自分が自分を信じることは何よりも大事な話~最終話ーモラハラからの卒業

このエントリーをはてなブックマークに追加
7

※この話は2016年10月に書いた話です。


モラハラ編、長編ですが、今日は一気にラストまで行きます。



さて、ワンチャイでわたしは、一番自分を苦しめていた、「ダメな自分を切り離して葬りさろうとしていた」ことに気付いて、それをやめたことでものすごく楽になりました。



そしてモラハラの主とも、これからもっといい関係性が築けて、ビジネスもうまく行くようになると思っていたのですが、、、



一向にうまく行かない



その時は悩みましたが、今は理由が分かります。なぜうまく行かなかったのか?もちろん意識の根底に、自分を信じていないとか、否定していたということもあります。



でも、一番の原因は、わたしがそのビジネスを本当にはやりたいと思っていなかったことです。



その時には気づいていませんでしたが、わたしにとってその人との関係がコンフォートゾーンになっていて、そこにいたいからという理由で、一緒にビジネスをしていた面がありました。



本当に、こんなことにも気付けなかったくらい、あの時のわたしは思考停止していました。自分を大事にせず、心の叫びに耳を塞いでいると、あまりの苦しさにこんな風に思考停止して心を守るしかなくなります。自己防衛反応が発動しちゃうんです。



そこまでなるほど、自分を大事にしてなかったなあ~~~。ごめん!といまは本当に思います。



でもそんな時に、さらに次の転機が訪れました。わたしが自分の心の超巨大う●こに気付いた翌月

5月のことです。



5月、わたしはある方々と出会いました。



日本古来の古神道や武術を伝える家柄の方々で、ビジネスも人生もしっかり開花させるためには、

生まれる前に決めて来た「天命」を生きることが大事。そして自分の天命と、その為に必要な技を、

教えていただくことになりました。



結果的に、わたしはこれがきっかけになり、3か月で本当に人生を大きく変えることができました。



5月終わり頃に、その方々に自分の天命や、体の状態を観ていただいたのですが、その時に今とても体の状態が弱っていると分かりました。まあ色々と無理や我慢を重ねて自分を痛めつけていたので、当然の結果というか。。



なので、わたしはモラハラの主に、ビジネスをお休みして、まずは体を治す方に集中することを伝え、分かりました、ということになったんですね。



そして6月から転売の方に力を入れ始めたのですが、もう本当にその時は心が軽くなって、解放感でいっぱいで、転売に集中できるのが楽しくて、売り上げも一気にその前の月の4倍くらいに。



でも、心のどこかでは自分がやるべきことをしないで、転売に逃げているみたいな罪悪感があって、

もやもやしていました。



そんなとき、6月の半ばでした。モラハラの方から、わたしはある日なんの前触れも連絡もなく、突然フェイスブックの友達を削除され、ビジネス用の連絡で使っていたチャットワークのグループからも削除され、何も情報が取れない状態になりました。



いや、休むとは言ったけど、、何の連絡もなくこれはひどい!とさすがに思いました。



でももっと辛かったのは、精神的にわたしの絶対的な判断基準として、わたしはその方に依存していた面があったので、これからどうしたらいいんだろう、、、という絶望の気持ちに苦しみました。



せっかく、自分が自分に置いて行かれることが一番怖いわけで、誰か他の人に置いて行かれることじゃ

ないって分かったのに、実際にそうなるとやっぱりこんなにショックで苦しいんだ、、と思いましたが、それを過ぎると、これまで出来なかった心の底からの覚悟が決まりました。



これまでは、自分が判断したことが間違っていて、そのせいで失敗したり何かを失うことがものすごく怖かったんですね。



だから自分を信じて行動することが出来なくなっていました。でもモラハラの方と出会う少し前のときまでは、わたしは自分を信じて行動することが出来ていたんです。



それが、もともと自分を信じきれないところがあったので、モラルハラスメンターとの20年の関わりの中で、だんだんと判断基準をその人に移していってしまいました。



でももうそれが出来ないとなった時に、わたしは覚悟が決まり、



「自分が選んだことならそれが間違いでも失敗でも、わたしは自分を信じて付いていく!」


「最後まで一緒にいるのは、自分なんだから」


「自分が自分を信じきることが、何よりも一番大事なんだ」

と、思えるようになったんです。



そう思えたら、やはり決断を先延ばしにしている状態が気になり、もう一度モラハラメンターとのビジネスをやるべきか考えました。


その時はまだ、そこにこだわるのはコンフォートゾーンにいたいから、だけだと気付いていなかったので、やることが自分の成長につながると思い、もう一回やります、と自分からモラハラメンターに連絡をしました。それが8月のお盆のことでした。



