世界一愛される射場で、宇宙を射とめたロケットの話

このエントリーをはてなブックマークに追加
32

人生で最も大切なものは、

逆境と佳き友である。


鹿児島県は大隅半島 

肝付町内之浦


陸の孤島と言われるこの町に 

昭和37年 ロケットの射場はできました 


この町は強いです 

何もない所から 

山を切り開き



「何の役にたつんだ」
「本当にできるのか」


そんな声が聞こえる 

逆境だらけの環境から


50年以上

宇宙の最先端で 

ロケットを打ち上げ続けてきました 


この町には 宇宙を目指す佳き友がいます

ときには逆境が訪れることでしょう 

それでも、この町は、宇宙をやめません 


空にのびるロケット雲のようにまっすぐ

宇宙に挑み続けます ―――




これは、福祉の仕事をしていた私が、ただロケットが好きだからという理由で「世界で一番宇宙に近いまち」と言われる、鹿児島県 肝付町に移住し、実際に関わることになったロケットの、打ち上げ前に書いたチラシの文章です。



「人生で最も大切なものは、

逆境と佳き友である。」

という言葉は、私が考えたものではなく、日本のロケット開発の父と言われる、故 糸川英夫博士が残された言葉です。


肝付町に移住する前、宮崎で福祉の仕事に従事していたころから、この言葉は私の座右の銘であり、支えになっていました。


少し気恥ずかしい気持ちもありますが、自分とロケット、そして町のことを、お話させて頂きたいと思います。




話は3年前にさかのぼります。


「先生、いぷしろんとやらは、どうね。当たったね?」


「○○さん。イプシロンロケットの抽選は、見事にハズレました。」


当時、デイケアで職員をしていた私に、笑いながら聞いてきた利用者さん。


ロケットの打ち上げ射点を見れる場所は、肝付町の宮原ロケット見学場しかなく抽選制でした。これには多数の見学応募者があり、私も応募したものの、当選しませんでした。


「そんなら、ロケット見れないんじゃないとね。」


「打ち上げの射場が見れる見学場はハズレましたが、少し離れた場所から見ようと思います。」



「熱心じゃわ。まるでロケットの恋人やね。」


そんな話をしながら、私は忙しいながらも利用者さんに孫のように可愛がられ、日々を過ごしていました。




時には、体操の時間などに、施設の庭に利用者さんを連れ、種子島の打上げを見ることもありました。


「そろそろ時間ですね、庭に出ましょう。」


スマートフォンの打上げ中継を確認し、皆で種子島の方角を一心に見つめます。その日は秋風が吹く青空の下、コスモスが揺れていました。


「10、9、8、7、6、5、4、3、2、1・・・」


「上がった―!」


一点の雲もない空の中、ロケット雲が一筋の線を引いていきます。


「ばんざーい。ばんざーい。」


一緒に利用者さんと応援し、喜び合いました。


施設に戻ると、「テレビでやっちょったの見たよ。おかえり」と、半ばあきれ顔の先輩職員がお出迎え。


その時には、自分がロケットに関わることになるなど、知るよしもありません。しかし着実に、カウントダウンは始まっていたのでした。




2013年8月26日。仕事が終わり帰宅。せっせとシャワーを浴び、荷造りを始めます。明日に迫った「イプシロンロケット試験機」の打上げを見に行く為です。


宮崎から、鹿児島県 肝付町内之浦まで、車で2時間50分。一人で前乗り。ちょっと心細いですが、小さいころから好きだった宇宙への興味は尽きませんでした。家にビデオがあり、父が良く見ていた「宇宙戦艦ヤマト」等の影響があったのかもしれません。




夜、車を運転し、いざ内之浦へ。ナビでは、近道となる3kmもの「国見トンネル」が表示されなかったため、くねくね曲がる海岸線を酔いそうになりながら進みます。途中、野ウサギが飛び出してきました。野ウサギは横断せず、しばらく車と並走。


