入社した日に外資金融出身の取締役の方から「君はあれだね、プロゴルファー猿に似てるね!」と褒められた話

このエントリーをはてなブックマークに追加
144
2004年に大学を卒業して、初めての社会人になりました。
その年の新卒入社は私一人だったのですが、前年の秋くらいから半年ほどバイトで働かせてもらっていたこともあり、それほど大きな新鮮さもない入社一日目でした。
役員の皆さんのデスクを順番に回って、よろしくお願いします、という挨拶をしてまわっていました。その中でファンドレイズを担当してた役員(外資金融機関でファンドマネージャーを長くやってらっしゃった)のところに行ったときに、
「君はあれだね、プロゴルファー猿に似てるね!」
と第一声で褒められました。
22年間生きてきて、自分ではなかなか気付けなかった一面を発見することができてとても衝撃でした。それ以来、似ている芸能人は?などの質問には「プロゴルファー猿です」と自信を持って答えるようにしています。
※ちなみにゴルフはしません。
読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

なんだか、もう、タイトルだけで思わず笑っちゃいました!^^;

タイトルで完結している気がします、、(笑)

タイトルおちなのは、間違いないです。

おい、なんだこれw

タイトルで笑ったはずなのにまた笑っちゃいました(笑)お会いしてみたいです。

和田 圭祐

IncubateFund Co-Founder,GeneralPartner http://storys.jp/wdks http://incubatefund.com

和田 圭祐さんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

夢は、叶う。でも、自分の頭で想像しないと実現しない。

高校生の時、自分の未来が見えなかった。今は、毎日楽しく生きている話

第3話『原動力』 ⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

『 一度死んだ、あの日から。』 ~ 僕が、起業するまでの話 ~【第3回】

新卒で証券会社に入社して1年間で100件以上の新規開拓を達成し、3億円の資金を導入した話(17)

シンプルは豊かだな~としみじみ思う

過去世について

ヨーロッパでアクティブラーニングは死語!ケンブリッジCELTAが日本の英語教育を変える

【最終話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

ウソみたいなホントの話 ~『メッセージ』が教えてくれたもの~

【THE九州男児な父へ】45年勤続した会社の最終出社日を迎えた父に贈った娘のお手製『私の履歴書』

劇団四季で学んだプロフェッショナルとアマチュアのほんの僅かな違い~生き残る人・消える人~11のポイント

ニューヨーク生活でみた、ニュースの世界と日常生活の違い

断捨離が行き過ぎて家まで無くなった話。

『心の扉が開くとき』 ~二十年来の悩みに解決の光が!~ 悩みを聞き、それらの出来事の意味を紐解いて見せることで、一人の女性が劇的に変わってしまった話

和田 圭祐

IncubateFund Co-Founder,GeneralPartner http://storys.jp/wdks http://incubatefund.com

和田 圭祐

IncubateFund Co-Founder,GeneralPartner http://storys.jp/wdks http://incubatefund.com

和田 圭祐さんの他のストーリー

  • サイバーエージェント入社

  • 和田 圭祐さんの読んでよかったストーリー

  • 宮崎の片田舎で育った少年が、旅行事業で世界を目指しているたった1つの理由。