人生は時に不公平〜25〜

このエントリーをはてなブックマークに追加
8

ただ毎日ギターを弾いて不安を紛らわせていた。

一家離散後、生みの母親に甘え一緒に暮らす事になった。

母親は離婚して弟が1人居た、3人での生活が始まった。

この時、ずっと大切にしようと決めていた彼女の他に4人程、関係を持つ女性が居た。

最低だ。

その中の1人は12歳上の人妻だった、彼女は大阪で会う回数は少なかったが、何でも与えてくれた。

携帯、指輪、服、新幹線の切符、何でも買ってくれた。

本当に愛情飢えていた、親父のしてる事とまったく一緒だ。

最低だ。

1人なるのが怖くて怖くて何人もの人と関係を築いた。

家の近所で、ピザの宅配のバイトも始めた。

母親も何でも許してくれた、朝帰り、飲酒、喫煙

本当にこの時はやりたい放題だった。

そんな中でもバンドは辞めなかった、地元で地道に活動していた。

しかし、メンバーが就職や進学を期に辞めていく。

バンドを続けていくうちに全国的に活動している先輩と出会う。

凄く可愛がってくれて、色々な話しを聞かせてくれた。

まだギターが弾きたい。このまま終わりたくない。

そして、半年が過ぎ18になって車の免許を取らせて貰い、甘ったれた生活に思わず形で幕を閉じた。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

根本 竜助

世の中不公平だと思いながらも生きてきた人のお話。

根本 竜助さんが次に書こうと思っていること

|

根本 竜助

世の中不公平だと思いながらも生きてきた人のお話。

根本 竜助

世の中不公平だと思いながらも生きてきた人のお話。

根本 竜助さんの他のストーリー

  • 人生は時に不公平〜7〜