「自分のやりたいことがわからない」それはただ失敗を恐れていただけだった

このエントリーをはてなブックマークに追加
50


阿江
師匠。
やりたいことがわからないっす…
億万長者の変態師匠
ふーん。とりあえず何でもやってみればいいんじゃない?


自分のやりたいことがわからない

大学2年生の2月某日。


「身を切るような寒さ」

この言葉がふさわしい日だったのを覚えている。


そんな寒い日にも関わらず

渋谷には相変わらず人が溢れかえっていた。


街行く人たちは指先まで冷え切った手を

「ハァー」っと温めながら

足早に快適な室内を目指して歩いてく。


僕はというと、暖房の効いた暖かい部屋で

師匠の講義真っ最中だった。


師匠は、

ビールとおっぱいをこよなく愛する変態。


しかし、その正体は会社を数社所有していて、

今もドンドン新規事業を立ち上げているヤバイ人。


本当にこの人の元で学べたのは

運が良かったと思う。

師匠
好きなこと何個か書き出してみて
阿江
はい!( ̄^ ̄)ゞ


なんていつもの具合で返して書き出す。


_φ( ̄ー ̄ )




_φ( ̄ー ̄ ;)





_φ :(;゙゚'ω゚'):デテコナイ…



師匠の教えは、ざっくり言えば

「好きを仕事にして幸せに生きる」

という分類に当てはまる。


これに対してどう思うだろうか?


誰もがそうしたいと思うだろう。

理想だと言うだろう。


僕もそう思ってた。


ところがどっこい、

僕は自分のしたいことがわからない状態だったんだ。


野球で言われたことだけこなして、

自分のしたいことを封印して、

全て他人に決めさせて、

人の顔色伺って、

勝手に人生を黒色にして、


「これがしたい!」「それは違う!」という

心の叫びをずっと無視してきた僕には、

もう心は語りかけてくれなかった。


はっきり言って起業云々以前に

人として終わってる。


「心が死んでいる」

これ以上僕にふさわしい言葉はなかった...



やりたいことを探す旅へ

さてさて、見栄っ張りな僕である。

素直に師匠に相談するわけもなく、

しばらく隠し続けた。

(きっと見抜いていたと思うけど)


けど、いくら考えても好きなことが分からない。


悩みに悩み、

このままでは本当にいけないということで

師匠に聞くことに。


師匠、好きなことがわからないっす…
ふーん。とりあえず気になったこと何でもやってみればいいんじゃない?w なんか気になることないの?
ヒッチハイクとか良いなあーと。けど、自分には…
できないなんて幻想だよ。阿江ちゃんならできるから、ヒッチハイクしておいで
は、はい!やってきます!


「師匠の教えは素直に従うこと」

これは起業塾に入る条件の1つ...


いきなりハードルたけえよ...


けどやるって言ったし逃げられん…


という感じで、京都にある実家までの道のりを

マジでヒッチハイクすることに。


てな軽い感じで、

いわゆる「自分探しの旅」が始まった。


高鳴る胸と共にヒッチハイク

ヒッチハイク当日。


行きの電車の中で

「やっぱり帰ろっかな…」

「いやいや、決断したやん」

「けどやっぱり…」


なんて悶々と考えてたら

出発地点の用賀インターまで来てしまった。


とりあえず少しやって駄目なら新幹線で帰ろ

そんな気持ちでインター手前の交差点に

紙を持って立ってみた。






ドライバーからの視線が痛い。


まさに晒し者という感じ。


そんな感じでしばらく

公開処刑で精神的ダメージを受け続けた後、

一人のお姉さんが手を振ってくれた!


近寄ってみる。

よかったら乗ってく?
はい!お願いします!!


乗せてくれたのは大学生のカップル。


何でもこれから伊豆まで旅行に行くらしく

途中の海老名SAまで乗せてもらうことに。


何で乗せてくれたんですか?
うーん、面白そうだったから?w
怪しそうとかは?
君なら大丈夫かなって(^^)v

幸先の良いスタートを切れた

人生初のヒッチハイク。


その後も紙を持って立ったり、

自ら声をかけたりと100人以上の人と接触した。


もちろん、紙の書き方、立ち位置、声のかけ方を

何度も変えながら。


その結果、6組の方にお世話になり、無事に京都まで行くことができた。


これから伊豆まで旅行に行くんだ
刑務所から出てきた弟を迎えにきた
普段は警察してて今日は家族サービス
SA巡りデートしてるの
友人の結婚式から帰るところ
実家に行っててこれから帰るところだよ


ほんまに色んな人に助けられ、

無事にヒッチハイクをやり遂げた。


家に帰った時のことは今でも忘れない。


家族から質問攻めにあった後

眠くてたまらなかったので

「ボフッ!」とベットに倒れ込んだ。


身体的にも精神的にも疲れ切っていて

意識朦朧となる中、師匠の言葉が脳をよぎる。

できないなんて幻想だよ。

あの言葉は本当だった。


普段と違うことをするのは怖い。

けど最初の一歩さえ乗り切れば何だってできる。


今まで何にビビってたんやろ。
これからはどんどん気になったことしてみよ。



そんな風に思いながら

高校野球をしていた時以来の深い眠りに就いた…



やりたいことが見えてきた

その後、

とりあえず片っ端からやっちまえ!


