかな?)
じゃあ、本当にボランティアをしたいんだったら、明日の朝にここにまた来なさい。
わかりました。

と、この会話で終わり、門は閉められた。

あれ、もしやアフリカに来て、

マザーテレサの家に来たかったのに、
かなわないまま2週間過ごす感じになっちゃう?


呆然とする私。慰めてくれる守衛さん。


とりあえず、明日来よう。

1日の疲れがドッと出たので、まだ昼間だったけどホテルで爆睡をした。


その次の日の朝に行ってみたところ(今度は迷わなかった!)、

普通に通され、普通に案内され、普通にボランティアができました。


あれ、なんだったんだろう、あの問答は?


ただ、あのことがあったから今の自分の粘り強さがあるのではないかと

思うような気がする気もする。


その後1週間ボランティアをし、国内を回ることにしたのだが、

そこでもいろいろと遭った。

いろいろありすぎた。

続きは、また次回書いていきたい。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

新しい とびら

亡き母のために、世界一周中に海へ散骨するのが、今の目標。

新しい とびらさんが次に書こうと思っていること

|

旅行・海外生活のタグがついたストーリー

第163章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪【人/ヒト】で「大切」なことは全て『東方神起』から学べる??

耳が聞こえない田舎出身の女の子が大手企業の技術職を捨て、裏バイトを経て起業し、子連れ旅ブロガーになるまで~1:高校時代まで~

登山の万が一に備えておく事

【1話/今の佐藤さん】母親の凶報から人生を見つめ直し、日本版マイケル・ジョーダンを発掘する男、佐藤さん。

私の骨。

東日本大震災から6年。3度の津波に耐え、そびえ立つ「ポプラの木」を知っていますか?

春は日帰り登山を楽しみませんか?

第4話 南米で救われた私の命【小児科ナースが天国に行った子ども達と地球2周半、涙の奥に見えたとんでもなく輝く世界*(人生観が変わるお話)】

第3話 天国からの切符【小児科ナースが天国に行った子ども達と地球2周半、暗闇の奥に見えたとんでもなく輝く世界(人生観が変わるお話)*】

私が先生になり、退職し、 そして復帰の道の途中にいる理由 1

ダーリンは変わり者 ~いざ高級キノコのなる洞窟へ~

各国のバレンタイン事情【今年の戦利品】

1000日間世界100ヶ国の夢を捨て、ニューヨークで勝負を賭ける

トラブル続きの海外スタート

ニューヨーク滞在1年半の予定がまさかの半年で強制帰国

新しい とびら

亡き母のために、世界一周中に海へ散骨するのが、今の目標。

新しい とびら

亡き母のために、世界一周中に海へ散骨するのが、今の目標。

新しい とびらさんの他のストーリー

  • 【4話】1人でアフリカに行ったら、タクシーで男2人に乗り込まれて、丸一日観光案内。最後は君と夜を過ごしたいと言われた女子大生の話①。

  • 新しい とびらさんの読んでよかったストーリー

  • 【3話】「ピザください。トッピングは無しで。」ピザ屋が運ぶと驚愕の事実が。