自由って何だよ~絶望、死~壱

このエントリーをはてなブックマークに追加
7

 T大学に進学後、すぐに軽音サークルに入部。専門学校に入れなかったことの後ろめたさは、意外と感じていなかった。


引用: http://livedoor.blogimg.jp/kenyos/imgs/f/d/fd9cb1fd.jpg


親父
バンドをするのはいつだって出来るが、スムーズに大学生になれるのはいましかない。

きっとこの親父の言葉の影響だろう。僕はサークル活動の中で、バンドをすることにした。


 だがここで、今まで特別視していなかった問題に直面することになる。

お金が...ない...。


今まで学費等を、全て親にまかせていた。それが今回、裏目にでたのだ。


 どうにかこうにか、8月頃に、カラオケ店のアルバイトとして勤務できた。都内のカラオケ店だったので、休日は特にものすごいお客の数だった。酔っ払いのサラリーマン、日本語が通じない外国人、家族連れ等々。稀に質が悪いお客もいた。


 当然僕はキャパオーバーになった。しかしそこに、他のアルバイトや、店長の怒号が容赦なくぶつけられる。


 そこのカラオケ店では、トランシーバーという機器で情報を取り合っている。(どこのカラオケ店でもそうかもしれませんが)



引用: http://ecx.images-amazon.com/images/I/51shR2rsusL._AA1301_.jpg


例えると、iphoneのイヤホンみたいなものだ。なので、

店長
おい!!てめえBJ!!!ふざけんじゃねえぞ!!!

こんな怒号を耳元で聞かされることになる。それに恐怖した僕は

すみません!!すみません!!すみません!!

こんな具合に泣き叫ぶしかなかった。


 そうしている内に、初めての給与が与えられた。社員は


社員
初めての給与だろ?良かったな^^

という風に励ましてくれた。が、僕はというと

(なんでだろう...全然うれしくない...)

そんなジレンマにかられていた。


 9月。サークルのほうでも、違和感を感じるようになる。

(...居心地が悪い...。)

そんなことを常々感じるようになった。


 サークルの部室も完備されているし、サークルの面々が溜まる場所も決まっていた。だがそれでも、居心地が悪い。

 

 飲み会も定期的に行われていた。そこでの会話は大抵


         お酒の話、バイトでの愚痴、他のサークルの愚痴


が多かった。当然、バンドの話もあるにはあったが、そのバンドの会話はごく一部のグループが主だった。しかも、そのグループはどこか陰気であった。そんな彼らと僕とは、全く合わなかったのである。


 前は

バンドマンに悪いやつはいねえ!!

なーんてそんなバカなことを本気で信じていた。こんな迷信から、僕はこの違和感に強く苦しめられることになる。


 その時から、サークルでもやらかしが多くなる。サークルの活動費のための役員に就くことになったが、そこでも一つやらかした。先輩に怒られ、気がついたら、他の先輩からもアカウントをブロックされていた。




何かがおかしい...

そんなことに薄々と気がついていた。



読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

B J

匿名です。純粋に思ったことを書き綴っていこうと思います。

B Jさんが次に書こうと思っていること

|

B J

匿名です。純粋に思ったことを書き綴っていこうと思います。

B J

匿名です。純粋に思ったことを書き綴っていこうと思います。

B Jさんの他のストーリー

  • 自由って何だよ~青、狂~