そんな感じで


バーテンダー

イベント主催

ブログ

ブログで収益化

団体設立

ボルダリング

スノボ

映画鑑賞

一人旅

温泉旅行

食べ歩き

森林浴

ビラ配り

気になる人に会いに行く

ホームパーティー

ナンパ

クラブ遊び

合コン

ネットワークビジネス

プログラミング

コピーライティング

営業のバイト

料理

ぬか漬け


自分が少しでも気になったものは

片っ端からやってみた。


そしたら段々、周りが作ったイメージに

反応させられて好きかもと思っていたものと、

ホンマに好きなことの違いがわかってきたんだ。


絵が上手い人は親指を描くときに、親指の周りを書くんだ。
え?どういうことですか?
好きでないことがわかってくれば、何が好きか分かるということだよ。


具体的に、好きなことに気づき出したのは

ブログを書き出したとき。


ブログのネタにと思って買った

食からの身体作りの本がきっかけだった。


そこからは食にのめり込み、


ブレットプルーフ

一日一食

一汁三菜

一汁一菜

粗食

デトックス

菜食主義

オーガニック

玄米菜食


そんな感じで色んな食事法を試した。


それだけでは飽き足らず、

食の根源を知りたい!

ってことで、

長野に2ヶ月農業をしにも行った。


選んだのは長野県佐久市。

自然豊かないいところ。


僕はここで心の奥底にしまっていた

ある想いと出会うこととなる。



大自然の中で封印してた思い出と向き合う

農業にも慣れてきたある休みの日。


僕は白駒池を訪れていた。


白駒池は「日本のウユニ塩湖」と呼ばれるほどの

絶景が見れる場所。


水面に映る星や朝焼けが、たまらない。


そんな絶景を見ながら過去を振り返っていた。


楽しかったこと、

嬉しかったこと。

辛かったこと、

苦しかったこと。


いろんな思い出が蘇る。


一番嬉しかったことを与えてくれたのも、
一番ダメージを与えていったのも
高校の時の彼女やったなぁ

ふとそんな記憶を思い出した。


一度心を閉じて以来、

初めて心を開けた人。

初めて素の自分で入れた人。


にも関わらず、野球が終わって

「さぁ、遊ぶぞ」って時に

他に好きな人ができた


そんな理由でフラれた相手。


唯一の信頼した相手にフラれた傷がでかすぎて

それまでずっと記憶の奥深くに閉じ込めていた。


彼女は笑顔が素敵な女性だった。


けどある日、

堰を切ったように泣き出したことがある。


「実は常に体調が悪いこと」

「過去に大きなトラウマがあったこと」


涙をボロボロとこぼしながら

そんなことを話す。


彼女はいつも笑っていた。


けど、本当の彼女は

精神的にも身体的にもぼろぼろだったんだ…


気づかなかったことへの情けなさ。

今の自分にはなんともできないことへの憤り。

しんどいのに気遣ってくれてたことへの感謝。


色んな感情が入り混ざって、

思わず僕も涙が止まらなくなり、

2人してカラオケの一室でしばらく泣き続けた。








結局何もできんかったな
ほんまに体調悪いときは何も出来んの辛かった。今の彼女や大切な人たちが、もしあーなったら何とかできるようになりたいな。
…もしかして俺のしたいことってこれ?


気になったことを片っ端からしてゆく中で、


心のことに興味を持ったこと

食のことに興味を持ったこと

体のことに興味を持ったこと


それらが全部1つに繋がった。


自分の身体作りはもちろん好きだ。

後世に安心安全な食も残したい。


けど、それ以上に目の前の大切な人たちの

健康で元気な姿が見たかったんだ。


心から楽しんでるような笑顔が見たかったんだ!