その時はその方も、今までになく優しい態度で、「これからはいい感じで関係が変わっていきそう

やっぱり最初に感じてた縁が切れる予感とか、単なる怖れから来る間違った感覚だったのかもねー」

と思ったのですが、なぜかそれからわたしの気持ちはどんどんと冷めて行ったのです。



たぶん他人に置いていた軸を自分に戻したことで、色んなことが冷静に見られるようになったから。



まず、その時やっていた、そのビジネスの将来性や本当に今すぐ稼げる案件なのか?というところに疑問が出てきました。



一番決定的に、わたしの立場では、今すぐ本気で取り組むビジネスじゃない、と思うに至ったのは、



他の分野で月に100万円以上稼ぐ力があったり、成功している実力のある方でも、そのビジネスでは

それと同じどころか全くそこまでの収入になっていないというところでした。



ということは、稼ぐのが非常に難しいビジネスだということです。



他にしっかりとした収入の柱があって、のんびりと長期戦で行けば可能性はなくはないかもしれません。でも、事業がそこまで存続してるかどうかは分かりません。



さらに転売と比べたときに、今使っている労力や時間の10倍かけても、転売で得られる収入の半分も

いかないと予測できたので、その時点で「今すぐ集中してやるのはナシかなあ。。。」と思い始めていました。

ビジネスの存続はしないかもしれないけど、まだ縁が切れることはないかなあと思っていた時期です。



しかし9月に入って、まるでダムが決壊したように、今までわたしが知らなかった、正しくは見たくないから無意識で見ないようにしていた、そのモラハラの主の裏の顔や言動を、ものすごくものすごくたくさん知ってしまいました。


本当に「えーーーーーーーーーー」の連続でした。



「やっぱり、今年の最初に感じた、あの縁が切れる感覚は間違ってなかった」そう思いました。



そして9/27。なんと朝にその方から連絡があったのです。

その時に、もうこれははっきりさせなさい、ってことなんだなと思い、ビジネスはやらないということと、自分の気持ち、これまでの感謝を伝えました。



すると、既読スルーでした(笑)。

その時、「この人と関わるとこれからもきっと、ずっと同じことの繰り返しなんだろうなあ」

「やっぱりもう完全に関わりを終わりにして、綺麗さっぱり新しい道を行こう!」と完全に思い切れました。



そして今まで見ないようにしていた部分もしっかり見つめたら、わたしは、まったくの無自覚でモラルハラスメントを受けていたんだなと分かったんです。



大きな意味では、わたしがわたしを無意識のなかで大事にしていなかったから、こういう事態を自分に引き寄せたと言えます。自分の現実を創るのはいつだって自分です。



そういう意味ではモラルハラスメントをする人も、配役としては存在意味があるんだろうなあ。

あっ、もちろん社会的には悪ですよ!やっちゃダメですし、ちゃんと責任を取るべきと思います。



でも、無自覚でこういったモラルハラスメンターとの関わりでひどく心を傷付けて辛い思いをしたり、

疲れ果てて生活に支障が出ている人もいっぱいいるなあー。。と見ていて思ったので、



まだ気付いていない人の気付くきっかけになればなと思って、今回ものすごく長編でしたが、

自分の体験をブログに書くことにしました。



わたしは今はとっても幸せです。自分の主導権を自分に取り戻したし、自分で自分を大事にすることもできるようになりました。



収入も、モラハラを受けて苦しんでいた時の5倍近くになりましたし、今後お仕事も発展して行きそうなので、これからがすごく楽しみです



今回ものすごーーく長かったこの一連のお話を、ここまで読んでくださって、ありがとうございました!


ちなみにここまでの話は2016年10月の時点の心境で書きました。その4か月後の2017年2月に20年以上の大きなシナリオが一つ完全終幕を迎えたので、そっちの話も良かった読んでくださいねっ!

フェイスブックもやってるので、もし私に興味を持ってくれたのなら、友達申請してください♡

※世界が違う、、と思ったら承認しないこともあります(笑)



読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

KANAKO HASHIMOTO

人生は思い込みの解除ゲーム

KANAKO HASHIMOTOさんが次に書こうと思っていること

|

KANAKO HASHIMOTO

人生は思い込みの解除ゲーム

KANAKO HASHIMOTO

人生は思い込みの解除ゲーム

KANAKOさんの他のストーリー

  • 20年の大きなシナリオが終幕を迎えた話~序章~自分を大事にしたら元夫と歩み寄れた

  • KANAKOさんの読んでよかったストーリー

  • 自分が自分を信じることは何よりも大事な話~最終話ーモラハラからの卒業