めんへらおとこ その45

このエントリーをはてなブックマークに追加
3

ほぼ毎日、朝、晩、高齢者の送迎運転をしている。かれこれ7年近くになる。総務業務と兼任の仕事である。送迎者の車窓から眺める風景は毎日見慣れたものだが季節によって、微妙に違って見えるから面白い。銀杏並木を突き抜ける道は晩秋が最も美しい。黄色く色づいたイチョウの葉が太陽の光を浴びて黄金色に輝いているように見える。夏場にこの道を通るとイチョウは普通の緑の木々と何ら変わらない。よく通る公園の側道から公園に植わっている梅ノ木があるのだが

この道は2月の下旬から3月の初めに通るのが一番良い。桜の季節にはまだ早いが、白く咲き誇っている梅の花もまた美しい。そして3月下旬から4月の初めにかけては満開に咲き誇った桜並木の道を通り抜けるのが楽しい。少子高齢化社会を反映してか、古い団地が取り壊された跡地には保育園や介護老人施設を建設中である。この先、このような風景をもっともっと見ていくのだろう。そんなことを思いながら今日もハンドルを握る。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

Tadao Kawashima

inbound tourism→social welfare walking/writing/cafe/music/ boat watching/kichijoji/toda

Tadao Kawashimaさんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

チアリーディング。それは、誰かに元気と勇気と笑顔を与えるもの。つまり、誰かを思いやること。それは、世界平和に繋がると信じて。

夢は、叶う。でも、自分の頭で想像しないと実現しない。

新卒で証券会社に入社して1年間で100件以上の新規開拓を達成し、3億円の資金を導入した話(17)

1億円持って生まれてきた「奇跡の女の子」のお話【大島享】

ウソみたいなホントの話 ~『メッセージ』が教えてくれたもの~

【THE九州男児な父へ】45年勤続した会社の最終出社日を迎えた父に贈った娘のお手製『私の履歴書』

劇団四季で学んだプロフェッショナルとアマチュアのほんの僅かな違い~生き残る人・消える人~11のポイント

ニューヨーク生活でみた、ニュースの世界と日常生活の違い

まとめ:今回の体験で分かった人生を変える3つのからくり|「死にたい」と二度思うときから本来の自分を思い出す物語

『心の扉が開くとき』 ~二十年来の悩みに解決の光が!~ 悩みを聞き、それらの出来事の意味を紐解いて見せることで、一人の女性が劇的に変わってしまった話

10ヶ所転移の大腸癌から6年半経っても元気でいるワケ(19)

大企業で働く元高校球児の営業マンがうつ病となり、初めて訪れた甲子園で元気をもらった話。

【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」

吃音に苦しむ、若いK君の未来のために。「恐怖突入」というキーワード。

12年半のサラリーマン人生から起業してみて

Tadao Kawashima

inbound tourism→social welfare walking/writing/cafe/music/ boat watching/kichijoji/toda

Tadao Kawashima

inbound tourism→social welfare walking/writing/cafe/music/ boat watching/kichijoji/toda

Tadaoさんの他のストーリー

  • めんへらおとこ その2

  • Tadaoさんの読んでよかったストーリー

  • ブラック会社の最高経営責任者になった。9回目