もっと世界を見たい。


海外経験で痛烈に感じたのは「日本人はいけてるんだ」ということ、と同時になんでこんなに自信がないのか、ということだった。振り返ればニューヨークに来たばかりの自分もそうだった。日本語より英語の方がかっこいい気がしていたし、日本人であることに自信もそれほどなかったと思う。アジア人といるより白人とつるむ方がかっこいいとどこかで感じていた自分も確かにいた。今の自分とは全く別人だ。自分がかつてそうだったように、日本人はもっと誇りと自信を取り戻さないといけない。


と同時にまだ自分は日本とニューヨークしか知らない。もっと世界を知る必要がある。そう思って立てた一つの目標。


それが


2014年1月1日発、1000日間100カ国の旅


まずこの実現に向け貯金を始める。かかるコストも徹底的に調べる。ルートも南米からスタートして中米、ヨーロッパ、アフリカとばっちり決める。


順調に計画は進み、あとはもう少しお金を貯めてその日に備えるのみ。そんなとこまでたどり着いた2013年の秋に事件が起きる。


「犬の乱」


である。


実は2013年からニューヨークで同棲していた彼女と子犬を一匹飼い始めた。シーズーとトイプードルのミックス犬でこいつがなかなか可愛い。セントラルパークやハドソンパークへよく散歩に行き、仕事の合間に家に帰ってはご飯をあげ散歩に連れて行った。 子犬は大変だ。マジで手がかかる。何より、犬を飼ったことがある人ならわかると思うが、留守番させる時のあの寂しそうな目。その目のおかげで幾度会社に戻れなかったことか。


その犬が彼女と2013年9月に日本へ帰国することが決まっていた。日本へ連れて帰るにはかなり厳しい審査が必要で、ペットドクターのアメリカ人もよくわかってなかった。その結果、9月に帰ろうとしたところ、一つ注射を打ち忘れてることが判明し、また最初からやり直しを迫られることに。最初からやり直すとまた半年かかる。100日カ国の旅の出発日でアる2014年1月1日を優に超えてしまう。


どうしようか。


目標を達成することは大事だが、自分を優先し大事なものたちを置き去りするのはやっぱりカッコよくない。そんな自己陶酔型の美学が浮上し、俺は旅の延期を決める。まぁちょっと予定ずらすくらいよかろう、と。


そしてそこからまた問題が発生する。旅の延期を決めたはいいか、その期間に大型クルーズの旅やフロリダへの旅など自分の好奇心に負けて様々な体験にお金を使ってしまったのだ。4月に犬と彼女が日本へ帰国した時には貯めていた資金が相当目減りしていた。


人生で一番辛いことはやらなかった後悔。それを認識していた自分は、その芽をぶっ潰すために新たな 作戦を考える。


それが毎月1カ国作戦だった。


実は出発を遅延してる間に日本語を教えるグループを立ち上げてしまっていた。週に6回イベントがあり、毎週50人ほどのニューヨーカーが日本語学びにやってくる、そんなグループを運営していた。もはや長期休暇は難しい、し実際1000日も行くのがめんどくさくなってきてもいた。人の心はびっくりするほど変わりやすい。


そこで思いついたのが、やりたいことを続けながら毎月1カ国を回るプラン。そして永住権の申請だった。 どうせ残るなら徹底的にニューヨークでやってやろうと決めた。


その結果、2015年夏までに行ったことがある国は6カ国だけだったが、2016年の終わりには25カ国を超えていた。 そして思った。もう世界は飽きたと。だいぶ世界かぶれしてきた自分はあまり海外に行っても刺激を感じなくなってきた。気づきの多さも減ってきた。 そして思った。ここは一度足を止めてニューヨークで本気で働く時が来たと。



それから2年、日本語を教えるグループ「J-KURU」は今では会員2000人に達した。 日本ファンを増やすための「ジャパンフェス」は年に11回イベントを主催し1万人を集めるようになった。海外挑戦する日本人をサポートするために不動産会社も設立した。日本人を世界に出すための「海外挑戦者の溜まり場」は東京で毎月イベントも始めた。他にも日本人が[newyork][brooklyn]の服や帽子を被ってるのを見て悔しくなり、AppareJapanという会社を立て[tokyo][japan]の刺繍の入ったスカジャンを売りまくったりもした。


とりあえずひたすら「日本」にコミットした活動を続けてきた。やっぱり自分にとっては何をするか、より「何のために」やってるか、が大事なんだと思う。これからもこの思いを大事にぶれずに生きていきたい。




自分がそうだったように日本人は世界に出れば間違いなく変わる。それは日本は本当の実力よりかなり過小評価された自虐史観教育を受けているからだ。逆に海外は自分たちを何割増しかイメージを盛って世界に発信している。世界に出れば嫌でも真実は見えてくる。日本人ほど世界に住めば住むほど自信が出てくる人種はないと思っている。でも旅行や3ヶ月程度ではダメだ。人間新しいものに関しては良く見える。まずはその地に慣れ、その地がフラットに見えるまで居なければならない。



渡米した2011年1月1日から丸6年がたち、今ではグリーンカードを取得し幾つか会社を経営するようにもなった。2010年には全く想像もつかなかった姿だ。本当に思った通りにいかないのが人生だなって思う。海外行こうかあれこれ迷う暇があったら行ってみた方がいい。違ったら帰ればいい。僕らには帰る場所「日本」がある。


これからどんどん面白いことを仕掛けていこうと思う。何かあればいつでも頼ってください。日の丸を背負っていきましょう。






読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

Dra gon

ニューヨークで、Jforwardという会社をやってます。http://j-fo.com/

|

海外で活躍する日本人のタグがついたストーリー

ベルリンで会社登記のプロセス

ベルリンで投資家を探す旅をはじめます

ベルリンのスタートアップエコシステムって実際どうなのか?ただの個人的感想

1000日間世界100ヶ国の夢を捨て、ニューヨークで勝負を賭ける

”足るを知る者は富む”八百万(やおよろず)の精神をアートに込めて世界に示す

東南アジアで起業したら、フェラーリが来た。

第0章 はじめに ■■★■■ 定員割れ高校で偏差値45以下の私が、17歳の高校1年留学で人生が変わり、10年後にニューヨークでバリバリキャリアウーマンで働いている話。

「騙される奴が悪いだと!?騙した方が悪いに決まってる!!」

ベルリンで人生のリセット

たった一つの身近な疑問が世界の本質に繋がった話。対処療法と根本的解決から見る世界。

ブラジルにバスで入国したら、知らずのうちに不法入国になっていた話。その1

全くモテない19歳の女の子がいきなりオーストラリアに行ってそのまま永住し、イケメンと国際結婚して、ライフコーチになった話。第10回 人生を変えるセミナー

慶應生が『バイスジャンガル』で牛糞をかき集めた話

Bride of the World - Japan 2015 ファイナリスト確定!

大学生までABCしか出来なかった私がヨーロッパで働いている話(現在進行形)『石の上にも三年』

Dra gon

ニューヨークで、Jforwardという会社をやってます。http://j-fo.com/

Dra gon

ニューヨークで、Jforwardという会社をやってます。http://j-fo.com/

Dra gonさんの他のストーリー

  • NYの常識は世界の非常識。