明日が来てしまう

このエントリーをはてなブックマークに追加
3

繰り返し繰り返し、明日が来てしまう。

体がうまく動かないまま、もうすぐ30歳になる。

こんな表現をすれば、いかにも私が生きるに困難な病や障害を抱えているかと思われるかもしれない。

私は、素晴らしく健康な身体を持っている。

少し運動が苦手なくらいで、力もあり、柔軟が得意だ。多少の病は人より治るのが早い。

私は、適度に強かな精神も持っている。

両親から打たれて育ち、社会に出てからも挫折の繰り返しだったが、しぶとく耐え、何とか人並みにまで這い上がった。今ではのうのうと、仕事をこなしている。

けれど、私の体はずっと上手く動かない。

幼い頃から、今までずっとだ。

違和感に抱え込まれたように、起きているだけでひどく疲労した。家族を含め、他人と接することが苦痛だった。放っておけば何日も眠り、微睡んでは眠りすぎたと自責して、また眠る。

それで、学生のころはあまり思い出がない。

社会に出て、普通の人間のふりをした。

とても不安だったが、必要に迫られれば案外と上手くいったのだ。私はただの怠け者だった! 私だって人並みの生活が送れる、と、ちぐはぐな満足感を噛み締めた。

もうすぐ30歳になる。

ようやく気付いたが、私は一向に上手くできていなかった。

人との関わりを深く持つ事なく、当たり障りなく生きてきたが為に、この人間社会での立ち位置がわからない。

人に寄り添おうとしてみたが、隣に並ぶまでも到達しない。繰り返しても、失敗するばかり。

このところ、迷子のような心持ちになっている。考えても答えは無くて、行き詰まっている。バッドエンドに向かっているようだ。

私はずっと、家族が欲しいのに。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

私が「ストーリーカウンセリング」を立ち上げるまで 【あなたの人生も必ず何かに導かれている】

これから肺がんを生き抜いていく人たちのために(2)

ソフトバンクの孫社長に個別コンサルしてもらったら。気がついたら起業してた話。

【2001年】孫さんとの思い出(YahooBB立ち上げ) 長編

医療事務でのイジメで人間をやめようと思った日の記憶

「安定していけば、生涯年収2億円」僕は大学を辞めることを決めた。

〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜【第一話】『うつ病になった日…』

第14話 1本の木と奇妙な夜 【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

断捨離が行き過ぎて家まで無くなった話。

無職だった当時の僕に、無理やり、彼女が七夕の短冊を書かせた結果、1年後、あまりに信じられないことが起きた〜あの七夕が僕に、なりたい姿の描き方を教えてくれた。そして、人生の快進撃が始まった話〜

〜出逢い前夜〜僕がひとりの女性と出逢い、それまでのドン底から、経営者になって代官山に住むまでの話。

共感覚から見た「 不安 」と「 希望 」の色

【地球の裏側で元ホストと旅をして学んだ魔法の言葉】

世界196ヶ国60万人の中から、日本人唯一25人の中に選ばれた時の話

典型的なコミュ障理系院生だった自分が某大手お菓子メーカーの飛び込み営業チームのリーダーとしてなんとか一年間務め上げた話 その①

三原 マホリさんの他のストーリー

  • 明日が来てしまう