そして今

あの気づきから時が経ち。


「身体への投資を文化に」


今はそんな想いを胸に、蜂蜜屋に努めながら、

「はちみつ王子」と名乗り、

蜂蜜を使った体質改善のコーチなんて

おかしなことをしている。


この話をすると、

「せっかく早稲田出てるのに、、、」という

哀れみの目で見られることが多々ある。


実際、大企業への新卒切符を捨てるなんて

以前の自分が聞いたら顔面蒼白だろう。


とりあえず一発殴るレベル(笑)


けれども、やりたいことをやってるわけだから

毎日が楽しくて仕方ない。


この道に進んで良かったと心から思っている。


もちろん、行動した分だけ

前に進んだ分だけ、いろんな失敗もある。


けど、そんな時はいつも師匠の言葉を

思い出すんだ。


変態師匠
いっっっっっぱい恥をかけばいい。

失敗なんかそのうち武勇伝になるからw

うちはね、孫に縁側で「おじいちゃんはこんな凄いことしたんだよ」って武勇伝を語ることが夢のひとつなんだ。

さて、次はどんな武勇伝を

自分史に刻んでやろう。


考えただけでワクワクが止まらない。


だって、

できないなんて幻想なんだから...






ここまで読んでくださって

ありがとうございました。


以上が、

「自分のやりたいことがわからない」状態から

抜け出した話です。


今って、ある程度までは

やることを目の前に用意してくれる世の中。


ただ与えられた課題をこなせば

上のレベルにいけます。


だからこそ、自由を与えられた時に

「やりたいことが分からない」

なんてことになる人って意外と多いのでしょう。


今なら分かります。


「したいことが分からない」というのは、

「失敗するのが怖い」だけなんだと。


なぜなら、失敗して無駄な時間を過ごすことは

現代において何よりも悪とされているから。


けど大丈夫です。


無駄になる時間なんて一切ありません。


もし無駄な時間があるとすれば

それは悩んで動けないでいる時間。


失敗を恐れて何もせず、

毎日を何気なく繰り返し、

ただ死ぬのを待つだけの人生か。


失敗も楽しんで行動し、

やりたいことをどんどんしまくって、

毎日を最高に楽しむ人生か。


あなたはどっちを選びますか?


師匠の物語が僕の背中を押してくれたように、

このストーリーがあなたの背中を押す

きっかけになりますように。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

追伸

「良い人生は良い身体から」

そんな理念のもと、

「身体への投資を文化に」

なんて目標を掲げて日々活動しています。


ご興味がありましたら

繋がっていただけると嬉しいです。


FBページ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


追伸2

自分のやりたいことである

疲れのマネジメントに突っ走ったこの頃。


「結局何を食べたらいいの?」

「調子が悪いんだけどどうしたらいい?」

「疲れってコントロールできるの?」


最近そんな質問を受けるようになったので、

僕が今まで学んできた知識を

「理想の身体への道標」

という手紙にまとめました。


私が学んできた心、食、睡眠、運動の知識を

9回に分けてお届けする手紙です。


あ、体質を改善したいなんてこれっぽっちも

感じない人は読んじゃダメですよ。


「自分の人生をとことん楽しみたい」

「自分を好いてくれる人を悲しませたくない」


そんな風に思っている

あなただけ読んでください。


またお会いできることを楽しみにしています。

「理想の身体への道標」を受け取る

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

やりたいことがわからないところからのスタートだったんだ。沢山の行動があって、大切な人たちの健康と笑顔のために、蜂蜜屋さんで働いてボディーメイキングのコーチをしているとは素敵です!背中を押され元気をもらいました!ありがとう!

ゆうきさん!ありがとうございます!少しでも力になれたなら嬉しいです!!本当に周りの人に助けられっぱなしでここまできました。恩返し、恩送り、とことんできるように精進しますので、これからもよろしくお願いします!

阿江 翔太

「自分のやりたいことがわからない」そんな夢も希望もなかった状態から、美人女子大生メンターの弟子に救われました。今は”Honey Body Making”を通して、理想の身体へを作るお手伝いをしています。

|

阿江 翔太

「自分のやりたいことがわからない」そんな夢も希望もなかった状態から、美人女子大生メンターの弟子に救われました。今は”Honey Body Making”を通して、理想の身体へを作るお手伝いをしています。

阿江 翔太

「自分のやりたいことがわからない」そんな夢も希望もなかった状態から、美人女子大生メンターの弟子に救われました。今は”Honey Body Making”を通して、理想の身体へを作るお手伝いをしています。

阿江 翔太さんの他のストーリー

  • 「自分のやりたいことがわからない」それはただ失敗を恐れていただけだった

  • 阿江 翔太さんの読んでよかったストーリー

  • 一生治らない難病にかかった高校生が、絶望の淵から10年かけて病気を完治させ、年商2億円の実業家になった話