【死にたがりだった10年前の愛しい私へ】新しいこころ回復方法で元引きこもりが治療家になるまでの生きる練習帳:プロローグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加
6

─これはきっと、

 10年前のもがき苦しんだ自分への

 ラブレターになるんだと思う。


***

日本最南端の島、波照間島。

そこには絶世の蒼色が空と海を溶かすように広がり、真っ白い美しい砂浜が続くニシ浜がある。

そこから徒歩5分の民宿に滞在していた私は、晴れてきた天気を見てシュノーケルだけ持って浜まで歩く。

朝一はお天気がイマイチだったけど、太陽が出てきて浜からの蒼の輝きが増した景色に嬉しくなって、スニーカーのまま海に足をつける。


浜の白は命を終えたサンゴの美しい白色。

泳げる深さになるまではゴツゴツしたサンゴを超えないといけない遠浅の海で、できるだけサンゴを踏まないように避けて進むけれど、それでも素足やシュノーケルのフィンで歩くのには痛いからスニーカーのまま浅瀬を進む。

海の蒼の色が変わる直前まで歩いて来た私は、ゴーグルをつけシュノーケルを咥えたら、そのまま全身を海に沈める。


目の前には大好きな水族館をそのまま持ってきたような景色。

キラキラした光がゆらめく蒼の世界の中に、色とりどりの魚たち。

大好きなルリスズメダイの群れを夢中で眺めてると、いつの間にかウミガメが近くにいて、しばらく一緒に泳ぐ。

水の浮力の中で体は軽くて、皮膚に感じられる水温も心地良くて、視界は宝石箱のようで。


『ああ、

 あの六畳の部屋を出て良かった。』

引きこもってネットをするか自己嫌悪で自分を傷付けるかだけだったあの自分の六畳の部屋の中だけでは、絶対に感じられなかった感動。


しばらく人懐っこいウミガメと遊んでから、喉が渇いたので浜に戻る。

蒼は色を変えてきていて綺麗なグラデーションが始まる気配。

水を飲んだままぼんやりと、刻々と変化する空の色を眺めながら波音に耳を傾ける。

重力の世界に戻って感じる体の重たさも、心地良く感じるほど穏やかな世界。


目の前に広がる夕焼けを見ながら、外の世界が強くて出られなかった自分の部屋から見た10年前の自分の感覚がふとよみがえる。

引きこもりだったときは世界と自分を呪うのに忙しくて、こんな美しい世界を体験できるなんて思いもしなかった。

でも今、目の前に確実に広がっている。



ねぇ10年前の愛しい私。

感じていたことをちゃんと覚えてるよ。

苦しくてたまらないよね、死を願ってやまないほど辛いよね。

精神科の主治医にもっと楽になるお薬はないのかと聞いても「これ以上強い薬はないし、今の薬をこれ以上は増やせない」と言われるぐらい限界値の処方薬を飲んでも、生きることの苦しさや辛さは全く薄まらなくて、その苦痛から逃げたくて何度も何度も死のうとした私だった。

だけどその10年後にはこんなにも美しい世界を体験する。



ねぇ10年前の愛しい私。

その絶望しかないような世界から抜けようともがいて、血反吐吐くような苦しみを味わうけど、それでも傷を増やしながら進むことをあなたはやめない。

沢山失敗もするけど、その中から少しずつ少しずつ生き方を覚えていって下手なりに居場所を見つけていくよ。

そして共感してくれる人や応援してくれる人たちの中で、生きる練習を重ねながら上がっていったあなただけの経験を不器用なりに活かしていくから。

あなたがそこで感じている苦しみや悲しみはひとつも無駄にならずに、その経験全てこそが人の役に立つようになる。


だからもっと、大いに苦しんで。

辛いから生きることから逃げたいだろうけど、苦しみ抜いたらそれだけ早く、その絶望から抜けられるから。


読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

松田 知枝さんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

私が「ストーリーカウンセリング」を立ち上げるまで 【あなたの人生も必ず何かに導かれている】

これから肺がんを生き抜いていく人たちのために(2)

ソフトバンクの孫社長に個別コンサルしてもらったら。気がついたら起業してた話。

【2001年】孫さんとの思い出(YahooBB立ち上げ) 長編

医療事務でのイジメで人間をやめようと思った日の記憶

「安定していけば、生涯年収2億円」僕は大学を辞めることを決めた。

〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜【第一話】『うつ病になった日…』

第14話 1本の木と奇妙な夜 【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

断捨離が行き過ぎて家まで無くなった話。

無職だった当時の僕に、無理やり、彼女が七夕の短冊を書かせた結果、1年後、あまりに信じられないことが起きた〜あの七夕が僕に、なりたい姿の描き方を教えてくれた。そして、人生の快進撃が始まった話〜

〜出逢い前夜〜僕がひとりの女性と出逢い、それまでのドン底から、経営者になって代官山に住むまでの話。

共感覚から見た「 不安 」と「 希望 」の色

【地球の裏側で元ホストと旅をして学んだ魔法の言葉】

世界196ヶ国60万人の中から、日本人唯一25人の中に選ばれた時の話

典型的なコミュ障理系院生だった自分が某大手お菓子メーカーの飛び込み営業チームのリーダーとしてなんとか一年間務め上げた話 その①

松田 知枝さんの他のストーリー

  • 【死にたがりだった10年前の愛しい私へ】新しいこころ回復方法で元引きこもりが治療家になるまでの生きる練習帳:プロローグ: