入社した日に外資金融出身の取締役の方から「君はあれだね、プロゴルファー猿に似てるね!」と褒められた話

このエントリーをはてなブックマークに追加
141
2004年に大学を卒業して、初めての社会人になりました。
その年の新卒入社は私一人だったのですが、前年の秋くらいから半年ほどバイトで働かせてもらっていたこともあり、それほど大きな新鮮さもない入社一日目でした。
役員の皆さんのデスクを順番に回って、よろしくお願いします、という挨拶をしてまわっていました。その中でファンドレイズを担当してた役員(外資金融機関でファンドマネージャーを長くやってらっしゃった)のところに行ったときに、
「君はあれだね、プロゴルファー猿に似てるね!」
と第一声で褒められました。
22年間生きてきて、自分ではなかなか気付けなかった一面を発見することができてとても衝撃でした。それ以来、似ている芸能人は?などの質問には「プロゴルファー猿です」と自信を持って答えるようにしています。
※ちなみにゴルフはしません。
読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

なんだか、もう、タイトルだけで思わず笑っちゃいました!^^;

タイトルで完結している気がします、、(笑)

タイトルおちなのは、間違いないです。

おい、なんだこれw

タイトルで笑ったはずなのにまた笑っちゃいました(笑)お会いしてみたいです。

和田 圭祐

IncubateFund Co-Founder,GeneralPartner http://storys.jp/wdks http://incubatefund.com

和田 圭祐さんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

借金を残して自死した父④

厳しいオトナの世界の話

4月から無職になる。「疲れた」という、とてもシンプルな選択肢。

餃子の歴史をきっかけに台湾できゃりーぱみゅぱみゅを全力で踊って超絶モテモテ!そしてフロリダディズニーのおねえさんとなった話。

耳が聞こえない田舎出身の女の子が大手企業の技術職を捨て、裏バイトを経て起業し、子連れ旅ブロガーになるまで~3:社会人時代~

借金を残して自死した父①

最終話:11歳で母を自殺で亡くした若者が生きることを諦めなかった『からあげ』の話。

【ニート道】借金300万抱えた私が上智大卒ニートになるまでの道のり【人生で大切なことって何?】

メンタルコントロールによって12kg痩せた記録 【part1】

ブラック会社の最高経営責任者になった あとかぎ

学年ビリ、偏差値30台の落ちこぼれが、大学を辞め、世界の名門ロンドン大学に留学、そして商社マンになる話

アメフトで首を骨折し、四肢麻痺になった青年がヘッドコーチとしてチームに復帰した話。パート1

母親の事が嫌いだったけれど、自分が親になって知ったたくさんのことと、これから親になるあなたへ

なぜ安定した生活を捨ててNPOをつくったのか

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

和田 圭祐

IncubateFund Co-Founder,GeneralPartner http://storys.jp/wdks http://incubatefund.com

和田 圭祐

IncubateFund Co-Founder,GeneralPartner http://storys.jp/wdks http://incubatefund.com

和田 圭祐さんの他のストーリー

  • サイバーエージェント入社

  • 和田 圭祐さんの読んでよかったストーリー

  • メジャーアーティストを辞めました。メジャーデビューから、インディーズデビューをもくろむ話。