『生きて。』今、地球上で生きているみんなへ!小児科ナースが世界中で見つけた”いのち”の輝き。【15年間の涙を越えて】

このストーリーは平 茉莉子さんが書いている途中です。
「詳しく聞きたい!」を押しておくと
このストーリーが書かれたときにお知らせが届きます!

詳しく聞きたい!

このストーリーを聞きたい人:

  • 牧野 匠悟
このエントリーをはてなブックマークに追加

平 茉莉子

1987年生まれ。大学病院の小児科病棟で看護師として勤務後、天国に行った子ども達と一緒に思いっきり生きる旅に出た。全てワクワクで選び続けた1年3か月の世界旅、”命ってなんだろう?生きるってどういうことだろう?”、各国で見つけた宝物はまるで、天国からのメッセージだった。

平 茉莉子さんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

これから肺がんを生き抜いていく人たちのために(7)

「元素の勉強」に驚きと感動を!!熱狂と興奮を!!とある塾長の実録奮闘記

商社マンだった僕が、アドラー心理学に基づいたコーチングを始めたわけ

ある小さな女の子の生きた姿

自立神経失調症→産後うつ→双極性障害ママの徒然草

ヨーロッパでアクティブラーニングは死語!ケンブリッジCELTAが日本の英語教育を変える

【おしゃべりな胎児⑥ 〜"宇宙"になる子宮〜】子宮と胎児が教えてくれたちょっぴり不思議でおもしろい妊娠と出産のおはなし

【おしゃべりな胎児⑤ 〜ママがやりたいこと、胎児がやりたいこと〜】子宮と胎児が教えてくれたちょっぴり不思議でおもしろい妊娠と出産のおはなし

24歳の田舎育ちの芋娘がたった3年で300人以上の生徒が通うお菓子教室を作った物語~14歳から20歳~

断捨離が行き過ぎて家まで無くなった話。

東大法卒32歳が何も考えずに起業して1年経った結果

甲状腺腫瘍を経験したアラサー女子のお話(退院後~そして今)

友だちが死んだ

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

医者になれなきゃ死んだ方が良いと本気で思っていた高校時代のお話

平 茉莉子

1987年生まれ。大学病院の小児科病棟で看護師として勤務後、天国に行った子ども達と一緒に思いっきり生きる旅に出た。全てワクワクで選び続けた1年3か月の世界旅、”命ってなんだろう?生きるってどういうことだろう?”、各国で見つけた宝物はまるで、天国からのメッセージだった。

平 茉莉子

1987年生まれ。大学病院の小児科病棟で看護師として勤務後、天国に行った子ども達と一緒に思いっきり生きる旅に出た。全てワクワクで選び続けた1年3か月の世界旅、”命ってなんだろう?生きるってどういうことだろう?”、各国で見つけた宝物はまるで、天国からのメッセージだった。

平 茉莉子さんの他のストーリー

  • 第1話 生きて。【小児科ナースが天国に行った子どもたちと地球2周半、涙の奥に見えたとんでもなく輝く世界*】(改正中)

  • 平 茉莉子さんの読んでよかったストーリー

  • 双子の姉なっちゃんの話③【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】