大っ嫌いは愛してるだった〜第4話〜

このエントリーをはてなブックマークに追加
3

なんで?


一命を取り止め、今は集中治療室にいる。


警察で話しを聞いたその足で病院へ。


「主人に間違いありません。。」


各所に連絡を取ってから向かったICU。


なんで?

どうして?


その後に無数の言葉が続く。


何の為に?

誰の為に?


時間を戻せるなら、1日だけでいい。

たった1日でも、あと数時間前でもいい。


ねぇ、愛した子どもたちとの生活を捨ててまで、その道を選んだ理由は何だったの?

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

後藤 佳子さんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

後藤 佳子さんの他のストーリー

  • 大っ嫌いは、愛してるだった。

  • 後藤 佳子さんの読んでよかったストーリー

  • 最終話:11歳で母を自殺で亡くした若者が生きることを諦めなかった『からあげ』の話。