若手トレーナーと、とある女性コンサルの話。③

このエントリーをはてなブックマークに追加
6

先述したように、最初に僕がお願いしたコンサルは残念な形に終わった。

記事はコチラ↓↓

http://storys.jp/story/26906

田舎から上京し、新卒でフィットネス関連のベンチャーに入社した僕は、勤務の日は深夜までバリバリ働き、休みの日は都会に繰り出し、バシバシ人に会い、自己満人脈作りに勤しんでいた。

いろんな人に会い、刺激を受ける自分に酔っていたんだろう。

田舎もん、上京あるあるの1つだろう。


その中で起業している人には必ず会う。

それが同世代だったり、年下だったりすると、なぜか自分が起業できそうな気がしたり、起業したくなってしまうものだ。

若さって怖い。

具体的なプランもないのに口に出し始める。

そしてまた「起業したい」自分に酔うのだ。

そんな事を口に出し始めるといろんな人が寄ってくる。

甘い文句と一緒に。

MLM(ネットワークビジネス)の方にもたくさん声をかけて頂き、セミナー的なものにも参加。

僕もその業界を知らなかったので色々と調べてみたりして。

気づいたらだいぶ詳しくなっていたりして。

この手の方々に誘われるのも、上京あるあるの1つだろう。


色々な人に会い、いろんな考えを聞くと自分のやりたい事がブレてくる。

「これで本当に良いのだろうか?」

「あの人みたいになりたい!」

その繰り返しで、自分が何がしたいのか、誰を信じたら良いのかわからなくなってくる。


そういう時は2つの方法をオススメする。

・とにかく自分の心に素直になる事

・絶対的な人の意見を聞く


若かったり、経験がなければ、外野からの意見の良し悪しを判断する判断力もない。

であれば考えすぎず、自分の心に素直になる。

そして、昔から自分の事を知っている人、何かあったら相談する人の話を聞こう。


そうすればとんでもなく道を外したりする事はないだろう。

と、今だから言えるのだが・・・w




読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

岡崎 秀哉

2012年独立後、フィットネスを軸にモデル、イベント事業を展開、その後「RIZAP」にて教育、プログラム開発を担当、「FiNC」アドバイザーを経て、現在は都内でパーソナルトレーニングジム(直営2店舗、FC2店舗)を営んでます。幅広い人脈と視野が持ち味。

岡崎 秀哉さんが次に書こうと思っていること

|

岡崎 秀哉

2012年独立後、フィットネスを軸にモデル、イベント事業を展開、その後「RIZAP」にて教育、プログラム開発を担当、「FiNC」アドバイザーを経て、現在は都内でパーソナルトレーニングジム(直営2店舗、FC2店舗)を営んでます。幅広い人脈と視野が持ち味。

岡崎 秀哉

2012年独立後、フィットネスを軸にモデル、イベント事業を展開、その後「RIZAP」にて教育、プログラム開発を担当、「FiNC」アドバイザーを経て、現在は都内でパーソナルトレーニングジム(直営2店舗、FC2店舗)を営んでます。幅広い人脈と視野が持ち味。

岡崎 秀哉さんの他のストーリー

  • Sharez History① パーソナルトレーナーチーム「Sharez」立ち上げ。