35年間いつも側にいてくれた人と別れたいと思った理由【7】普通コンプレックスからの卒業

このエントリーをはてなブックマークに追加
13

あとどれだけ続くのか、先が見えない介護生活から 、ある日突然解放された 。


そして、ヒロと私と娘、3人だけの生活が訪れた。


義父母の 介護をしていた時は、たまに親子3人で外出しても、

「たまには、お外で食べて帰りたい。」と訴える娘を

「じぃじとばぁばが待ってるから、お家で皆で、食べようね。」

と、なだめて帰っていたのだが、そんな事も、しなくてよくなった。


ヒロは短期間に、立て続けに両親を失った為、私は燃え尽き症候群に陥った為、 二人ともなんとなく、無気力に過ごす日々が続いた 。


それでも1年、2年と、時は流れ、娘は中学生になった。


私たちはようやく、親子3人だけの生活に、慣れてきていた。


 そんなある日の出来事


2014年10月2日の夜から、自宅3Fの水道が、使えなくなってしまった。


最初は、水道料金の滞納のせいで、止められてしまったのかと思って、水道局に足を運んだのだが、

「先月分はお支払い済ですし、こちらでは、止めてませんよ。」

と、言われ、三階以上の住居なら、タンクからの汲み上げ式だろうから、そっちの問題ではないかと、指摘された。


家に帰って早速、 ヒロに伝えると 、「この家を建ててから、かれこれ25年くらい、ずっと使っているから、きっと交換しないとダメなんだな。」

ということだった。


それなら、さっさと修理の手はずをして、早く直して欲しかった。


ところがヒロは、修理を見積もってもらうどころか、

「何か他の方法で乗り切ろう。」

と言い出した。


私は仕方なく、2階の部屋の水を、3階に汲み上げて、家事をするようになった。


本来なら、2階で生活をすれば済む話なのだが、恩ある人の荷物を、破格の値段で置かせてあげて(いわゆるトランクルームのように)使われていたので、寝泊まりは出来なかった。


なので、トイレとお風呂は、それぞれ下へ降りて、それ以外、要は、主婦が必要とする、炊事用の水は、いちいちペットボトルなどで、汲み上げないといけなかった。


レバーを上下すれば、水が出る生活に、慣れきってしまっている私たちにとって、今更、水道が使えないということは、とてつもなく大きなストレスだった。


私と娘は、何度もヒロに

「タンクを直してほしい。」

と訴えたのだが、

「直したくなくて、直さないわけじゃない。お金がない。」

の一点張りで、私と娘は、ずっと不自由を感じていた。


ある時、私は、

「自分で都合して、20万円用意するから、修理してほしい。」と頼んだのだが、ヒロは、

「そんなお金があるのなら、いざという時のために、取っておいてほしい。水は今のままで、生活できている。」

というのだった。


さすがに、私は納得いかなくて、

「どうして、この水がない生活に、疲れきっている、私や娘の気持ちがわからないの‼」

と詰め寄ったら、逆に

「なんで、そんなに、水道から水が出ることが大切なのか?俺には意味が分かんない‼」

と言われた。


そんなヒロが、私にはわからなくなった。


そして、そのことが、私にとっては、最終的な引き金となり、別居を申し出た。


本当は、離婚してしまいたかった。


でも、父親のことを大好きな娘が、どうしても嫌だと言うので、

「とりあえず、別居させて下さい。」

と言い切り、2016年4月。

娘の高校進学と同時に、ヒロのもとを離れた。


私は心に決めてから、10年かけて、やっと、父親の元から、親離れした娘のようだった。


最初は、ありのままの自分を受け入れて、守ってくれる、頼もしいパートナーだった。


でもだんだん、恋人というよりは、父と娘のように、逆らえない関係になってしまい、守られると同時に、新たな世界に飛び立つ、そんなチャンスも、奪われていたのだと思う 。

実際、自分に、そんな自信も、行動力も、なかったのだが…。


それでも、15歳の少女だった私は、25年かけて大人の女性に成長し、そして、器の小さな自分を、それ以上のものに見せようと、あるいは親(ヒロ)の期待に応えようと、自分を偽って、頑張りすぎて、とうとう一度壊れてしまった。(鬱になった)


