耳が聞こえない田舎出身の女の子が大手企業の技術職を捨て、裏バイトを経て起業し、子連れ旅ブロガーになるまで~2:大学時代~

耳が聞こえない田舎出身の女の子が大手企業の技術職を捨て、裏バイトを経て起業し、子連れ旅ブロガーになるまで~2:大学時代~
▼他7件のストーリー
このエントリーをはてなブックマークに追加
21

高校を卒業後


大学進学のために親元を離れた


よくホームシックになる


と聞いていたが


わたしは新生活へのワクワクでいっぱいで


また手話を学ぶということでいっぱいで


ホームシックを考える余裕もありませんでした


周りが手話でぺらぺらと会話している中で


手話がまったくわからない初心者のわたしは目をパチクリするばかりでした



大学では寮が備えられていたので


学生のほとんどが寮生でした


隣の人と仲良くなったわたしは



毎日隣の友人を相手に


指文字の練習をしていました



講義もほとんど手話でのやり取りだったので

(教授もみんな手話ができるのです)


毎日毎日必至で手話に食らいついて



1ヶ月後にはほとんど手話で話せるようになっていました(笑)



今ではぺらぺらです



大学では


パソコンを勉強したかったので


電子工学を専攻していました


4年制で学ぶ内容を3年制にギュッと詰めたので


2年のときは地獄でした(笑)



毎日実験で終わるまで帰れないので

夜遅くまでやって


帰ってもレポートを仕上げないといけないのです


朝の2時までやって遅くても必ず2時には寝て

次の日の朝起きてまたやる


という生活を1年続けました



何度ボイコットを考えたことか・・・(笑)



無事留年することなく進級が決まり



3週間のニュージーランド旅行へ出発しました



ニュージーランドでは現地の耳が聞こえない友人たちにホームスティをさせてもらいながら

バスで各地を回って観光やアクティビティなど体験をしました



思えばわたしの旅行好きはこのときに始まったのです


異文化との交流が楽しくて


もっともっと世界を見たい


と思い始めたのです



無事3年に進級して



今度は卒研が始まりました



また夜遅くまで卒研の日々・・・(笑)



わたしのテーマは


ロボットを動かせるように分解しで組み立てて

動かすためのプログラミングを入れて指文字を表示させる


というものでした


ここで使われたお骨さん


ドイツからより寄せた100万円!!という高級モノでした・・・(笑)



これがなかなか難易度の高いもので


色々試行錯誤して


毎晩夜中まで教授とふたり頭を悩ませたものです

(教授も初経験だったのです)



卒研発表ギリギリまで仕上げ


なんとか卒業をもぎ取り



その後すぐにわたしは手術・入院



3歳のときに祖母が運んでいた味噌汁を被り

左胸から腕にかけてケロイド状の火傷を負っていました


その箇所は皮膚が伸びないのです


なのでもし子供を出産したときや将来を見据えての治療をしたのです



右腹の皮膚を一部胸に移植

脇のところを切って可動域が拡がるようにつなぎ合わせる



といった手術を受けました



執刀は

なんと世界仰天ニュースで風船おばさん(?)の状態を診察した教授さん



その分野ではすごい人だったのです


手術は無事終わり



1ヶ月のほとんどをベッドで過ごし



傷がまだふさがっていない内に入社式に合わせて

会社の寮に向かったのです



今思えば無謀(笑)


1ヶ月もベッドで過ごしていたので

筋肉も体力もない


歩くのもやっとな上に傷口もまだふさがっていないのである・・・



ほとんど気力でした(笑)



それから1年は月1回通院していました



当時は辛かったですが


このおかげで出産育児も問題なく過ごせたのです





読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

知花 薫

子連れで世界を楽しむ 耳が聞こえないママ★薫です わたしの人生を面白いと言ってくれたある人からの一言で書いてみました わたしにしか出来ないことを思う存分やっていきますので、 応援よろしくお願いいたします。

知花 薫さんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

違和感を感じたら、さっさと居場所を変えましょう

逆境の中でも夢を諦めたくない女性へ

15年間以上悩んだ自律神経失調症を1日で克服させてくれた父からの大切なプレゼント

ワイルドな顧問と出会い、バスケ部の男子マネージャーになった話。

カースト制度とその内側

【社会人編①】夢破れ、社会人に…でもいきなり挫折からスタート

★9★シングルマザーが子供二人を連れてイギリスに母子留学。 心の洗濯して帰国したら、グローバル企業正社員への道が待っていた話。【夜中に洗濯機が走るこわーいお話】

19歳でフランス外人部隊に入隊。22歳で戦場に行った話。その1(入隊)

【THE九州男児な父へ】45年勤続した会社の最終出社日を迎えた父に贈った娘のお手製『私の履歴書』

★2★シングルマザーが子供二人を連れてイギリスに母子留学。 心の洗濯して帰国したら、グローバル企業正社員への道が待っていた話。【ビザ!ビザ!ビザ!】

★0★シングルマザーが子供二人を連れてイギリスに母子留学。 心の洗濯して帰国したら、グローバル企業正社員への道が待っていた話。【プロローグ】

「お腹の子は、無脳児でした。」~葛藤と感動に包まれた5日間の記録~

【メンバー募集】「そういうわけで、僕たちはバスケットボールを始めることにした」

中度難聴だと知って変わったこと

子育てを通して感じる保育・教育

知花 薫

子連れで世界を楽しむ 耳が聞こえないママ★薫です わたしの人生を面白いと言ってくれたある人からの一言で書いてみました わたしにしか出来ないことを思う存分やっていきますので、 応援よろしくお願いいたします。

知花 薫

子連れで世界を楽しむ 耳が聞こえないママ★薫です わたしの人生を面白いと言ってくれたある人からの一言で書いてみました わたしにしか出来ないことを思う存分やっていきますので、 応援よろしくお願いいたします。

知花 薫さんの他のストーリー

  • 耳が聞こえない田舎出身の女の子が大手企業の技術職を捨て、裏バイトを経て起業し、子連れ旅ブロガーになるまで~3:社会人時代~

  • 知花 薫さんの読んでよかったストーリー

  • 偏差値が低すぎて全科目偏差値測定不能だった子を都内お嬢様中学に合格させた塾講師のたった1つの言葉。