数ある見学場のうちの一つ、「叶岳見学場」に行くバスが出る内之浦中学校付近に着いたのは、夜12時頃だったでしょうか。


すでに車が渋滞をはじめていました。車内で寝転がり、上を見上げると満天の星空。「流れ星、見えるかな」等と思い、うとうと。気づいたら、空が白んできました。




叶岳に着き、13時45分。「5,4,3,2,1、・・・」自然に沸き上がるカウントダウン。しかし。


打上げの時間が過ぎてもロケットは打ちあがりません。


「え?失敗?」「○時に延期だ」


「飛行機が上空を飛んでいたからだ」


見学場がざわつく中、様々な憶測が錯綜します。


私は抽選に外れていたため、山に隠れて射点が見えない見学場におり、状況が呑みこめませんでした。


そんな中聞こえたのは、地元の方らしき人の

「上がる時は上がるよ」という声。


誰も、怒る人はいません。なぜか遠方からの疲れが吹き飛び、気持ちが軽くなりました。


トラブルを受け止めて、静かに、力強くロケットを支える内之浦のひとたち。そこから受け取ったものは、失敗も大切な経験だという教えと、勇気という推進力でした。




もっとも、イプシロンは失敗ではなく、単純なコンピュータのバグにより自動シーケンスが停止したもので、打ち上げは2013年9月14日に延期されました。




これまた運よく休みが取れた私は、延期後の9月14日にも肝付町に行くことが出来、今回も前乗り。当日は前回の打上げを上回る2万人もの見学客が、内之浦にやって来ました。




蝉が鳴き、夏のような暑さのなか、打上げ予定の14時。


惑星分光観測衛星「ひさき」を載せたイプシロンは、カウントゼロと共に雲を突き抜け、一直線に飛んでいきました。美しい打上げ。見上げる私は、自然に涙を流していました。


ゴゴゴゴゴ・・・遅れてやったきた轟音が、心の中にひっかかります。


「宇宙が、ロケットが、そしてこの地が好きなんだ。」という思いでした。


なんだか確信めいたものがありましたが、この時はただ、空を見上げて立ち尽くしていました。




宮崎に戻った私は、打ち上げのない時も肝付町に出かけてみるようになりました。肝付町はおよそ10年前に「高山町」と「内之浦町」が合併してできた町。打ち上げのない平時は、昔「陸の孤島」と呼ばれた事もありとても静かで、車通りもありません。ロケットの他には、「流鏑馬」という伝統行事が有名です。毎年中学2年生射手が、地域の安泰を祈願するため疾走する馬上から矢を放ちます。




ロケットセンターのある内之浦は、50数年前本当に何もない山岳地帯だったといいます。


いや、何もないどころか、マイナスからのスタートでした。ロケットの父と言われる糸川英夫博士が全国を行脚し、やっと見つけ出した秘境。「つるはし」を使い、険しい山を切り開いたのは、地元の人たちでした。


今では「世界一地元から愛されるロケット射場」と呼ばれるまでになっています。


未知の領域に果敢にチャレンジするロケットを、幾度も失敗を乗り越えながら、400機近くも打上げ続けてきた内之浦。


あの「はやぶさ」を打ち上げた固体燃料ロケット、M(ミュー)-Ⅴの廃止から7年、打ち上げに間が空いた時も、変わらず応援し続けたといいます。


失敗の多かった自分の人生と重なり、なんだかロケットが愛おしく感じ、また肝付町に母のような芯の強さと温かさを感じていました。






宇宙への憧れは募るばかり。 私は可能な限りJAXAのイベントに出向きました。 そんなある日、やはりJAXAのイベントで あの日見届けたロケットの開発者、森田泰弘さんが講演をして下さったのです。


森田さんは、今まで開発してきたM-Ⅴロケットが廃止になるという暗黒の七年間があったこ と、 逆境があったからこそ 「モバイル管制」という画期的なロケットの開発に繋がった、ということをお話しして下さいました。


そうして、あっという間に時間が過ぎていき、公演も終わり…という頃 私は、いてもたってもいられず、「MⅤ廃止の逆境の時に大切にしていた言葉は何ですか?」という質問をしました。 この時の森田さんが優しく返して下さった「答え」が、肝付町に移住するきっかけとなりました。


「人生に最も大切なものがあり、それは逆境と良き友である。」ということです。 逆境にならなければ人間て死ぬ気になって努力できない。

その時、たった一人だと何もできないけど周りには友達や仲間がいる。仲間と一緒だったらどん な事でも乗り越えられる。 逆境みたいなことがないと、なかなか人間は進歩できない。 かつ、一人でその逆境を乗り越えることはできなくて必ず仲間が必要だ。

