20年の大きなシナリオが終幕を迎えた話~今までありがとう。幸せになって下さい

このエントリーをはてなブックマークに追加
2

2017年2/3

最大級に一つの出来事が本当に完全に終わった、ということがありました。




前回書いたように、私は離婚した元夫と関係性が復活して、色々とやり取りをしていました。



元夫はインド占星術の研鑽をつんでいて、同時期に学んだ私より断然深く理解していて、相当細かく観れるようになっていたので、時期的な傾向とか教えて貰ったりしていたんですね。




私はそういう、ロジカルな法則みたいなのを細かく細かく観て、照らし合わせるみたいな、研究者的な作業が全然好きじゃなくw

逆に元夫は、研究者タイプというか、そういうのを突き詰めてずーーーっと一つのことを研究していられる人でした。




私が元夫と離婚したときは、自分を見失っていた時だったので、「あの時自分、とち狂ってたから、本来するべきじゃない判断をしてしまったのかなあ」と、自分を取り戻してから、離婚したことが良かったのか、ちょっと気になっていたんです。




なので、また復縁するというのもありなのかなあ、と考えたりしていたんですよね。



その頃、周りの友人に「そういうことを考えてるんだ~」と話したら、「それいいと思うよ!」と言ってもらえたりしたので、やっぱそうかもなあ、、と思ってたんです。




が、1/21か22の頃、自分の中で、

「やっぱりこれはあの時中途半端で完全に消化出来なかった

関係を清算するためのものなんだ」

「これから、また一緒に人生を歩むのとは違う」とはっきり分かったということがありました。



元夫の事がキライとか、憎んでいたりとか、そういうことは無かったし、色々心の内面のこととか、子供のこととかも話せるし、だったら別れてる理由ってなくない?と、やり取りが復活して最初の時は

離婚している状況が不思議だと思っていたのですが、



2か月くらいやり取りしたおかげで、ちゃんと自分を取り戻した今の状態で、色々と本当に分かることがありました。



元夫は、人としてはすごくいい人だし、優しいし、自分を犠牲にしてまで人を助けようとする人で(そこはまあ、自分を大事にしてないということで、自分を観た方がいいとこなんですが)



でも、あの頃の自分たちが、お互いに学ぶところがあったから一時期一緒にいた人なんだな。ということが、分かりました。そして、2年前に、関係が消化しきれないまま中途半端に終わっていたから、この短い間にその続きをする機会が生まれたんだと。



なので、ひとしきりやり取りしたあと、先月の終わりくらいにもうこの一時復活した関わりもそろそろ終わりだな。と思っていたその日に、

元夫からも、「そろそろ占星術で観たりするのも終わりかなと思う。」と言われ、やっぱりお互いに分かるものなんだなと思いました。



元夫からは「次のパートナーと出会いそうなのは〇月~〇月くらいかな。占星術で読むのはこれ位にするよ。あとは自力で頑張ってねw」と言われました。

ちょうどその時期は、自分でもなんとなくそうかもなと思っていた時期でした。



そして、節分の今日、元夫からメッセージが入っていて、こまごまとした話のあとに、


「これで一区切りついたと思う。今までありがとう。幸せになってください」


という一文が入っていて、それ見た瞬間、さすがの私も号泣しました。



なんというか寂しいとか悲しいとか、そういう類のじゃなく、ただ二人で演じたドラマが見事最後の幕を迎えたというか物語がクランクアップした、という感じで、



怒りも悲しみも、やり残したり、未消化になってる感情が何一つない状態で本当にスッキリと綺麗に

終わった。そして舞台を降りて、一緒にドラマを作ってくれたお相手の役者さんと花束を交換し合って、


「本当にありがとう!!」


と言って無事に終われたことへの感謝を捧げあってるという風に感じました。



そして、やっと私も元夫も、これからまた新しいステージに行けるし、本当に今度は魂の伴侶と言える人と結ばれるだろうと思いました。



私の周りには、サイキックな方が多く、何人もの方からそうなるだろうとは言われてるし、私もそう思いますが(笑)、これから超楽しみです♡



また別記事で書くかもしれませんが、ちょっと前、身体と心がズレちゃって不調だったときに、

「ああ、もう本当に自分が心から望まないことは私はもう二度とやれないな」と思ったんですよね。



そして私は、自分の人生を自分がすべて創っていく、という事を、本当にやっていきたいんだ、と思いました。



それには、こうすべき、ああすべき、こういうもの、という、これまで自分が自分に刻み込んできた

色々な制限をどんどん解除して行って、自分がこうしたい、ああしたい!と思うものに従って、動いていくことだな。と思っています。



そうしたら、たぶん遠からずパートナーとも出会えるだろう。と思います。



それにしても、こんなに深く関わって、一緒に生きてくれた元夫には、心からのありがとうを伝えたい。



あの頃の私は、自己否定真っ最中で、私は誰にも助けて貰えない存在だと根底で思っていて、ちゃんと愛を受け取っていなかったけど、今やっと受け取れたと思います。



ありがとう。



読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

橋本 華菜子

人生は思い込みの解除ゲーム

橋本 華菜子さんが次に書こうと思っていること

|

離婚のタグがついたストーリー

橋本 華菜子

人生は思い込みの解除ゲーム

橋本 華菜子

人生は思い込みの解除ゲーム

橋本 華菜子さんの他のストーリー

  • 20年の大きなシナリオが終幕を迎えた話~序章~自分を大事にしたら元夫と歩み寄れた

  • 橋本 華菜子さんの読んでよかったストーリー

  • 僕は車椅子に乗っている。ただ、それだけのこと。~幸せになるための〇〇~