金に物を言わせて痩せようとした結果www(弐)

このエントリーをはてなブックマークに追加
7

「姿勢悪いですね!姿勢良くしないと痩せないですよ」
エステティシャンのお姉さんは笑いもせず、開口一番にそう言った。
私は姿勢が悪い。小さい頃から、母親に何度も注意されてきた。
みんなどうやって背中を真っ直ぐにしているのか、
それは意識してやっているのか、未だによくわかっていない。
(どなたか教えてください)

正直に言うと、親から注意されすぎて嫌気が差していた私は
「そんなに言うほど姿勢悪くないんじゃないの?」
と思っていたので、お姉さんの言葉はショックだった。

お姉さんは体験コースの内容や諸注意などを説明した後、
体験前と体験後のサイズ比較をすべく、スリーサイズ+αの測定・記入を進めていく。
各項目の点を結び、レーダーチャート状のグラフが完成すると、
私の身体のどこが美容体型と大きく違うのか教えてくれた。

「まあ、今回の体験で1kg落ちて、サイズも多少変わると思いますよ」
お姉さんはそんな事を言いながら、コースに案内してくれた。

体験コースの内容は、
①マッサージを受ける
②サウナに入る(15分)
③足にパックをされて機械で全身をブルブルさせられる(15分) である。

項目を見ると③は全くもって意味不明だが、
これはア○トロニックの全身版のようなもので、
要は人為的に筋肉を動かして運動と同じ効果を得る、ということらしい。

ダイエットを始める前、
「きつい運動はしたくない」という理由でライ○ップを避けた私だが、
結局、運動からは逃れられなかった。
それでも、ランニングマシーンで延々走ったりしない分、楽とも言えるだろう。

この体験で本当に1kg減っていれば、私はダイエットを辞めていたかもしれない。
だが、体験結果は-700g。普通の人より減らなかったのである。

コースは基本的に横になっていれば滞りなく進んで行くので、楽ではあるが、
終わった後身体が楽かと言えば、全然そんなことはない。
その日も③で全身筋肉痛になったし、
そうまでしたのに予想より減らなかったことに衝撃を受けた私は、
「ああ、週一でダラダラ水泳に行くだけで痩せるわけなかったんだ」と半ば諦めに似た何かを感じ、
お金という強制力で無理やり痩せる方向へ考えをシフトさせていった。

エステは安い買い物ではない。
一度行くだけで月のおこずかいが飛んでいく勢いである。
請求書を見ながら、
「痩せていればこのお金でいい時計一本買えたな…」という気持ちと、
「でもこれだけのお金をかけるのだから絶対に痩せなきゃな」という気持ちが綯い交ぜになり、
私は何とも言えず重い足取りで帰路に就いた。猫背で。

次回からは少しずつダイエット生活で得た知見を共有していきたい所存です。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

Hamada Mai

ゲーム業界で企画として働いています。ゲームとゲーム実況と芝居とやさしい人が好きです。

Hamada Maiさんが次に書こうと思っていること

|

Hamada Mai

ゲーム業界で企画として働いています。ゲームとゲーム実況と芝居とやさしい人が好きです。

Hamada Mai

ゲーム業界で企画として働いています。ゲームとゲーム実況と芝居とやさしい人が好きです。

Hamadaさんの他のストーリー

  • 師語り①:はじめに

  • Hamadaさんの読んでよかったストーリー

  • 好きなように生きてはいけないのか?