さよならから始まるストーリー

このエントリーをはてなブックマークに追加
2

雨上がり晴れ

甘く暖かい匂いに運ばれた

風が切なく通り抜ける

今しか出来ない青春は

思い出となり刻まれる

卒業という二文字が

旅立つ僕らに勇気をくれる



胸張って笑って今日にさよなら

芽吹く桜の道を歩いて

浅春の候に大人になっていく


また会える日までどうか元気でね

ありがとう



先生は言う

「人生、永遠はないんだ。わかるよね?

だから毎日大切に生きろ」

ウザいと思う言葉でも

なんだか心に突き刺さる

愛情という情熱は

やさしくみんなを包んでくれる



胸張って笑って今日にさよなら

芽吹く桜の道を歩いて

浅春の候に大人になっていく

また会える日までどうか元気でね

ありがとう



うた

https://youtu.be/ZWobWM-L4bk


オフィシャルサイト

https://www.uruwashism.com/

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

omi uruwashi

Singer-songwriter

omi uruwashiさんが次に書こうと思っていること

|

人生が変わったキッカケのタグがついたストーリー

私が上場企業の役員の地位を捨て、海外移住に踏み切った理由(4)危機感2 仕事がつまらない

立ち直った26歳③

♪あるがままって難しい?でも…

バチェラージャパンVol.1終了。

私が上場企業の役員の地位を捨て、海外移住に踏み切った理由(3)危機感1 英語ができないとヤバい

立ち直った26歳②

違和感を感じたら、さっさと居場所を変えましょう

写真家長谷川美祈さんの【Internal Notebook】がドイツのカッセルダミーアワードのショートリストに選考されました

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その5~そして「自由」へ

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その4~復活

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その3~本当の試練の始まり

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その2~リバウンドは突然に

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その1~ブクブク・ポッチャリ

「バチェラー」から学ぶ。「相手のどこを見るか」

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。序章

omi uruwashi

Singer-songwriter

omi uruwashi

Singer-songwriter

omiさんの他のストーリー

  • 瞼を閉じる夕暮れに

  • omiさんの読んでよかったストーリー

  • 500円ビニール傘のいい話