① 無一文で離婚した女が女流官能作家になり、絵画モデルとなって500枚の絵を描いてもらうお話「東京に出発」

① 無一文で離婚した女が女流官能作家になり、絵画モデルとなって500枚の絵を描いてもらうお話「東京に出発」
▼他14件のストーリー
このエントリーをはてなブックマークに追加
13


(これからどうやってこの子を育てて行こう…)

 神戸の小さなアパートで、すやすやと眠りについた5歳の息子の顔を見ながら、私は途方にくれていました。

 その時私は30歳。

 離婚して、奄美大島から故郷の神戸に帰ったばかり。

 幼い子供をかかえて、職なし金なしあてもなし。

 大ピンチの生活だったのです。

 他人から見れば、絶対絶命的、貧乏生活!

 故郷と言っても、親からは、

「あんたは親の反対を押し切って、勝手に結婚して勝手に離婚したんだから、あてにしないでくれ」 

 と突き放されていました。

 天涯孤独です…。

 小さい子供をかかえて、働くことも困難だし、お金も底をつきそう。

 

 これからどうやって生きていこう…。

 その時、ふっと思いついたのです。

 文章を書けば、お金になるかも知れない…。

 実は独身時代の20代の初め、私は大阪の繁華街の高い陸橋から酔っ払って転がり落ち、怪我をして自宅療養したのです。

 友人と飲んだ帰り、着ていたドレスの長い裾をヒールで踏んでしまったのでした。

 救急車で病院に運ばれて、3日間の入院生活。

 さいわい大きな怪我ではなかったのですが、退院後も一ヶ月は外に出られなかった。

 療養していた私は、

(小説を書いてみよう!)

 思い立ち、官能小説を一本書き上げたんです。

 なぜ官能小説にしたかといえば、なんとなく書けそう…な気がしたから。

 送ったところ即採用されて、翌々月には掲載された月刊誌が送られてきました。

「これからも送ってください」

 と手紙が添えられて。

 ところが、顔の怪我もすっかりなおると、小説のことなどすっかり忘れてしまった。

 日々の仕事や恋愛に、とても忙しかったから。

 旅行業界紙の記者をしていました。

 今も思うのですが、私がもし、仕事をばりばり続けていたら…経済的に困らない裕福な奥様だったとしたら…。

 絶対に小説を書かなかっただろう、と断言できる。

 しかし、その時、離婚して5歳の子供と小さなアパートで暮らし始めた私は、心底お金に困っていた。

 そこで

(小説を書いてみたらどうだろう! これなら家にいてもできる仕事だし)

 と思いついたのだ。

 6時半に夕飯を食べ、9時に子供を寝かせてから、夜中の12時過ぎまで原稿を書いた。

  2ヶ月間で、官能小説一本、官能告白手記一本、「石鹸にまつわる思い出」のお堅い懸賞論文を一本。

 祈るような気持ちで、郵便局から送った。

 結果、すべての原稿が採用され、原稿料が手に入ったのだ。

 

 官能小説雑誌の編集長からは、電話ももらった。

(いける! これで生活していけるかもしれない)

 採用してくれた官能小説の出版社さんは、すべて東京だった。

(これは、東京に行くしかない!)

 思い立ったらそく即実行! 


 お金をかき集め、私は東京にアパートを借りることにした。

 その頃神戸ではちょうど、働く母のために、一時的に福祉施設に子供を預かってもらう制度が発足していた。

 母親が出張や病気で入院した時に、利用できる。

 

 それを利用して、子供を預け、私は一人東京にアパートを探しに行った。

 時はちょうど、クリスマス期間。

 12月の22日に預けて、24日に引き取りにいく。

 新幹線で東京に出発。

 まったく見知らぬ町。西も東も北も南もわからない。

 電話帳でさがした格安ビジネスホテルに泊り、格私鉄沿線の駅前の不動産屋に飛び込んで、安いアパートを探した。

 家賃はなにがなんでも3万円代。

 ところが…5歳の男の子がいます、と言うと、

「子連れの方はだめなんです」

 軒並みすべての不動産屋で断られてしまった。

こ、困った…どうしよう!! 東京はなんて冷たい町なんだっ)

 と町にやつあたり。

 昼の新幹線でもう帰らなければならない。

 せっぱつまった私は、最後に飛び込んだ不動産屋さんで、

「子供はいるけど、母に預けて私一人で上京します」

 と嘘をつき、6畳一間のアパートを契約してしまった。

(不動産屋さん大家さん、ごめんなさい)

 実はその部屋を見に行った時、階下に住む人が子沢山な家庭だったので、

(このアパートなら、やっぱり子供あずけられませんでしたと連れてきても、なんとかなるだろう)

 と思ったのだ。

 


 ほっとして神戸に帰り、子供を福祉施設に迎えに行った時は、夜の八時だった。

 

 真っ暗な夜の街。

 坂の上の建物に明かりがぽつんと灯っている。

 おりしもクリスマスイブの夜だったのだ。

 施設の入り口には電飾で飾られた大きな樅ノ木。

 子供は多勢のお友達と一緒に食堂にいて、サンタさんもいた。

  テーブルには、もう食べ終わっていたが、ご馳走やケーキがのってた皿や小鉢が並んでいる。

 

 やさしい保母さんに手をひかれて、子供が私の前にやってきた。

「ただいま!」

 と抱き上げると、子供ははにかんだ表情で笑っていた。

 お礼を言って、福祉施設をあとにする。

 暗い坂道を子供と一緒にくだりながら、

「サンタさん来たんだよね、よかったね」

 話しかけると、

「そうだよ!」

 子供は目を輝かせ、

「ゲームしてケーキ食べて…保母さんが抱っこしてくれて、みんなで遊んだ!」

 嬉しそうに語った。

 そうだ、イブの日でも、生まれてこのかた、ずっと二人きりの母子家庭だった。

 子供は寂しかったのだろう。

 だから、お友達や保母さん、サンタさんと過ごした賑やかなイヴが楽しかったにちがいない。

「東京にね、お部屋が見つかったの。必死で探したんだから」

「ママ、頑張ったんだね」

「そう、これから、みっ君と東京に行って暮らすんだよ」

「東京…もう神戸にはいないの?」

「当分はね」

 漆黒の夜の空にはイヴの満点の星。

 遠くにまたたく無数の星。

 さて、東京での生活、どうなりますやら…。

どうか東京でうまく行きますように。

 

 祈らずにはいられなかったーー。


※ ※

ユーチューブに絵をアップしています。

絵画モデルM子

https://www.youtube.com/watch?v=K2LlW0h-huA

見てください。


読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

藤 まち子

まち子の人生のストーリー

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

藤 まち子

まち子の人生のストーリー

藤 まち子

まち子の人生のストーリー

藤 まち子さんの他のストーリー

  • ⑦ 無一文で離婚した女が女流官能小説家になり、絵画モデルとなって500枚の絵を描いてもらうお話 「秋の展覧会、出品した絵は…」