大っ嫌いは愛してるだった〜第5話〜

このエントリーをはてなブックマークに追加
4

私のせい?


飛び込んできた彼の姿は、いつもの穏やかな表情ではなかった。


一命を取り留めた。


だけの状態。

お義母さんに、子どもたちに、

私は何を伝えられるんだろう。


今後の予定を含めた各所への連絡。

それは、同時に今後のための決断も多く含まれる。


彼の容態。彼の今後。

そして、それを含めた家族の未来。


私が決めていかなきゃいけなくなる。


そんな不安も迷いも抱えたまま、

子どもたちに伝える言葉を探してた。


会わせられない。


でも、やっぱりなんで話してくれなかったの?


そこまで辛いなら、仕事なんて辞めちゃえば良かったのに。


追い込んだ私も同罪。

やれたことは、きっといっぱいあったはずなのに。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

後藤 佳子さんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

新しい教育の形!コメントぜひください!

高校中退して絶望していた少年が、ハワイ大学、自転車日本一周、英検1級取得、アメリカ放浪を経て伝えたい、生きるという話

自分を大切に扱うと起こる人生の変化について

人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

ある小さな女の子の生きた姿

一番死にたくなる日、9月1日ー子どもたちに逃げ道を

TOEIC, IELTS満点でも意味がない!オックスフォード大学で通用しなかったゆとり世代の日本の英語教育!

大手財務コンサルティングの内定を取り消して、年収やキャリア採用を捨てた理由

ボクと彼女と就職活動

ラブレターを代筆する日々を過ごす「僕」と、依頼をするどこかの「誰か」の話。

【色覚異常の話】周りの人達には、どうやら虹が虹色に見えるらしい。

23歳、社会人1年目の僕が“うつ”で死にそうになり、8コ上の萌え声お姉さんの「そっか、あなたは○○をしたかったんだね」というたった一言に泣き崩れ、生きる活力をもらった話。

インド滞在時に「詐欺被害に気をつけろ」との記述を読み、敢えて実際に試してみたら、素晴らしいドラマが展開された話 ~話せばわかる~

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

本氣で生きる人たち

後藤 佳子さんの他のストーリー

  • 大っ嫌いは愛してるだった〜第4話〜

  • 後藤 佳子さんの読んでよかったストーリー

  • 大っ嫌いは愛してるだった〜第3話〜