大っ嫌いは愛してるだった〜第5話〜

このエントリーをはてなブックマークに追加
2

私のせい?


飛び込んできた彼の姿は、いつもの穏やかな表情ではなかった。


一命を取り留めた。


だけの状態。

お義母さんに、子どもたちに、

私は何を伝えられるんだろう。


今後の予定を含めた各所への連絡。

それは、同時に今後のための決断も多く含まれる。


彼の容態。彼の今後。

そして、それを含めた家族の未来。


私が決めていかなきゃいけなくなる。


そんな不安も迷いも抱えたまま、

子どもたちに伝える言葉を探してた。


会わせられない。


でも、やっぱりなんで話してくれなかったの?


そこまで辛いなら、仕事なんて辞めちゃえば良かったのに。


追い込んだ私も同罪。

やれたことは、きっといっぱいあったはずなのに。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

後藤 佳子さんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

私の父は捨てられない 2

父が蒸発「あんな奴はクソオヤジ!」だけど僕は……

自己犠牲野郎の戯言(たわごと)【其の一】

35年間いつも側にいてくれた人と別れたいと思った理由【7】普通コンプレックスからの卒業

35年間いつも側にいてくれた人と別れたいと思った理由【6】勇気を出して2度目の告白

35年間いつも側にいてくれた人と別れたいと思った理由【5】勇気を出して初告白

35年間いつも側にいてくれた人と別れたいと思った理由【4】介護疲れから鬱発症

第1話 生きて。【小児科ナースが病院を飛び出して地球2周半、暗闇の奥に見えたとんでもなく美しい世界*】

僕は車椅子に乗っている。ただ、それだけのこと。~幸せになるための〇〇~

35年間いつも側にいてくれた人と別れたいと思った理由【3】おバカ夫婦時代

35年間いつも側にいてくれた人と別れたいと思った理由【2】人生の分岐点

甲状腺腫瘍を経験したアラサー女子のお話(退院後~そして今)

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ2(発生事実・後編)

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ1(発生事実・前編)

後藤 佳子さんの他のストーリー

  • 大っ嫌いは愛してるだった〜第2話〜

  • 後藤 佳子さんの読んでよかったストーリー

  • 最終話:11歳で母を自殺で亡くした若者が生きることを諦めなかった『からあげ』の話。