めんへらおとこ その44

このエントリーをはてなブックマークに追加
3

平均年齢86歳の高齢者が100人以上も毎日同じ場所で生活している訳ですから、何も起きないわけはありません。毎日必ず何かが起きます。たとえば急に具合が悪くなって病院に搬送しなければいけない。その運転手役は事務の人間がやるわけです。病状によっては利用者様の命に関わるので搬送依頼が看護部から来れば今やっている仕事を中断して、すぐ運転手として病院へ搬送するわけです。細かい事務ワークをしているときなどは搬送から戻ってきて再度自分の机に向かったときに(あれ、今までどこまでやっていたんだっけ?)と今までやっていた作業を忘れ、最初からやり直しということも頻繁にあります。仕事は中断するものという前提で進めていくことが肝要です。といより運転業務も事務の仕事の一部になっています。

 

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

Tadao Kawashima

inbound tourism→social welfare walking/writing/cafe/music/ boat watching/kichijoji/toda

Tadao Kawashimaさんが次に書こうと思っていること

|

Tadao Kawashima

inbound tourism→social welfare walking/writing/cafe/music/ boat watching/kichijoji/toda

Tadao Kawashima

inbound tourism→social welfare walking/writing/cafe/music/ boat watching/kichijoji/toda

Tadaoさんの他のストーリー

  • めんへらおとこ その9

  • Tadaoさんの読んでよかったストーリー

  • あなたの人生は誰のもの?(2)~病気になってごめんなさい~