モバイル管制装置をやりたいって言ったものの、「そんなもの作っていったい何の意味があるんだ」と散々言われた時もあった。 その時に僕が思ったのは 「これは逆境に違いない。これを乗り越えればきっと、いいロケットができるんだ!」 そうひたすら思い続けた。しかも一緒になって僕と頑張ろうとしてくれる仲間が大勢いてくれた ことが、本当に有難かった。

色々と壁にぶつかったりすると思うんですけれども、 壁にぶつかったときにそれを乗り越えようとする強い意志というかエネルギーが皆さんを成長さ せる一番の源である…」


逆境はつらく長く前が見えない等 逆境に対してマイナスイメージを持っていた私には、衝撃の言葉でした。 また、ピンチの時でも人に頼ってはいけない、と頑なになり 夢は胸にしまいこんで、押し込んで 周りに遠慮して、傷付かないように、表面的に生きてきた自分に気付ついたのでした。


逆境に置かれること、 夢を語ることは恥ずかしいことじゃない。 むしろ、逆境を踏み台に変えて 壁を乗り越えることで、大きくなれるんだ! 自分の心を解き放ち、 正直になろう、そう思えたのでした。


心の中の小さな燃料に火がついたような気持ちでした。




ロケット打ち上げから半年後。なんでも自由なことが出来るとしたら私は何をするだろう?余命がたった一年間しかなかったら、今から何をするだろう?幼い頃から夢見てたこと、好きだったことは何だったのだろう?と考えるようになりました。




私は、イプシロンロケット試験機の打ち上げを思い出していました。


宇宙を目指して打ち上げられるロケットは、あらかじめ決められた軌道に乗るため、精密さが求 められています。 ロケットは、ただ打ち上がって宇宙に行くことが目的ではなく、物資や衛星等を運ぶ等の役割があるためです。


ロケットは、打ち上がると、少なからず軌道に対して誤差が生まれ、 目的の軌道に対して、ずれて進んでしまいます。 (最新の技術を持った日本のイプシロンロケットでさえ、打ち上げ後5~6 キロの誤差が生じた)


そんなに軌道から外れて大丈夫かと思うかもしれません。


しかし、広い宇宙の中では、5~6キロなどわずかな誤差に過ぎず、実際には高い精度をもって 衛星を分離できたそうです。 衛星を宇宙に届けるという役目を果たせたのは、たとえ軌道がずれても大丈夫なように、ロケットが 軌道を修正する機能を持っていたから。 目的から大きくそれてしまっていると感じているとしても、宇宙からしてみれば小さな誤差に過 ぎず、目的達成には何ら影響はありません。


(遠回りしたり、軌道を修正することにより、新たな気付きがあったりするものなんだ。私もちょっと、遠回りしたが、これも宇宙の中では、誤差の範囲内なのだろう。)


何となくそう思う事ができて、私は、たまたま仕事中ラジオで聞いたSTORYS.JPに、「宇宙を目指したい」といった宣言のようなストーリーを、投稿しました。


もちろんその時は福祉の仕事をしており、宮崎にいたので宇宙全く関係なしの生活だったのですが、単にロケットへの思いを連ねただけの文に多数の反響を頂くことができました。


いろいろと面白い繋がりがあるので、また後日談として語る時が来たらいいなと思っています。




月日は流れ2015年。ロケットや肝付町に憧れを抱きながらも、「自分には無理」と半ば思い込んでいた私は、町のホームページで、肝付町地域おこし協力隊の「宇宙のまちづくり」募集がされていることに気が付きました。




あやしい・・・協力隊って何なんだ。そう思いながら募集要項をみると、


「本町は内之浦宇宙空間観測所があるため、数多くの宇宙に関わる資源がある。肝付町スペースタウン構想に基づいた施策の具現化を活動の軸に、その他宇宙に関する自由な発想にもとづいた地域おこしを行う」


と記載されていました。


肝付町×宇宙・・・これは私の為の募集では?と勘違いをしつつ、大分悩んだのですが、


思い切って応募しました。福祉施設の先輩職員も、利用者さんも、「ロケットのことなら、がんばんないよ」と、快く送り出してくれました。


「人生で最も大切なことは、逆境とよき友である」


私は、森田さんから教えてもらった、糸川博士の言葉を思い出しました。逆境にぶつかることがあるかも知れない。けれどここはチャレンジ精神だ。肝付町とよき友になれるよう飛び込んでみよう!と。


