大っ嫌いは愛してるだった〜第5話〜

このエントリーをはてなブックマークに追加
4

私のせい?


飛び込んできた彼の姿は、いつもの穏やかな表情ではなかった。


一命を取り留めた。


だけの状態。

お義母さんに、子どもたちに、

私は何を伝えられるんだろう。


今後の予定を含めた各所への連絡。

それは、同時に今後のための決断も多く含まれる。


彼の容態。彼の今後。

そして、それを含めた家族の未来。


私が決めていかなきゃいけなくなる。


そんな不安も迷いも抱えたまま、

子どもたちに伝える言葉を探してた。


会わせられない。


でも、やっぱりなんで話してくれなかったの?


そこまで辛いなら、仕事なんて辞めちゃえば良かったのに。


追い込んだ私も同罪。

やれたことは、きっといっぱいあったはずなのに。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

後藤 佳子さんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

試験に落ちて感じたこと (就活) 初めての挫折

僕の人生で最愛の人との出会いと別れ

うつ病患者、ビリギャル、会社創業者、みんなに愛されるサービスを目指して

私が今死んでない理由

ベビーカーが目障りだったという理由で1歳の赤ちゃんが老人に殴られるという事件

離婚は必ずしも子供にとってマイナスではない。離婚を考えている人へ、大人になった私が伝えられる「親の離婚を経験した子供の気持ち」

あこがれの関西トップ大学の入学式にいったのがエイプリルフールだった話。

【第17話】『奇跡のおばちゃん』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜

癌が消える!?工場の話だとばかり思っていた「ザ・ゴール」の TOC(制約理論)をガン細胞のことに置き換えてみると、お金が節約できて元気になることが小学生でもわかるという話【前編】

中学生時代・・・初恋のはじまり

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

就活生へ捧ぐ、ベンチャー企業に入ろうしていた私が大企業に入った理由

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。

pixiv作った時の話

後藤 佳子さんの他のストーリー

  • 大っ嫌いは愛してるだった〜第5話〜

  • 後藤 佳子さんの読んでよかったストーリー

  • 最終話:11歳で母を自殺で亡くした若者が生きることを諦めなかった『からあげ』の話。