タラレバなの?20代OL一人暮らしの本音 アイコの話

このエントリーをはてなブックマークに追加
11


雑誌で特集されている「美しい生き方」の記事をみていました。

紙面に登場する美しい人達の生活。豪華なアクセサリーつけてブランドの鞄もって都心に住んで、自分の仕事を経営している。年に何回かは海外にバカンスにいってもれなく小型犬をかっている。

そしてパートナーがいればそれはもう理想の美しい生き方だ。


長くなります。

ツイッターを集めたような、たわいもないつぶやきの話です。

はるかは、喫茶店であなたの横の席に座っている女のことかもしれません。


会社員として朝電車でオフィスへいき夜暗くなってから退社する。早く仕事が終わった日には習い事で趣味のヨガや英会話なんてならって友人とワインのみながら最近出会った男性の品評なんかして。子供のいる友人訪ねては、子供が欲しいなとか考えたり、そもそも素敵な男性に出会えないかしらとかちらって期待しながらも、フルタイムで働いている責任感とかちょっとした優越感から仕事はきちっとしよう!思って今日も残業。月曜日から金曜まで朝から暗くなるまでオフィス。ちょっとした息抜きはかランチのあとに会社の近くにあるイケメンがいれるコーヒーを飲むこと。土曜は平日にたまった洗濯物とかお部屋の掃除とか録画しといたドラマみで気づきたら夕方。突然の友人からの誘いにおっくうだなーとか思いながらも一日家にいたら息がつまるから好きでもない合コン参加して。ちょっといい人いないかなって片隅で期待して、いつも通りの自己紹介。どこどこ出身、どこの大学でて会社でこれやってて。血液型あててみて、えーみえないーっとかおきまりのリアクションを演じる自分に嫌気が差しながらもその場のみんなの雰囲気に合わせて盛り上がって。ぎゅうぎゅうの電車の帰り道で、今日おごってくれたメンバーにご馳走様でした、ってお礼送って、あれ先週あった人にも返信しなきゃと思い出す。

電車おりて、タクシーのりたいなってよぎるけど、家まで歩けない距離じゃないからハイヒール脱ぎたい気持ち押さえて

頑張って帰る。

お酒でちょっとハイになった気分で、面白い人いたなって思いながらもたわいもなくてなかなか思い出せない会話から次の糸口探したり、来週の会議の準備しなきゃって、いろんな情報がさっきのんだカクテルみたいに頭でミックス。

夏だからかな、酔っ払って道で寝ているサラリーマンがいる。つい左の薬指なんかみちゃって、彼にも家でまっている奥さんいるんだなって、みたこともない女性を想像しちゃったりして。

テーブルのうえにラップかけたシチューがおいてあって"お疲れ様、チンして食べてね"とか書いてあるんだろう。電気のつきたリビングが目に浮かんだ。早くシャワー浴びたいな。化粧おとさなきゃ。

見慣れた玄関の前に来て、ノートパソコンが余裕ではいるA4サイズの鞄んから鍵をさがす。もう、こんなときに限ってみつからないんだから。

小さいポケットとか携帯いれてるポケットにもなくてだんだんじれてくる、あっそうだ今朝ストッキングがやぶているのに気づいてあわてて家に戻ったんだ。その時外ポケットに入れたんだ。

鍵をさしこむ、かちゃっておとがしてドアがひらく。電気をつけた。

返事ないのはわかってるけど、"ただいま" って呟いてみたけど、思った通りそのまま小さな部屋に声は吸収されていった。

犬でも飼おうかな。。。靴擦れも固くなった足からヒールを脱ぎ捨てる、ふとんにこのまま倒れたい。。でも化粧おとさなきゃ。

握ってた鍵がチャリーんって、冷たいフローリングのうえに落ちた。

とたんに涙がでた。



なんでだろ。。

頭で一生懸命考えてみるけどわからない。

心がないている。ただ淋しいなっていうのはわかる。私がこのまま倒れても数日間は誰も気づかないんだろうなっえ急に一人ぼっちになったような気がした。

おかしいなぁ、

なんでこんなに生きづらいんだろう。

がんばって大学はいった。

就活みんな初めるからそれにのったらたまたま仕事が決まった。

田んぼと山しかない、田舎の親元離れて都会にでた。

ちょっと厳しいけど先輩も上司もいい人だ。

給料はいるから、休日買い物したりネイル綺麗にして、同期とプチ旅行なんかしてそれなりに楽しい。。

だけど朝起きると、いつもとかわらない白い天井が見えてなんだか私だけが一人ぼっちにみたい。

街出ればいっぱいそれは十分すぎるほど人はいるのに。

ふと涙がでた。

いつになった幸せになれるのかな?

美しい生き方ってなんだろう?



何も始まらず、どこにも終着点のないお話に

貴重なお時間を頂いて、ここまでお読みいただいてありがとうございます。



読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

Aiko kokotaさんが次に書こうと思っていること

|

仕事のタグがついたストーリー

Aikoさんの他のストーリー

  • タイミングが悪い人生ばかり歩んでいた田舎育ちの会社員が、海外でアーティストになった話

  • Aikoさんの読んでよかったストーリー

  • やくざを泣かせた5歳の息子の話