27歳で初めて正社員になったきっかけ

このエントリーをはてなブックマークに追加
27歳の冬。僕は焦っていた。この先どうなるんだろう、と。

職場ではそれなりに存在感を放ってはいたが、言っても「バイト」である。しかも携わっていた業務がまもなく東京本社ではなく、大阪支店で行う事になっていた。それまで携わっていた仕事以外の業務を行うのか、それとも辞めるのか・・・。悩んだ末、僕は、ある行動に出た。

社内で恐れられていた専務に直談判をすることにした。要求は3つ。

・社員にしろ。
・大阪支店でこれまでの業務を引き続き行ってもいい
・大阪に行く場合は引越し代を出せ

今考えると無茶苦茶。特に最後のは酷い。しかし、恐ろしい専務にこんな事を言った行動力は評価できるかもしれない。

結局、「契約社員なら有り」しかし、「大阪に異動というのは無し」という結論。まぁそうですよね・・・。


直談判を終え、帰路につきながら将来を考えてみた。この先、どうなっていくんだろう、僕・・・。いつまでもバイトってわけにもいかない。正社員になりたい・・・。


そんな時に地元の友達からメールが入った。

「ITの会社作ったんですよ。デザイナー欲しいから来てください。」
「いや、もう僕はインターネット業界には戻らないことに決めたので」


26歳の夏まで、僕はとあるインターネット関連の会社にいた。でも会社は上手くいってなく、給料も安く、正社員でもバイトでもなく、よくわかんない感じだった。僕の力も未熟で・・・もうインターネット業界からは離れようと決心した。その会社をやめて、昔の伝手でバイト先に潜り込んでいた。インターネット業界から離れて1年数ヶ月が経っていた。戻る気はなかった。


しかし、毎日のようにその人からメールが着た。
「もうパソコン用意しちゃいました。」
「今日はデスクが届きましたよー」

本人の中では僕がその会社に加わる事が既に既成事実になっていたんだろう。


次第に僕の中でも友人が作ったというその会社に興味が出てきた。

「今度仕事帰りに行ってみようかな」
と、その人にメールしてみた。



で、結局その会社に加わることになった。
初めて「正社員」になった。
(その2ヶ月半後に取締役になった)



読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

大柴 貴紀

人見知りです。 http://takanori.blog.shinobi.jp/ http://takanoridayo.blog.shinobi.jp/ http://shiraberuo.com/

|

人生が変わったキッカケのタグがついたストーリー

第163章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪【人/ヒト】で「大切」なことは全て『東方神起』から学べる??

これから仮面浪人を考えている方へ(突貫版)

聞こえないブロガーが50円ブログを起業しました。

第162章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪【人/ヒト】で「大切」なことは全て『東方神起』から学べる??

15年間以上悩んだ自律神経失調症を1日で克服させてくれた父からの大切なプレゼント

 ~ホームシック。~

5人の大学生がシェアリングエコノミー(共有経済)について株式論文を執筆し、敢闘賞を受賞した話。

【1話/今の佐藤さん】母親の凶報から人生を見つめ直し、日本版マイケル・ジョーダンを発掘する男、佐藤さん。

姉として妹の夢を叶えたかっただけなのに、給食のおばちゃんからローチョコレート職人へ昇華した妹の話<5章>

第161章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪ウンザリするような状況の中に今いても流れを変える方法ってあるの?

落ちこぼれからの就活逆転術(一か八かで取った戦略はまちがっていなかった) ~キッカケ編~

東日本大震災から6年。3度の津波に耐え、そびえ立つ「ポプラの木」を知っていますか?

春は日帰り登山を楽しみませんか?

第4話 南米で救われた私の命【小児科ナースが天国に行った子ども達と地球2周半、涙の奥に見えたとんでもなく輝く世界*(人生観が変わるお話)】

過ごしやすい季節は登山をしてみませんか

大柴 貴紀

人見知りです。 http://takanori.blog.shinobi.jp/ http://takanoridayo.blog.shinobi.jp/ http://shiraberuo.com/

大柴 貴紀

人見知りです。 http://takanori.blog.shinobi.jp/ http://takanoridayo.blog.shinobi.jp/ http://shiraberuo.com/

大柴 貴紀さんの他のストーリー

  • インターネットのことを調べはじめたきっかけ【リクエスト案件】

  • 大柴 貴紀さんの読んでよかったストーリー

  • 僕が外国人に間違えられたエピソード7つ