そして、そこから、自分の本音に気づき、再生して、ヒロの元を飛び立つ覚悟を決めた。

さらに10年かけて、やっと行動することができたのだった。


ヒロのことを、嫌いになったわけじゃない。

ましてや、憎んでなどいない。

だが、世の中には『好き』だけでは、どうにもならないことが、たくさんある。


今回の、私の直接的な行動『別居』の理由が、【水道の水が出ないこと】というのは、ヒロには、理解ができないらしい 。


もちろん、そのことだけが理由ではないけれど、水道が使えないことで、どれだけ私に、精神的にかつ身体的に、負担があったのか、その訴えが伝わらない。という時点で、この大きな価値観の差は埋め難く、

『この先、一緒に生活はできない』と、私は感じてしまったのだ。


それでも、1年半、我慢した。


友人には

「まだそんな生活していたの⁉」

「いざという時ってなに!?

 それより今、こんな生活を続けている事の方が問題でしょ!!」

「もう、充分頑張ったよ!」

と言われた 。


私も、それが世間の【普通】だと思いたい。


こうして、やっと、私は、ヒロの【普通】から卒業したのだった。


ヒロと別居してから、もうじき1年になる。


娘は、平日は私の元から通学し、休みの日には、父親のもとに、泊まりに行ったりしている。


私と娘が家を出てから、ヒロは、自分では料理もしないからと、三階は、ガスも止めて、電気だけで生活しているらしい。ある意味あっぱれだ。


両親が残していった借金と、自らがパチンコ依存症で、作ってしまった借金があるので、私には、経済的な援助をしてくれないのだが、娘の事は、可愛くて、心配で仕方ないらしく、バイトがある日は、必ず迎えに行って、家まで送り届けてくれているらしい。


35年前、毎日、私を寮まで、送り届けてくれていた事を思い出す。


ヒロの想いは、あの頃と、なんら、変わりないのかもしれない。


ただ、愛情を注ぐ相手が、私から娘に変わっただけだ。


そう、私が変わっただけ…。


寂しくはない。


後悔もしたくない。


これで良かったと、思いたい。


【普通】になりたくて、一人の男性(ヒロ)の【普通】に縛られて、やっと、その【普通】の呪縛から、卒業した。


【普通】じゃない私の、【普通】コンプレックスの話。


最後まで、読んで下さった方。

ありがとうございました。


読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

Inoue Yokoさんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

アメリカ企業から中国に派遣された日本人が地獄を見て学んだこと(2)

アメリカ企業から中国に派遣された日本人が地獄を見て学んだこと(1)

32歳で「ものかき」として生きていくと決めた。会社を辞め、東京を離れ、33歳になった僕は今、こんな風に生きています。

初めての海外旅行13

《5話》最愛の母を亡くすまでの最期の時間 〜1歳児の子育てをしながらがんセンターに通った日々〜

自分らしくを大切にする人生 その13 ~カミングアウトの決裂から10年以上、ある朝母がLGBTを兄に語り始める~

自分らしくを大切にする人生 その8 ~ガラクタ整理で人生が好転。体調を崩し、JICAを辞め、将来の展望が持てない不安な時期から、一転、ガラクタ整理師となり、本を3冊出版することに。~

学年ビリ、偏差値30台の落ちこぼれが、大学を辞め、世界の名門ロンドン大学に留学、そして商社マンになる話

精神障害の母とアル中の父から教えられた「実にシンプルな生きることの意味とは?」後編

母が肺がんになり、そして死ぬまでの1年間 最終話

母が肺がんになり、そして死ぬまでの1年間 第三話

母が肺がんになり、そして死ぬまでの一年間 第二回

母が肺がんになり、そして死ぬまでの1年間

『1級身体障害者』が『自殺』をする為に全国を旅した話

不動産投資をやると決めた(5)とにかくやってみて分かったこと

Inoueさんの他のストーリー

  • 35年間いつも側にいてくれた人と別れたいと思った理由【3】おバカ夫婦時代

  • Inoueさんの読んでよかったストーリー

  • [ビリギャル]学年でビリだったギャルが、1年で偏差値を40あげて日本でトップの私立大学、慶應大学に現役で合格した話