段取りが悪くて、毎日終電帰りだったOLが、ノートの書き方を変えただけで、定時に帰れるようになり、起業をし、大好きなお客様に囲まれながら、夢に見た新潟と東京の2拠点生活をできるようになった話。

このストーリーは関 亜紗子さんが書いている途中です。
「詳しく聞きたい!」を押しておくと
このストーリーが書かれたときにお知らせが届きます!

詳しく聞きたい!

このストーリーを聞きたい人:

  • Kawamoto Nao
このエントリーをはてなブックマークに追加

関 亜紗子

「自分をデザインできる人を増やす講師」として、 経営者・個人事業主のブランディングを行っている。 頭の整理術「マインドマップ」と強み・欲求の活かし方セミナーなどを通じて、 自分で自分を紐解いて、問題解決する方法を伝えている。 セミナー開催数は160回。(2017年4月現在)

関 亜紗子さんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

父と母が離婚した時の話

入院を繰り返したメンヘラが自分で商売をはじめてデジタルノマドになった話 (2)

パプアの森の勇者デメギョの復活(アトピー地獄からの脱出) 3

パプアの森の勇者デメギョの復活(アトピー地獄からの脱出) 2

パプアの森の勇者デメギョの復活 (アトピー地獄からの脱出) 1

第14話 1本の木と奇妙な夜 【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

月収12万円だったしょぼい起業家が、新しいビジネスを立ち上げて3ヶ月で収入を30倍にした話

「あること」に気づいた瞬間、運気が一気に好転しはじめた!

学年ビリ、偏差値30台の落ちこぼれが、大学を辞め、世界の名門ロンドン大学に留学、そして商社マンになる話

精神障害の母とアル中の父から教えられた「実にシンプルな生きることの意味とは?」前編

【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」

若年性脳梗塞になってみた その1 ~疲れと発症と時々たけのこ~

9.11の時のこと

祖父が教えてくれたこと

ありえない人からの不思議な手紙で新しいビジネスが生まれた話

関 亜紗子

「自分をデザインできる人を増やす講師」として、 経営者・個人事業主のブランディングを行っている。 頭の整理術「マインドマップ」と強み・欲求の活かし方セミナーなどを通じて、 自分で自分を紐解いて、問題解決する方法を伝えている。 セミナー開催数は160回。(2017年4月現在)

関 亜紗子

「自分をデザインできる人を増やす講師」として、 経営者・個人事業主のブランディングを行っている。 頭の整理術「マインドマップ」と強み・欲求の活かし方セミナーなどを通じて、 自分で自分を紐解いて、問題解決する方法を伝えている。 セミナー開催数は160回。(2017年4月現在)

関 亜紗子さんの他のストーリー

  • 起業したてで、キャッシングで食いつないでいた私に、英語スクールの社長が教えてくれた、成功するコツ

  • 関 亜紗子さんの読んでよかったストーリー

  • イライラご飯がにこにこご飯に変わるまで。