僕の趣味は写真です

このエントリーをはてなブックマークに追加
11
僕は、3年ほど前に一眼レフカメラを持ちました。

今では仕事にしたいくらい、写真が好きになっています。

「写真」と聞くと、「思い出の写真」という言葉が浮かぶ人も多いんじゃないでしょうか。

そう、写真には ”記憶を残す” という力があるのです。

それは、人が生活の中で得る情報の90%は視覚からによるものだから。

写真を見ると、過去に見た情報とほとんど同じものが得られるのでしょう。
さらに、一眼レフの写真というのは人の目の見え方に非常に近いのです。だからより綺麗と感じる。

でも、ただ思い出すためだけのものなら、撮り方になんて拘る必要は無くなりますよね?

しかし、世の中の「写真好き」のほとんどが ”撮り方” ”みせ方” にすごく拘っているのです。
中には「アイディアが全てだ!」という人までいるほど。

僕も”撮り方””みせ方”にはすごく気を使うのですが、
そこに「写真を撮ること」への魅力があると思っています。

僕が思う写真の魅力は「被写体のことを好きになれる」というところです。

例えば、人が被写体の場合
「この人の魅力的な部分はどこだろう?」
「どういうみせ方をすれば強調できるだろう?」
と常に探しながら撮っています。

魅力が内面的な場合でも
「それが現れる行動はいつだ?」と考えチャンスを狙います。

そうです、
常に被写体の良いとこ探しをしているのです。

すると、良いところしか見ないようになります。
「あれ?この人良いとこだらけじゃん」ってなります。

この感じ、恋人をみる時と似ていると思いませんか?
いつの間にか被写体の事が好きになって、撮影が楽しくなってきます。

良い写真を撮るために、構図を考え、露出はこれくらいにして、絞りは…
と話すカメラマンの話を聞くと一見難しそうに聞こえるかもしれません。

しかし、大切なことは「どう魅力を引き出そうか?」と考えるだけです。
これならスマホでもできます。

まずは、今すでに好きなものから撮ってみてください。
一緒に写真を楽しめる人が増えると嬉しいです。
読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

父と母が離婚した時の話

入院を繰り返したメンヘラが自分で商売をはじめてデジタルノマドになった話 (2)

パプアの森の勇者デメギョの復活(アトピー地獄からの脱出) 3

パプアの森の勇者デメギョの復活(アトピー地獄からの脱出) 2

パプアの森の勇者デメギョの復活 (アトピー地獄からの脱出) 1

第14話 1本の木と奇妙な夜 【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

月収12万円だったしょぼい起業家が、新しいビジネスを立ち上げて3ヶ月で収入を30倍にした話

「あること」に気づいた瞬間、運気が一気に好転しはじめた!

学年ビリ、偏差値30台の落ちこぼれが、大学を辞め、世界の名門ロンドン大学に留学、そして商社マンになる話

精神障害の母とアル中の父から教えられた「実にシンプルな生きることの意味とは?」前編

【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」

若年性脳梗塞になってみた その1 ~疲れと発症と時々たけのこ~

9.11の時のこと

祖父が教えてくれたこと

ありえない人からの不思議な手紙で新しいビジネスが生まれた話

稲田 匠吾さんの他のストーリー

  • 僕の趣味は写真です