猫の花粉症!?シロの苦悩

このエントリーをはてなブックマークに追加
3

去年の今頃、実家に帰り二匹の猫達と戯れようとしたら・・・シロが「ブシッ!・・・ブシッ!・・・・ブシッ!」とくしゃみを連発。村上豊彦の両親にシロが風邪を引いたと伝えに行くと母が「花粉症みたいなの。だから着替えてから遊んであげて」と言われました。猫が花粉症ってなんかおかしい気もしますが、重度の花粉症である友人が死にそうな顔で「花粉をばら撒く行為はテロだ!今すぐ共謀罪で杉を逮捕しろ!!」と言っていました。


その為、家には強力な空気清浄機が去年から置かれてシロの花粉症を抑えているようです。花粉症は猫にも犬にも起こりうる症状の為注意が必要です。実家の猫は2匹共家猫で飼われています。それでも二匹共外に出たがるため玄関やベランダを行ったり来たりする習性があります。「ブシッ・・・!」と玄関から聞こえ、またベランダの窓から聞こえてきます。空気清浄機から離れてくしゃみを繰り返すシロは花粉症の自覚が無いのでしょうか?


それに比べて相方のクリは相変わらず元気でやんちゃし放題。そのやんちゃで花粉が舞いシロがまた「ブシッ!」とくしゃみを始めます。いつもきれい好きで大人しいシロですが、この時期はくしゃみを連発します。


猫の花粉症はまだ不明点が多いようなので人間とは違うと思いますが、ここで人間の花粉症のメカニズムをおさらいしていきます。花粉が鼻の穴に入るとリンパ球が花粉を異物か異物では無いのかを判断します。ここで異物と判断されると、くしゃみや鼻水、目に付いた場合は涙で花粉を追い出そうとして花粉症の症状になってしまいます。恐らく猫も全く同じようなリンパ球の働きをしているのだと思います。


猫にはマスクや化学繊維の衣服は着けられません。空気清浄機やこまめなブラッシング、嫌がるけどシャンプーをしていくと予防ができるようです。シロには可哀想だけど村上豊彦はシロのくしゃみ聞きに行かなければ今年の春を迎えられません!

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

村上 豊彦

村上豊彦(むらかみとよひこ)です。猫好きとして周りに知れ渡っているただの学生です。

|

家族・育児のタグがついたストーリー

第164章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪【人/ヒト】で「大切」なことは全て『東方神起』から学べる??

耳が聞こえない田舎出身の女の子が大手企業の技術職を捨て、裏バイトを経て起業し、子連れ旅ブロガーになるまで~1:高校時代まで~

Best wishes for your 20th Birt

15年間以上悩んだ自律神経失調症を1日で克服させてくれた父からの大切なプレゼント

【2話/ゆとり世代】母親の凶報から人生を見つめ直し、日本版マイケル・ジョーダンを発掘する男、佐藤さん。

【プロローグ/佐藤さん】母親の凶報から人生を見つめ直し、日本版マイケル・ジョーダンを発掘する男、佐藤さん。

何年もこの症状なんだから少しは理解してよね。

何故、猫はパソコンやゲームをしている時に邪魔をしてくるのか?

猫の花粉症!?シロの苦悩

救急車は生命の危機以外では呼ばないでと、救急車を利用したときに某総合病院で言われた話。救急車を呼ぶのはこんなときの3つのポイントを学んだ話。

サバサバ系の妹が大泣き!!看護学校から見えてきた人材育成の問題点について大学生の僕が考えてみた。

動物が人間に与える癒し効果を考える

二匹の猫が教えてくれた攻略法

猫の肉球の感触を調べてみる

父が蒸発「クソオヤジ!」末期の肝硬変ってなんだよ!

村上 豊彦

村上豊彦(むらかみとよひこ)です。猫好きとして周りに知れ渡っているただの学生です。

村上 豊彦

村上豊彦(むらかみとよひこ)です。猫好きとして周りに知れ渡っているただの学生です。

村上 豊彦さんの他のストーリー

  • 吾輩は猫である、名前は沢山有る