フツーの女子大生だった私の転落の始まりと波乱に満ちた半生の記録 第36話

このエントリーをはてなブックマークに追加
45

勝者と敗者

《ここまでのあらすじ》初めて読む方へ

あることがきっかけでショーパブ「パテオ」でアルバイトをしている大学生の桃子は、少しずつ頭角を表し店のナンバーワンを目指していた。ところが恋心を抱いていた佐々木が突然店を辞め、店を取り仕切る立場の玲子に裏切られていたことを知る。ついにナンバーワンの座を手にした桃子はオーナーの川崎に取り入り、強い復讐心と、完全なる頂点に立つため玲子をパテオから追い出す。

女王様のようにスタッフ達を意のままに仕切るようになる。ところが、早くもナンバーワンの座はミユという若いホステスに奪われそうになっていた。焦りと不安が桃子を追い詰め、店では傍若無人さで評判を落とし、彼女は過食嘔吐に陥っていた。そしてあの悪夢が…いよいよ次回最終回!



正夢って本当にあるんだ


今まであの夢に苦しめられてきたのは


この夜のことを警告か暗示していたのかもしれない


予知夢だったんだ…



私はされるがままだった。

頭の中は驚くほど冷静に色んなことを思った。


実際はたった一瞬だったに違いない



私は、微笑みさえ浮かべていた


もうこれ以上落ちる(堕ちる)ことはないだろう…と






当時のパテオでの、私の傍若無人ぶりは

店の外にも伝わっていたらしい。


パテオのナンバーワンの杏ってヤバイらしい…


実際に私は、感情に任せては店の経営にまで口を挟み

ホステスやボーイの態度が気に入らないと

即刻クビにした。


パテオの中は私に刃向かう古株のホステスはいなくなり

新しい若いホステスが入れ替わり立ち代わりだった。



私はしたい放題の女王様気取りだったわけじゃない。


私は必死だった。


私を陥れた玲子を見返したかった。


もっともっとパテオを盛り上げたかった。


私は盲目だった。

良いと思ってしていることが裏目に出る。

いくら努力と権力を駆使しても知識と経験の浅さを

補うことができない。


自分自身の人気だって維持しなくてはならない。


2番手だったミユは私の指名数を超えてくる日も少なくなかった。


ミユに脅威を感じて出してから

私は彼女の表情や振る舞い1つ1つが癇に障った。



ボーイ達に密かに天使と呼ばれているミユ…


ライトに照らされるその顔が勝ち誇ったようにさえ見える。


なんて、綺麗な肌だろう…

なんという透明感と初々しさだろう…




私よりも3歳若いだけなのに


彼女の存在を側で感じるだけで

随分と自分が歳をとったように感じさせるのだ。


今なら、かつて私に醜い嫌味や嫌がらせを浴びせたお局ホステスへ

同情の憐れみすら感じることができる。



当時、自覚がなかったが

私は過食嘔吐症だった。


前は、店から戻るとすぐシャワーを浴びベッドに入ったのに

今は帰宅するなり買ってきたジャンクフードを手当たり次第

一気に食べ続ける。


食べている間は、不安も恐れも忘れることができた。

ずっとダイエットしてきた反動もあったかもしれない。


もう1人の私の嫌悪と軽蔑の眼差しを感じながら

私は食べ続けることをやめられなかった。


そして、全てを食べきると

タワーマンションの最上階から飛び降りたくなるほどの

後悔の念が押し寄せてくる。

私は慌ただしく、トイレに駆けていき

胃の中の全てを、まるで毒素を排出するかのように

吐き出すのだった。


その繰り返しだ。

まるで地獄にいるような気分だった。


吐き出す時はいつも決まって涙も溢れた


なんで…   なの?


私は、ナンバーワンになりたかっただけなのに…


やっとなれたはずなのに…


お金はいくらでもあるし、店ではみんなが私に従う


なのに…どうして?どうして、こんなに


満たされないの?




