大っ嫌いは愛してるだった〜第5話〜

このエントリーをはてなブックマークに追加
3

私のせい?


飛び込んできた彼の姿は、いつもの穏やかな表情ではなかった。


一命を取り留めた。


だけの状態。

お義母さんに、子どもたちに、

私は何を伝えられるんだろう。


今後の予定を含めた各所への連絡。

それは、同時に今後のための決断も多く含まれる。


彼の容態。彼の今後。

そして、それを含めた家族の未来。


私が決めていかなきゃいけなくなる。


そんな不安も迷いも抱えたまま、

子どもたちに伝える言葉を探してた。


会わせられない。


でも、やっぱりなんで話してくれなかったの?


そこまで辛いなら、仕事なんて辞めちゃえば良かったのに。


追い込んだ私も同罪。

やれたことは、きっといっぱいあったはずなのに。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

後藤 佳子さんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

動画版!!6浪ストーリー

超ビビりの3流大学生、就活をあきらめ休学。フィリピン留学に人生を救われた話。

大学生の私が発達障害と診断される前とされてから

僕の名前も忘れ、100万人に1人の難病を患った妻と僕の物語

靴磨き職人から年商9桁まで這い上がった物語

なぜ臆病な私が見知らぬ人に会いにいくのか~サングラスをかけ替えたら世界が変わった話~

断捨離が行き過ぎて家まで無くなった話。

家庭崩壊で鬱病寸前だったクレープ屋の僕が、○○○に出会って人生が180°変わった話

【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」

英語が嫌いで苦手だった僕が高校でTOEFL iTPのスコアを147上げて、日本の大学の推薦を蹴りイギリスの大学に進学する話

『常識とは18才までに積み上げられた先入観の堆積物にすぎない』

【自己啓発本はいらない】科学的に幸福感を最大化して生きていく思考方法を考えた。(第7回〜完結編〜)

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

親からの束縛で自由が無いと思っている人へ

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

後藤 佳子さんの他のストーリー

  • 大っ嫌いは愛してるだった〜第3話〜

  • 後藤 佳子さんの読んでよかったストーリー

  • 大っ嫌いは愛してるだった〜第3話〜