大っ嫌いは愛してるだった〜第5話〜

このエントリーをはてなブックマークに追加
3

私のせい?


飛び込んできた彼の姿は、いつもの穏やかな表情ではなかった。


一命を取り留めた。


だけの状態。

お義母さんに、子どもたちに、

私は何を伝えられるんだろう。


今後の予定を含めた各所への連絡。

それは、同時に今後のための決断も多く含まれる。


彼の容態。彼の今後。

そして、それを含めた家族の未来。


私が決めていかなきゃいけなくなる。


そんな不安も迷いも抱えたまま、

子どもたちに伝える言葉を探してた。


会わせられない。


でも、やっぱりなんで話してくれなかったの?


そこまで辛いなら、仕事なんて辞めちゃえば良かったのに。


追い込んだ私も同罪。

やれたことは、きっといっぱいあったはずなのに。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

後藤 佳子さんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

後藤 佳子さんの他のストーリー

  • 大っ嫌いは愛してるだった〜第4話〜

  • 後藤 佳子さんの読んでよかったストーリー

  • 最終話:11歳で母を自殺で亡くした若者が生きることを諦めなかった『からあげ』の話。