ただ、私を好きになりたかった⑤

このエントリーをはてなブックマークに追加
3

たった今、あなたの願いはかなってますか?


あなただったらどう答えるだろう。

私は、「はい」と一言、答えるだろう。


願いとは何だろう。

願った時点で、かなっていないということになる。


私は、

安心が欲しかった。

愛されたかった。

そう、願っている時点でかなってないものなのだ。


父はDVだったし、

母は父を恨んでいた。


だから、

安心できる場所が欲しかったし、愛されたかった。

私は、両親の姿から世界を学び、

そのための努力をする必要性をいつも胸に抱え、願っていた。


その時点で願いはかなっているのだ。

願い続けるという願い。

努力と必要性を胸に抱え続ける生活。


私にとってのリアルは

DVであり、恨む姿であり、

私の欲しい安心を想像することもできなかった。

私には次々と問題が起こり続けた。

人とのトラブル、経済的トラブル、

相変わらずドラマティックな人生を歩んでいる。


ともすると、

過去の経験は

それ以上にはなるまいという

安心の世界になっていて、

それを新しい今の中で

選び続けていたのかもしれない。


叶っているのだ。

父と母の関係性から私が学んだリアルを

経験し続けている。


そして、

そのリアルも徐々にシフトしていく。

表現し続けることで、

人と出会い、

物事と出会い、

必然的にシフトしていくのだ。


人や物事との出会いも、また、

安心や愛とは程遠いものだったかもしれない。

トラブルに感じたかもしれない。

でも大丈夫。

あなたはそこから安心も愛も見つけられる。

その度にシフトする私の心地よさを見つけられる。


私はそんな人生を体現している。

そして、そんな人生を体現する

私が好きなのだ。

そう感じる時、この世のあらゆることより至福を感じる。


そう、私の本当の願いは

私を好きになることだった。

それに気がついた今、

私を好きであるための事実で溢れている。

どんな出来事からも安心を愛を見出せる。

そんな私が大好きなんだ。



読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

うつ病患者、ビリギャル、会社創業者、みんなに愛されるサービスを目指して

愛情のない家庭で育った私が見た世界

私が今死んでない理由

【第1話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

【末期がんの父に贈った病院ウエディング】めげない心が起こした奇跡

ベビーカーが目障りだったという理由で1歳の赤ちゃんが老人に殴られるという事件

離婚は必ずしも子供にとってマイナスではない。離婚を考えている人へ、大人になった私が伝えられる「親の離婚を経験した子供の気持ち」

【第17話】『奇跡のおばちゃん』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜

癌が消える!?工場の話だとばかり思っていた「ザ・ゴール」の TOC(制約理論)をガン細胞のことに置き換えてみると、お金が節約できて元気になることが小学生でもわかるという話【前編】

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ1(発生事実・前編)

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話

5年でハイリスク妊娠、中絶、離婚、再婚、出産を経験した私が伝えたい4つの事・前篇

就活中、運命は必ずしも実らないことを知った。けれど、幸運の掴み方を1つ知れた。

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

出会って30秒ぐらいの人にプロポーズした話 【第1話】

山崎 一美さんの他のストーリー

  • ただ、私を好きになりたかった