『生きて。』今、地球上で生きているみんなへ!小児科ナースが世界中で見つけた”いのち”の輝き。【15年間の涙を越えて】

このストーリーは平 茉莉子さんが書いている途中です。
「詳しく聞きたい!」を押しておくと
このストーリーが書かれたときにお知らせが届きます!

詳しく聞きたい!

このストーリーを聞きたい人:

  • 牧野 匠悟
このエントリーをはてなブックマークに追加

平 茉莉子

1987年生まれ。大学病院の小児科病棟で看護師として勤務後、天国に行った子ども達と一緒に思いっきり生きる旅に出た。全てワクワクで選び続けた1年3か月の世界旅、”命ってなんだろう?生きるってどういうことだろう?”、各国で見つけた宝物はまるで、天国からのメッセージだった。

平 茉莉子さんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

「大学を良くしよう」としたら殺されかけた体験談 -学習院大学での実話-

最愛のビッチな妻が死んだ 第11章

最愛のビッチな妻が死んだ 第10章

【画像あり:アラフォー女の汚部屋脱出3か月】「汚部屋」が「お部屋」に戻るまで

1億円持って生まれてきた「奇跡の女の子」のお話【大島享】

バツイチ子持ちのシングルマザーだった私が、たったの1ヶ月で憧れていた独身男性から逆プロポーズを獲得した話

【やべぇ。これが本当のニューハーフかよ】#1.奪われた未来

癌が消える!?工場の話だとばかり思っていた「ザ・ゴール」の TOC(制約理論)をガン細胞のことに置き換えてみると、お金が節約できて元気になることが小学生でもわかるという話【前編】

【色覚異常の話】周りの人達には、どうやら虹が虹色に見えるらしい。

ずっと英語が嫌いだった僕が英語を話せる様になった3つの事。

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話

うつ病と診断されて。

なぜ「ニューヨーク=自由」「日本=窮屈」なのか

就職嫌いのITエンジニアが、2度目の独立で成功できた理由とは?

今は、帰国子女枠で日本の大学進学決定。高校時代は、言葉がさっぱりわからない国で靴を食べていた。

平 茉莉子

1987年生まれ。大学病院の小児科病棟で看護師として勤務後、天国に行った子ども達と一緒に思いっきり生きる旅に出た。全てワクワクで選び続けた1年3か月の世界旅、”命ってなんだろう?生きるってどういうことだろう?”、各国で見つけた宝物はまるで、天国からのメッセージだった。

平 茉莉子

1987年生まれ。大学病院の小児科病棟で看護師として勤務後、天国に行った子ども達と一緒に思いっきり生きる旅に出た。全てワクワクで選び続けた1年3か月の世界旅、”命ってなんだろう?生きるってどういうことだろう?”、各国で見つけた宝物はまるで、天国からのメッセージだった。

平 茉莉子さんの他のストーリー

  • 第2話 病棟に隠された真実【小児科ナースが天国に行った子どもたちと地球2周半、涙の奥に見えたとんでもなく輝く世界*】

  • 平 茉莉子さんの読んでよかったストーリー

  • ある小さな女の子の生きた姿