38歳中卒の女が一部上場企業にまで務めあげ不動産会社を開業決意するまでの話。

このストーリーは稲山 洋子さんが書いている途中です。
「詳しく聞きたい!」を押しておくと
このストーリーが書かれたときにお知らせが届きます!

詳しく聞きたい!

このストーリーを聞きたい人:

  • 稲山 洋子
このエントリーをはてなブックマークに追加

他人から同情されるような経験は自身にとっては糧になっていたり、経験した分、人の痛みや気持ちがわかるので営業に入っても成果が出るのでしょうか。
行水は経験しないとわからないですよね、ホースが固定できなくて難儀してました(笑)

貴重なストーリーをありがとうございました。ぜひ続編を読ませてください。

izumi さま コメント感想ありがとうございます。行水の経験がおありなのですね!あれは本当に朝から目が冴えるの一言です。
とにかく、なんでも一生懸命やれば何とかなるですね!

松本さま。コメント感想ありがとうございます。現在テナント契約にむけて動いております。
会社の登記が終わり開業次第、夏までには続編をおこないますので、ぜひよろしくお願いします!

不動産屋は、一期一会のご縁からなりたちます。ストーリーだらけの仕事ですので、がんばります

そうですね。一度きりの人生です。お互いにやりたい事をやりましょう。これからも、多くのお客さんと物件のご縁を繋いでください。

hamanakaさま コメント感想ありがとうございます。今までも考える前に、まずは行動して突き進んだ結果だと思います。これからもご縁を繋げれるように一生懸命にがんばります

稲山 洋子さんが次に書こうと思っていること

|

稲山 洋子さんの読んでよかったストーリー

  • 【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」