ただ、役場での面接の時は緊張しすぎて、「この子大丈夫かな」と思われたそうですが。




ロケットと肝付町が好きなだけで、移住してきてしまった私ですから、ゼロ、むしろマイナスからのスタートです。しかし、不思議と不安はありませんでした。いや、あったと思いますが感じなかったのかも知れません。


それは、たとえ4回連続でロケットの打ち上げが失敗しようが、バッシングされようが、懸命に支え、粘り強く応援し続けた肝付町の温かさに守られていたからだと思います。




「宇宙のまちづくり」をする為に肝付町に来たのはいいものの、何をしたら良いか分かりません。なにしろお手本がないのです。また、同時に私は肝付町が推進している「スペースタウン構想」の中で宇宙のファン作りを進めるため、「きもつき宇宙協議会」の事務局を担うことになりました。


福祉で利用者さんに体操や介護をしていた毎日から、どっぷり宇宙漬け。


時には、お手伝いで住民の方の畑の収穫に参加したり、イベントに参加したりと忙しい日々が始まりました。





そして、着任して早々、イプシロンロケット2号機が2016年度冬に打ちあがることを知ります。まだ働きだして間もなかったのですが、3年前肝付町で見たイプシロンロケット試験機の感動がふつふつと沸き上がり、これは参加するしかないと思い立ちました。




なぜかそのころの私は、種子島打上げのロケットにライバル心を抱いていました。(今はどちらも応援していますが)肝付町のほうが、知名度で劣っているからかもしれません。


そんな中、HⅡ-Aロケットで人気漫画「宇宙兄弟」のイラストが貼り付けられ、種子島から宇宙に打ちあがるというプロジェクトが始まることを知ります。


これは肝付町のロケットでも出来るな・・・ロケットで地域を盛り上げたい。そう思いました。




そこで私は、あろうことか企画書も何もなく宇宙航空研究開発機構(JAXA)の内之浦宇宙空間観測所に行き、話を聞いてもらうという暴挙に出ました。


「もし・・・内之浦で、こういう事があれば、できると思いますか・・・?」


恐る恐る聞く私。普通なら即、追い返されてもおかしくないのですが、ポカンとあきれながらも職員の方々は話を聞いてくれました。


「企画書を、お願いします。」


当たり前です。なんて優しいのでしょう。


同僚の2人が付いていてくれなければ、緊張で一言も話せなかったかもしれません。


冷や汗をかきながら帰路に着きました。やはり、「人生で最も大切なことは、逆境とよき友である」と思いながら。




「肝付町のロケットといえば、何を思い浮かべるだろう?」


実験的であること?50年以上の歴史?それともおよそ7年かけて帰ってきた小惑星探査機「はやぶさ」?


やはりペンシルロケットから生まれた、固体ロケットの歴史だと思い立った私は、ロケットのフェアリング部分(機体の先端にあたる)に、ペンシルならぬ鉛筆のように色を塗る提案をしましたが技術的な問題から没になりました。


仕方ない次いこう。


また最初から「肝付町といえば・・・」と思い練り直します。


「人生で最も大切なことは、逆境とよき友である」


ふと糸川博士の言葉が頭をよぎります。肝付町の強みは、未知の事に果敢に挑戦するチャレンジ精神と、よき友である地元の応援があること。


「世界一地元から愛されるロケット射場」であること。


ならば地域の思いやシンボルが集結し、ロケットを盛り上げられることにしたいと考えました。


10年前に「高山町」と「内之浦町」が合併してできた肝付町。そこで、内之浦はロケット、高山は流鏑馬と言う意識があると聞きました。


地域の思いをひとつにして、ロケットを皆で応援しようという思いから、ロケットの2段モータの部分に「流鏑馬の矢」を刻む。そして、全国から肝付町へ、夢やイプシロンへの応援メッセージを募り、矢のマークに入れ宇宙に届ける。


このマークは「ダブルアロー」と名付けられ、イプシロンと肝付町のさらなる発展を祈るものとしました。


この企画が採用され、肝付町とJAXA共催で「イプシロンで夢を射とめよう!」プロジェクトが始まりました。




開始後、肝付町の宇宙サイト、「ウチノウラキモツキ共和国」にどしどしメッセージが送られてきます。


「宇宙飛行士になれますように」


「パティシエになりたい」


といった子供たちの夢から、


「イプシロン 大隅から打ちあがれ!」


「肝付町が世界一の宇宙の町になる様に」


といった地元愛を感じるものまで、様々な夢やメッセージが6,467件集まりました。


また「ウチノウラキモツキ共和国」では宇宙ファンも募集しており、知名度が低かったのですが、募集を機に、肝付町にはこんなロケットが打ちあがるんだ!という事を知って頂き、多くの人に参加して頂くことが出来ました。