玲子に代わって私が指揮をとることで

少しずつパテオの人気に陰りが出ていることは

オーナーの川崎の知っていた。


もしかすると過食嘔吐のことも

バレていたのかもしれない…


彼の私への態度も次第に変わっていった。

いつしか、私は彼のマンションに足を運ぶことも少なくなった。



玲子がパテオを去って3カ月が過ぎた頃

月例会の夜、スタッフ達全員の前で

私は、理由は言わずショーの講師を代える旨を伝えた。


ショーの講師は私の考えにいちいち逆らうので

辞めさせて新しいスタイルのショーを作ろうと思っていた


その時、突然ミユが立ち上がり

「同意できません」と言った。


講師の演出がパテオの人気を支えて来たのに

なぜ代えるのか理解できないと言うのだ。


遠回しにショーのことに私がでしゃばるのを

否定しているように聞こえた。


「私の考えに従えないというなら、ここを辞めたら?」

私がそう言うと

驚いたことに、ミユは薄ら笑いを浮かべて言った。


「またですか…自分が気に入らないとすぐクビにする。

でも、いいんですか?私が辞めても?」


挑発的な眼差しは私を怯ませるには十分だった。


確かにミユはパテオの稼ぎ頭だ。

賢い経営者なら…玲子なら

絶対、彼女を辞めさせたりしないだろう。


総勢50人のスタッフの視線が私とミユに集中していた。


その時だった。

その日欠席すると言っていたはずの

川崎が進み出て姿を見せた。


「ミユの言う通りだ。講師の変更はナシだ。

杏、分かるな?これはこのパテオのオーナーである俺の命令だ」



川崎の顔は怒りが滲んでいた。

いつになく冷めた目だった。


私は何も言い返せなかった。



すでに知っていた。

川崎が私に呆れ、気持ちがなくなっていることに。



そして新女王としてミユに関心を持っていることに。


数日前、川崎の車からミユが降りてくるのを偶然見かけた。


私はたった3ヶ月で川崎から見限られたのだ。


あの玲子を20年もそばに置いたというのに

私はたった3ヶ月で…



この女はパテオを任せられる器じゃない


そういう烙印を私は皆の前で押されたのだ

オーナーである川崎本人に…



私は、その夜気丈に振る舞っていたが

心の中は焦りと不安しかなかった。


会いに行こう


川崎のマンションへ行こう

もう一度彼にチャンスをもらうのだ

ここまでくるのに、どれだけのものを犠牲にしてきたか考えるのだ

色目だってなんだって使って、どうにかしなければ


店が終わると私は急ぎ足で、通りへ出た。

タクシーを拾い彼のマンションに行こうと思った。


合鍵ならある。

こんな週末の夜、川崎が部屋にいるわけなかった。

でもいい、朝まで待とう。



通りへ出てタクシーを拾おうとしたが

金曜日の夜の繁華街近くの大通りを走るタクシーは

どれも空きはなかった。

ちょうど終電が過ぎたばかりだった。

   

