いつものごはんは母の味 2

このエントリーをはてなブックマークに追加
5


池袋で落ち合って、まず浅草に向かった。


この頃私は、どこのおみくじを引いても大吉しか出なくて、浅草寺の結果も大吉だった。


何をやってもうまくいくが、自分におごることなく努力せよ。


未来に期待はしてます。ただし、神様、乗り越えられる試練だけください。


それから河童橋に向かった。

私も母さんもウキウキだった。

夢の場所。某テーマパーク並み。

私の買うものは決まっていた。


雪平鍋、鉄のフライパン、三徳包丁


調理における3種の神器。


何事も形から入るタイプの二人なので、下手なものを買いたくなかった。

買うなら一生ものを。



「父さんからお金預かってるから。ここはお金出してあげる。大事に使いなさい。」


「ありがたく頂戴いたします。大事に使います。」


三種の神器が揃ったので、ここで母さんとはお別れ。


本当の意味での1人暮らしが始まる。


残念ながら、全く感動のシーンはなかった。

あっけらかんと


「じゃあね」

「バイバイ。気をつけてね」


普通の家族って今生の別れでもない限りこんなもんだと思う。


1人暮らしの家までの帰りにご飯炊き用の土鍋を買って帰路に着いた。


自分でご飯作ろう。

道具も揃って準備万端。



…この時まではウキウキした気分だった。

この時までは。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

Matsue Yumiさんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

私が上場企業の役員の地位を捨て、海外移住に踏み切った理由(3)危機感1 英語ができないとヤバい

耳が聞こえない田舎出身の女の子が大手企業の技術職を捨て、裏バイトを経て起業し、子連れ旅ブロガーになるまで~10:病気発見?!

僕の趣味は写真です

立ち直った26歳①

逆境の中でも夢を諦めたくない女性へ

4月の2話 友達に見せた涙

4月の1話 フランス語に熱中!

フツーの女子大生だった私の転落の始まりと波乱に満ちた半生の記録 第30話

レイプから8年間、女を辞めずに生きてみて思うこと。(破)【女として悲しい時期もあったの】

★10★シングルマザーが子供二人を連れてイギリスに母子留学。心の洗濯をして帰国したら、グローバル企業の正社員への道が待っていた話。【リンゴと歯の妖精、そしてテムズ川】

★2★シングルマザーが子供二人を連れてイギリスに母子留学。 心の洗濯して帰国したら、グローバル企業正社員への道が待っていた話。【ビザ!ビザ!ビザ!】

★1★シングルマザーが子供二人を連れてイギリスに母子留学。 心の洗濯して帰国したら、グローバル企業正社員への道が待っていた話。【子連れ渡英のきっかけ(離婚のハナシ)】

普通のサラリーマンだった僕が10km以上走ったことないのに1週間分の自給自足の荷物を全て背負って灼熱のサハラ砂漠で250kmを走って横断することになった理由

ハイスクール・ドロップアウト・トラベリング 高校さぼって旅にでた。

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

Matsueさんの他のストーリー

  • いつものごはんは母の味 1

  • Matsueさんの読んでよかったストーリー

  • 月収12万円だったしょぼい起業家が、新しいビジネスを立ち上げて3ヶ月で収入を30倍にした話