不思議な縁ですが、締め切りの9月12日は宇宙の日。また、イプシロンロケット2号機が船で内之浦に上陸した日でもありました。




応募が終わると、「きもつき宇宙協議会」として、肝付町の宇宙資源やイプシロンロケットをPRするイベントを東京で行ったり、HPやSNSで紹介する等しているうちに、あっと言う間に打ち上げの12月が近づいてきます。




最初の企画で同行してくれた同僚の田中隊員は、「勝手に応援プロジェクト」と題して地域住民がカウントダウンする地元愛あふれる写真を撮影してくれました。これも大変好評で、内之浦の役場に展示してあり自由に見ることが出来ます。




打上げ間際には、内之浦宇宙空間観測所の開設時から支えてきた、「元 婦人会」の方々と千羽鶴を折り、プロジェクトチームに贈呈させて頂いたり、地元の方々と打上げ関係者が親睦を深める「ロケット交流会」で司会(補助)をさせて頂いたりと、ここでも「世界一地元から愛される射場」を身にしみて感じることが出来ました。




そうしてやってきた12月20日、打上げ当日。


天候が悪く、正直予定通り打ちあがるか不安でした。


その日は、福井から母が、福岡から妹夫婦が来てくれていました。


「上がる時は上がるよ」


どこかで聞いたようなセリフを、自分も口にしていることに気が付きました。


試験機の時はハズレた宮原ロケット見学場でしたが、2号機はスタッフとして見学場で打上げを見守ります。


打ち上げは午後20時ちょうどです。




不思議なことに、雲がすっかり消え、満天の星空が現れました。


打上げをひかえ、顔を出すイプシロンロケット2号機。


その機体には、肝付町に集結した夢やメッセージが、矢のマークとなって刻まれています。



「10,9,8,7,6,5,4,3,2,1、・・・」


カウントゼロ。



昼間のような眩い光と、轟音を連れて、2号機は宇宙へ光の矢を放ちました。


いろいろと大変な家族でしたが、その時は皆で手を握り合っていました。


何もないところから、力強くロケットを支え、何もない私を優しく受け入れてくれた肝付町内之浦。


2号機の轟音を聞いて、私はまたひとつ心にひっかかっていました。


この町に恩返しをしなくてはならない。世界一地元から愛されるロケット射場が、ずっと続くように。


世界一愛されるロケット射場であるように。


打ちあがって「やったー!」という気持ちより、「これからだ」と身が引き締まる思いでした。


しかし、インタビューに答える私の顔は涙で崩れていました(笑)




過酷な環境で探査を行う、ジオスペース探査衛星「あらせ」を載せ、宇宙に飛び立ったイプシロンロケット2号機。「あらせ」は、肝付町の荒瀬川から名をとっています。


「あらせ」も宇宙のまちもこれから。


3月には、肝付町「宇宙WEEK」として、数々の宇宙イベントが控えています。


その中には、JAXA大西宇宙飛行士のミッション報告会の開催等も予定しています。




これからも皆の思いをのせたロケットが「世界一愛されるロケット射場」肝付町から打ちあがるように。


また新たなカウントダウンが始まります。






・今回このようなSTORYS.JPのプロジェクトに参加させて頂き、


3年前に投稿したこうだったらいいなという写真が、今回の打上げの写真そのものだったことに驚いています。アクションするきっかけを下さったSTORYS.JPに感謝申し上げます。

























読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

「逆境は佳き友である」良い言葉ですね〜加藤さんはきっと、ロケットに呼ばれてきたんでしょうね。ストーリー感動しました!

山田さん。コメントありがとうございます。佳き友は、しかめっ面をしてやってくるが、終わってみれば最高の出会いだったということもあるのかもしれません。

加藤 美和子さんが次に書こうと思っていること

|

加藤 美和子さんの他のストーリー

  • 世界一愛される射場で、宇宙を射とめたロケットの話

  • 加藤 美和子さんの読んでよかったストーリー

  • 国連で働くことをあきらめて、人力車の車伕になった後、起業した僕の物語。~①ゲイとの死闘&バックパッカー編~