ファイナンス入門 (25) 投信の何が問題になっているのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
4

最近の日経新聞での投信の不信に関するニュースが話題を呼ぶと共に業界に暗い影を投げかけている。

投信とは、投資信託のこと。

多くの投資家から集めたお金を元に運用の専門家が債権や株式等に投資、運用する商品で、通常、運用の方針や目標にする株価指数などを示して投資家を募る。

古くはBRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)のエマージング市場をテーマにした物や、ゲノム、バイオをテーマにした投信や日経225に連動した投信がある。

大体、現在日本で幾つの投信が発行されているのか。

一般の投資家が購入できる投信は「公募型」と呼ばれ、2017年3月末で約6,000ある。

金融庁の資料によると一本当たりの純資産額は110億円と、アメリカに比べると一桁小さい。

その上、半分以上の純資産額は20億円未満。

この規模の小ささが、運用方針に基づいた投信を困難にしたり、どんなに小さな投信でも決算、報告などの管理が必要になることによるコスト高に結びついていく。

ちなみに先の金融庁の調査による日米の規模の大きい投信の比較では、日本の大規模投信の平均規模は1.1兆円で平均販売手数料率3.2%、平均信託報酬年間1.53%に対して、アメリカの大規模投信の平均規模は22.6兆円、平均販売手数料は0.59%、平均信託報酬年間0.28%と大きな差となっている。


一時期、銀行がこぞって投信の販売に走ったが、ここには系列の問題がある。

上述の規模や手数料等、お客様の利益に一番叶う商品を販売するというよりも、系列の投資運用業者の投信を販売することが多く、その比率は銀行 、証券会社では半分を超えている状況。競合グループの商品は販売もしていない。

この様な背景がある為か銀行による投信の販売は伸び悩んでいる。

規模が小さくなった投信は解散され償還されるし、解約も存在している一方で、伸び悩んではいるものの一定の残高が保たれているという事は、銀行による回転売買が推し進められている可能性がある。

本来、 長期に保有してこそ意味のある投資が銀行の手数料目的で短期の投資になっているとしたら、本来の期待された収益は望みようがない。


もう一つ、日本の投信の特徴として「毎月分配型」と呼ばれるものの比率が極めて高くなっている事だ。本来、投信の分配金は運用収益から費用を引いたものとなるはずだが、毎月分配型は運用収益の大きさに関わらず毎月一定の分配金を支払うというもの。

そんな魔法の様な事がどうして出来るのか。実は魔法でも何でも無く収益が無い、又は足りない場合、投資家が購入時に払込んだ元本を取り崩しているだけ。タコが自分の脚を食べる様なもの。

そもそも収益がある場合でも本来、その収益を更に投資に向ける事で複利で運用する事が期待されるのが投信。毎月分配型はこのメリットを放棄していることになる。

先の日経新聞の記事でこの毎月分配型の投信を保有している人の話として、「毎月一定の金額が入ることによる安心感」や「精神安定剤」みたいなものとの購入動機の説明があったが、それならば手数料の掛らない預金として取り崩していくことや、年金商品との比較を行なっていく必要があるだろう。

今回の日経新聞の記事の契機になったのは、実は金融庁の森長官が4月に自身も会員である日本証券アナリスト協会の講演会での投資家の利益を顧みない投信運用、販売会社への批判的なコメントだった。

会場にいた出席者の多くは、その金融業界の人間。

彼らに長官の声が届いた事を祈るとともに、我々投資家自身も商品の特性、リスクを理解していく必要があるだろう。


読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

Tachibana Toshiyukiさんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

これから肺がんを生き抜いていく人たちのために(7)

「元素の勉強」に驚きと感動を!!熱狂と興奮を!!とある塾長の実録奮闘記

ある小さな女の子の生きた姿

【ニート道】借金300万抱えた私が上智大卒ニートになるまでの道のり【人生で大切なことって何?】

自立神経失調症→産後うつ→双極性障害ママの徒然草

ヨーロッパでアクティブラーニングは死語!ケンブリッジCELTAが日本の英語教育を変える

【おしゃべりな胎児⑥ 〜"宇宙"になる子宮〜】子宮と胎児が教えてくれたちょっぴり不思議でおもしろい妊娠と出産のおはなし

【おしゃべりな胎児⑤ 〜ママがやりたいこと、胎児がやりたいこと〜】子宮と胎児が教えてくれたちょっぴり不思議でおもしろい妊娠と出産のおはなし

24歳の田舎育ちの芋娘がたった3年で300人以上の生徒が通うお菓子教室を作った物語~14歳から20歳~

東大法卒32歳が何も考えずに起業して1年経った結果

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

『1級身体障害者』が『自殺』をする為に全国を旅した話

転職大魔王伝「オレ、結婚相談所に就職。」2

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

医者になれなきゃ死んだ方が良いと本気で思っていた高校時代のお話

Tachibanaさんの他のストーリー

  • なんちゃって外資系 その7 色々残念編

  • Tachibanaさんの読んでよかったストーリー

  • SATCのキャリーに憧れていたOLの私が、週休5日で年収1000万円になるまで