入社した日に外資金融出身の取締役の方から「君はあれだね、プロゴルファー猿に似てるね!」と褒められた話

このエントリーをはてなブックマークに追加
146
2004年に大学を卒業して、初めての社会人になりました。
その年の新卒入社は私一人だったのですが、前年の秋くらいから半年ほどバイトで働かせてもらっていたこともあり、それほど大きな新鮮さもない入社一日目でした。
役員の皆さんのデスクを順番に回って、よろしくお願いします、という挨拶をしてまわっていました。その中でファンドレイズを担当してた役員(外資金融機関でファンドマネージャーを長くやってらっしゃった)のところに行ったときに、
「君はあれだね、プロゴルファー猿に似てるね!」
と第一声で褒められました。
22年間生きてきて、自分ではなかなか気付けなかった一面を発見することができてとても衝撃でした。それ以来、似ている芸能人は?などの質問には「プロゴルファー猿です」と自信を持って答えるようにしています。
※ちなみにゴルフはしません。
読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

なんだか、もう、タイトルだけで思わず笑っちゃいました!^^;

タイトルで完結している気がします、、(笑)

タイトルおちなのは、間違いないです。

おい、なんだこれw

タイトルで笑ったはずなのにまた笑っちゃいました(笑)お会いしてみたいです。

和田 圭祐

IncubateFund Co-Founder,GeneralPartner http://storys.jp/wdks http://incubatefund.com

和田 圭祐さんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

うつ病患者、ビリギャル、会社創業者、みんなに愛されるサービスを目指して

愛情のない家庭で育った私が見た世界

私が今死んでない理由

【第1話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

【末期がんの父に贈った病院ウエディング】めげない心が起こした奇跡

ベビーカーが目障りだったという理由で1歳の赤ちゃんが老人に殴られるという事件

離婚は必ずしも子供にとってマイナスではない。離婚を考えている人へ、大人になった私が伝えられる「親の離婚を経験した子供の気持ち」

【第17話】『奇跡のおばちゃん』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜

癌が消える!?工場の話だとばかり思っていた「ザ・ゴール」の TOC(制約理論)をガン細胞のことに置き換えてみると、お金が節約できて元気になることが小学生でもわかるという話【前編】

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ1(発生事実・前編)

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話

5年でハイリスク妊娠、中絶、離婚、再婚、出産を経験した私が伝えたい4つの事・前篇

就活中、運命は必ずしも実らないことを知った。けれど、幸運の掴み方を1つ知れた。

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

出会って30秒ぐらいの人にプロポーズした話 【第1話】

和田 圭祐

IncubateFund Co-Founder,GeneralPartner http://storys.jp/wdks http://incubatefund.com

和田 圭祐

IncubateFund Co-Founder,GeneralPartner http://storys.jp/wdks http://incubatefund.com

和田 圭祐さんの他のストーリー

  • 笠井レオさん(Booklap)との出会い

  • 和田 圭祐さんの読んでよかったストーリー

  • ピクシブでの開発 - 金髪の神エンジニア、kamipoさんに開発の全てを教わった話