私はいてもたってもいられず

その場を走り去った


向かった先は、駅の向こう側の小さな通りだ。

そこには小さな飲み屋があり

空きのタクシーが巡回していることが多かった。

密かに穴場だと知り、昔はよく終電に乗り遅れた夜

利用していたことがある。


ただそこへ行くには街灯の少ない細い路地や

地下道を通らねばならなかった。


一度、路地裏で酔っ払いに絡まれそうになったことが

あってから避けるようにしていたのを

その夜の私はすっかり忘れていた。



駅のこっち側は繁華街で賑わいネオンがギラついているのに

向こう側というと嘘のように静まり返っていた。

街灯のない暗い裏通りで、私のブーツのヒールを音だけが

暗闇の中、派手に響いている。



不審な足音に気がついたのは

路地の真ん中あたりだった。


ヒタヒタとその足音は私の足音にかぶせるかのように聞こえる。

嫌な予感がして、私は思わず速度を上げた。

その足音もそれに合わせて早くなる。

確信できた。

私は追われている。



走りながら

あ…これ、もしかして…

と思った。


似ている、すごく


この感覚

この風景


あの夢と同じだ


私には為すすべがなかった。

ただ逃げることだけ

あの手から逃れるだけ


あの黒い憎悪に満ちた手から…


私は無我夢中で走った。


こんな歩きにくいブーツでもこんなに

速く走れるんだっていうくらいの全力疾走をした。

途中でブーツの細いヒールが折れる感触がしたが

気にしている余裕すらなかった。


次の瞬間

恐れていたことが起きた

その手が私に触れてきたのだ


私は腕を取られた

私は声にならない悲鳴をあげた

必死でもがいた


その次は髪を鷲掴みにされた


やっと声が出たが

変な奇声を絞るように出しただけだ。



私は振りほどいては

捕まり、また振り解いた


細い路地の先には地下道があった。


引き返すこともできない一本道…




そしてその前には、地下道へと続く長い階段



私はこの後、わが身に起きる


恐ろしい出来事が予想できた。



読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

Yoshida Maiko

恋愛や婚活をテーマにコラムを書いています。またライターとしても活躍中。6年間の海外生活や教育学や心理学も学んだ経験から人生に携わる結婚観連の仕事をしています。 http://ameblo.jp/maichelle←よかったらアメブロものぞいてみて下さい、

Yoshida Maikoさんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

これから肺がんを生き抜いていく人たちのために(1)

「元素の勉強」に驚きと感動を!!熱狂と興奮を!!とある塾長の実録奮闘記

私が今死んでない理由

僕は車椅子に乗っている。ただ、それだけのこと。~幸せになるための〇〇~

最終話:11歳で母を自殺で亡くした若者が生きることを諦めなかった『からあげ』の話。

③『50歳のバツ2ママが、突撃アメリカで大富豪に直談判しビジネスチャンスを掴んでしまい・・そこからが本物試練の始まりだった件。』序章その3(再婚とオンライン空間)

②『50歳のバツ2ママが、突撃アメリカで大富豪に直談判しビジネスチャンスを掴んでしまい・・そこからが本物試練の始まりだった件。』序章その2(シングルから再婚へ)

①『50歳のバツ2ママが、突撃アメリカで大富豪に直談判しビジネスチャンスを掴んでしまい・・そこからが本物試練の始まりだった件。』序章その1(シングルになった経緯)

50歳のバツ2ママが、突撃アメリカで大富豪に直談判しビジネスチャンスを掴んでしまい・・そこからが本物試練の始まりだった件。そのゼロ回

殺したいほど憎かった酒乱の親父が言っていた「〇〇になるなよ」という言葉が生きる力になっている話

23歳、社会人1年目の僕が“うつ”で死にそうになり、8コ上の萌え声お姉さんの「そっか、あなたは○○をしたかったんだね」というたった一言に泣き崩れ、生きる活力をもらった話。

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話

就活生へ捧ぐ、ベンチャー企業に入ろうしていた私が大企業に入った理由

飲食業勤め最後の一年。

Yoshida Maiko

恋愛や婚活をテーマにコラムを書いています。またライターとしても活躍中。6年間の海外生活や教育学や心理学も学んだ経験から人生に携わる結婚観連の仕事をしています。 http://ameblo.jp/maichelle←よかったらアメブロものぞいてみて下さい、

Yoshida Maiko

恋愛や婚活をテーマにコラムを書いています。またライターとしても活躍中。6年間の海外生活や教育学や心理学も学んだ経験から人生に携わる結婚観連の仕事をしています。 http://ameblo.jp/maichelle←よかったらアメブロものぞいてみて下さい、

Yoshidaさんの他のストーリー

  • フツーの女子大生だった私の転落の始まりと波乱に満ちた半生の記録 第11話

  • Yoshidaさんの読んでよかったストーリー

  • ある日の飲み会 男同士