めんへらおとこ その9

このエントリーをはてなブックマークに追加
1

家の選択では失敗したが、通勤環境は素晴らしかった。 

自宅からます最寄りのバス停まで緑の多い住宅地を歩いて5分。そこからニュートラル・ベイというフェリー乗り場まで5分ほど。そこから公設のステート・フェリーに乗船して、オペラハウスを眼前に見ながらサーキュラ・キーまで10分ほどの船旅である。 
サーキュラ・キーはステート・フェリー乗り場だけでなく世界各国から来る国際船舶のターミナルも併せ持つ埠頭である。豪華客船「クイーン・エリザベス」が数日間サーキュラー・キーに停泊していたことがあったが、まるで海に浮かぶ10階建てのマンションのような威容であった。日本の豪華客船「飛鳥」が停泊したときは閲覧式に参加して内部を見せてもらったが、印象としては船というよりは娯楽施設の完備したリゾート・マンションといった感じであった。 
サーキュラー・キーはオペラハウスやロックスといった国際的な観光名所にも近いため、週末は地元の人のみならず世界中から集まる観光客で大変混雑する。埠頭の至る所で大道芸人や音楽家の卵たちが芸を演じたり、音楽を奏でている。アジア系の貧乏音楽家風情が多く、大抵は眉唾ものと思われたが、時々思わず聞き惚れてしまうような弦の名手も混じっていた。そのような名手には必ず大勢の人だかりが出来て、皆黙って曲を聴いているのだった。そして曲が弾き終わると、音楽家の前に置いてある空の楽器入れに小銭を投げ入れて散っていくのであった。 
余談であるが、国際オリンピック委員会が2002年のオリンピック開催の地をシドニーに決定した瞬間(たしか朝4時位だったと記憶しているが)、シドニーっ子が大喜びし、お祭り騒ぎになったのもここサーキュラー・キーである。 私は眠くて行かなかったが、日本人の同僚は、このお祭り騒ぎの渦中に身を置いた。                              
さて通勤の話に戻す。サーキュラ・キーからは歩いて10分ほどで事務所の入居しているビルに着く。トーキョーで生活しているときは、「オペラハウスを目の前に見ながら、毎日フェリー通勤」なんて生活は想像もできなかった。 
読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

Tadao Kawashima

inbound tourism→social welfare walking/writing/cafe/music/ boat watching/kichijoji/toda

Tadao Kawashimaさんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

私が上場企業の役員の地位を捨て、海外移住に踏み切った理由(3)危機感1 英語ができないとヤバい

耳が聞こえない田舎出身の女の子が大手企業の技術職を捨て、裏バイトを経て起業し、子連れ旅ブロガーになるまで~10:病気発見?!

僕の趣味は写真です

立ち直った26歳①

逆境の中でも夢を諦めたくない女性へ

4月の2話 友達に見せた涙

4月の1話 フランス語に熱中!

フツーの女子大生だった私の転落の始まりと波乱に満ちた半生の記録 第30話

レイプから8年間、女を辞めずに生きてみて思うこと。(破)【女として悲しい時期もあったの】

★10★シングルマザーが子供二人を連れてイギリスに母子留学。心の洗濯をして帰国したら、グローバル企業の正社員への道が待っていた話。【リンゴと歯の妖精、そしてテムズ川】

★2★シングルマザーが子供二人を連れてイギリスに母子留学。 心の洗濯して帰国したら、グローバル企業正社員への道が待っていた話。【ビザ!ビザ!ビザ!】

★1★シングルマザーが子供二人を連れてイギリスに母子留学。 心の洗濯して帰国したら、グローバル企業正社員への道が待っていた話。【子連れ渡英のきっかけ(離婚のハナシ)】

普通のサラリーマンだった僕が10km以上走ったことないのに1週間分の自給自足の荷物を全て背負って灼熱のサハラ砂漠で250kmを走って横断することになった理由

ハイスクール・ドロップアウト・トラベリング 高校さぼって旅にでた。

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

Tadao Kawashima

inbound tourism→social welfare walking/writing/cafe/music/ boat watching/kichijoji/toda

Tadao Kawashima

inbound tourism→social welfare walking/writing/cafe/music/ boat watching/kichijoji/toda

Tadaoさんの他のストーリー

  • めんへらおとこ その10

  • Tadaoさんの読んでよかったストーリー

  • あなたの人生は誰のもの?(1)毒親というジョーカーを引いて生まれた少女が1万キロ離れても追いかけてくる「負の連鎖」を断ち切った逃亡劇