ただ、私を好きになりたかった⑤

このエントリーをはてなブックマークに追加
3

たった今、あなたの願いはかなってますか?


あなただったらどう答えるだろう。

私は、「はい」と一言、答えるだろう。


願いとは何だろう。

願った時点で、かなっていないということになる。


私は、

安心が欲しかった。

愛されたかった。

そう、願っている時点でかなってないものなのだ。


父はDVだったし、

母は父を恨んでいた。


だから、

安心できる場所が欲しかったし、愛されたかった。

私は、両親の姿から世界を学び、

そのための努力をする必要性をいつも胸に抱え、願っていた。


その時点で願いはかなっているのだ。

願い続けるという願い。

努力と必要性を胸に抱え続ける生活。


私にとってのリアルは

DVであり、恨む姿であり、

私の欲しい安心を想像することもできなかった。

私には次々と問題が起こり続けた。

人とのトラブル、経済的トラブル、

相変わらずドラマティックな人生を歩んでいる。


ともすると、

過去の経験は

それ以上にはなるまいという

安心の世界になっていて、

それを新しい今の中で

選び続けていたのかもしれない。


叶っているのだ。

父と母の関係性から私が学んだリアルを

経験し続けている。


そして、

そのリアルも徐々にシフトしていく。

表現し続けることで、

人と出会い、

物事と出会い、

必然的にシフトしていくのだ。


人や物事との出会いも、また、

安心や愛とは程遠いものだったかもしれない。

トラブルに感じたかもしれない。

でも大丈夫。

あなたはそこから安心も愛も見つけられる。

その度にシフトする私の心地よさを見つけられる。


私はそんな人生を体現している。

そして、そんな人生を体現する

私が好きなのだ。

そう感じる時、この世のあらゆることより至福を感じる。


そう、私の本当の願いは

私を好きになることだった。

それに気がついた今、

私を好きであるための事実で溢れている。

どんな出来事からも安心を愛を見出せる。

そんな私が大好きなんだ。



読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

夢は、叶う。でも、自分の頭で想像しないと実現しない。

高校生の時、自分の未来が見えなかった。今は、毎日楽しく生きている話

第3話『原動力』 ⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

『 一度死んだ、あの日から。』 ~ 僕が、起業するまでの話 ~【第3回】

新卒で証券会社に入社して1年間で100件以上の新規開拓を達成し、3億円の資金を導入した話(17)

シンプルは豊かだな~としみじみ思う

過去世について

ヨーロッパでアクティブラーニングは死語!ケンブリッジCELTAが日本の英語教育を変える

【最終話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

ウソみたいなホントの話 ~『メッセージ』が教えてくれたもの~

【THE九州男児な父へ】45年勤続した会社の最終出社日を迎えた父に贈った娘のお手製『私の履歴書』

劇団四季で学んだプロフェッショナルとアマチュアのほんの僅かな違い~生き残る人・消える人~11のポイント

ニューヨーク生活でみた、ニュースの世界と日常生活の違い

断捨離が行き過ぎて家まで無くなった話。

『心の扉が開くとき』 ~二十年来の悩みに解決の光が!~ 悩みを聞き、それらの出来事の意味を紐解いて見せることで、一人の女性が劇的に変わってしまった話

山崎 一美さんの他のストーリー

  • ただ、私を好きになりたかった