悪運が強い〜小学2年生の時に誘拐犯に狙われた〜

このエントリーをはてなブックマークに追加
5

小学2年の時に友達と夕方まで公園で遊んでいた時に、夕暮れがかってきた頃、辺りを見渡すと、友達と私しか居なくて、みんな帰り出して居た。

突如、知らない中年のおじさんが近づいてきた…

あの大きな木の所に実がなってるよ、ほら!おじさんが抱っこしてあげるから取ってごらん…抱き抱えられて、ゾワっとした。

直感から、危険を察知にして動悸がしてきた、逃げないと…

どうにか逃げ道を探してる最中、おじさんが尿意を催し木陰で立ちションをした、その隙に咄嗟に猛ダッシュで逃げた。

あれだけ全力で前しか見ず怖くて後ろを振り向く事も出来ずに走ったのは初めてだったと思う。

緑のフェンスが見えた、行き止まりだ、どうする?

頭の中でグルグル、心はドキドキ心拍数が上がる。

その時、目の前にフェンスが破れている、何とか通り抜ける事が出来そうな穴を見つけた。

小さな私は何とか傷を作りながらも通り抜ける事に成功した。

後ろから駆け寄ってきた、おじさんが、通り抜けた直後に追いついてきた。

さっきまでニコニコしてたのに、一瞬チッと舌打ちしたように見えた。その顔は怖かった。

また、先ほどまでの笑顔を浮かべて、戻っておいでよ!

おじさん、あそこに車停めてあるから、お菓子買いに行こう…

怖くて怖くてたまらなかった。

震えが止まらないけれど、脳裏で走れ!って聞こえた気がする。

足に力が入らない転びそうな足取りで何とか50メートル先ほどに女子中学生2人が見えた。

その内、1人は近所のお姉さんだった。

助けて!知らないおじさんが追いかけてくる。って話したら、女子中学生2人は私を連れて走り出して、先生に報告すると通報してくれて助かった。

通報して警察が到着するのが早かったので、事情聴取をされて、特徴はネズミ色の作業着を着たおじさんですと答えた。

翌日、その、おじさんが捕まったらしい。

今思い出しても、ゾォっとする話である。


読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

Full Yukaさんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

フレッシャーズ最初の関門「飛び込み名刺交換」の思い出⑥(ラスト)

4度目の受験に失敗した男が、脇道を猛進して彫刻家になり、20年後に悟ったこと。”人生はこれで〇〇〇〇。”

38歳中卒の女が一部上場企業にまで務めあげ不動産会社を開業決意するまでの話。

母を憎み子供の頃から自殺未遂を繰り返す鬱病の私が赦しの機会を得、一生モノと思った鬱病を克服。母を愛し尊敬できるようになるまでの話

フツーの女子大生だった私の転落の始まりと波乱に満ちた半生の記録〜プロローグ〜(第1話)

「お腹の子は、無脳児でした。」最終話 ~妊娠498日の約束~

大切な人を大切にする唯一の法則

俺が財閥の家庭教師だったときの話(終)

バカ女子高生だった私が、東大に受かった次の日、「バカだと思ってた」と言われた話。

17年前に語られていた楽天の成長プランと競争戦略。三木谷会長インタビュー。(その2)

”たった2つの感情”で引きこもりのキモオタ童貞が、日本でトップの難関大学、東京大学に合格。さらにカワイイ彼女まで作ることができた話

霊視で前世は〇〇な人と言われ、ネットで探してみたら実在しててギョっとした話

離婚前に駆け落ちしちゃった☆テヘペロ 完結編

医者になれなきゃ死んだ方が良いと本気で思っていた高校時代のお話

ゴミとして処分されかけた我が家の愛犬

Fullさんの他のストーリー

  • 毒母に育てられて3