靴下のようなスリッパ ー こどもサイズ ー

このエントリーをはてなブックマークに追加

トートーニー【toe to knee】というはきものと革もののブランドで
一枚の革に一ヶ所だけ縫製をしたスリッパをつくっています。
内側には素足で気持ちよく履いていただけるよう革の表面を、
外側には滑りにくいよう革の裏面を使用しています。

素材は柔らかい牛革なので、ご使用から2、3日くらいで馴染みはじめます。
様々な厚みを試作後、しなやかさと硬さのバランスが良いという点から、現在使用している厚みに決定しました。

足に馴染み靴下のようになっていく過程から、革のおもしろさを感じていただけたらと思っています。
サイズは、17.0cmから1.5cm刻みで29.0cmまで展開しているので、
履く方の足に近いものをお選びいただけます。

 

きっかけは、私自身の足に合う室内用のはきものがなく、
階段の昇り降りでつまづきそうになっていた経験からつくりはじめました。


こどもサイズから展開しているのは、小さな頃から足のサイズに近いはきものを身につける感覚や、革に親しみを持ってもらいたいと思ったからです。

こどもサイズは、成長の早さを考えるとおとなにに比べて履いていただける期間はわずかかもしれません。
でも、そのわずかな時間を経年変化が楽しめるヌメ革のスリッパに残し、

何年後かにふたたび成長したこどもたちへプレゼントしていただけたらと思っています。

こどもサイズのはじめてのお客さま池上羽衣(いけがみうい)ちゃんは
毎日スリッパに合わせて洋服を選んでくれたりしてくれているそうです。
靴のような感覚でスリッパを履いてくれていることや、おとなと同じものを身につけていることを楽しんでくれているようです。

こども達の素直な反応から、製品について考えるきっかけをたくさんもらっています。
そんなたくさんのきっかけを大切にしながら、これからも日々の生活に寄り添う道具を革でつくっていきたいと思います。

 

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

神田 沙耶香

1979年富山県生まれ。2000年 秋田公立美術工芸短期大学木材工芸コース卒業。 フィッティング販売をはじめ、製造、問屋、修理などの靴業界の各流通分野に携わる。 2012年より靴型紙師 木越謙藏氏に師事。 トートーニー【toe to knee】としてオリジナル革製品の製作開始。

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

実話!魔法のランプが3つの願いを叶えてくれたすごい話。

私が上場企業の役員の地位を捨て、海外移住に踏み切った理由(6)英国の素晴らしさを徹底的に語る

31歳 妊娠4ヶ月 肺ガン発見から妊娠継続治療法を選択し命をかけ出産をしたシングルマザー〜出産編〜

ボクが京大を7回受けたワケ

15年間以上悩んだ自律神経失調症を1日で克服させてくれた父からの大切なプレゼント

京大英語で8割、京大数学で7割をとった方法

余命2ヶ月!末期ガン宣告された父を持った娘の日記-3-

タモリさんが教えてくれた絶対に夢を叶える方法

劇団四季で学んだプロフェッショナルとアマチュアのほんの僅かな違い~生き残る人・消える人~11のポイント

癌が消える!?工場の話だとばかり思っていた「ザ・ゴール」の TOC(制約理論)をガン細胞のことに置き換えてみると、お金が節約できて元気になることが小学生でもわかるという話【前編】

【自己啓発本はいらない】科学的に幸福感を最大化して生きていく思考方法を考えた。(第7回〜完結編〜)

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 パート3 オヤジの教育論編

3.11のあの日 東京で

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。

神田 沙耶香

1979年富山県生まれ。2000年 秋田公立美術工芸短期大学木材工芸コース卒業。 フィッティング販売をはじめ、製造、問屋、修理などの靴業界の各流通分野に携わる。 2012年より靴型紙師 木越謙藏氏に師事。 トートーニー【toe to knee】としてオリジナル革製品の製作開始。

神田 沙耶香

1979年富山県生まれ。2000年 秋田公立美術工芸短期大学木材工芸コース卒業。 フィッティング販売をはじめ、製造、問屋、修理などの靴業界の各流通分野に携わる。 2012年より靴型紙師 木越謙藏氏に師事。 トートーニー【toe to knee】としてオリジナル革製品の製作開始。

神田 沙耶香さんの他のストーリー

  • 靴下のようなスリッパ ー こどもサイズ ー

  • 神田 沙耶香さんの読んでよかったストーリー

  • バッグ職人sunaoのひとりごと〜クジラみたいな土佐打刃物