3人の子育てしながらの医学部受験③

このエントリーをはてなブックマークに追加
26

S大学の入試課にようやく到着して願書を手に入れるも、そこには健康診断書が必要だった。妊娠8ヶ月、X線を撮ってくれる病院を探して東京を放浪する。


健康診断書、健康なら何にも言われないけど、どう見ても妊婦。しかも子供連れているおばさん。

妊娠している場合、胎児のX線による影響を避けられません。
お願いします。どうしてもS大学の願書に必要なんです。


どうしても必要なら仕方ありませんね。

いくつもの病院を回ってようやくたどり着いた心ある病院。

X線による胎児への影響を最小限にするために

お腹だけを防衣服で覆って撮りましょう。

そういって医師はX線撮影に協力してくれた。


ようやく出した願書。しかし、その受験は不合格になった。

もう、絶望しかなかったけど私は諦めなかった。

さあ、もう一度、年齢的にも最後になるかもしれない受験。

翌月私はこれが最後という受験に向けて歩き出した。



読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

すごいです。苦難を乗り越えた末の不合格、それをも「さあ、もう一度。」と鼓舞できる前島さんの御心に驚きました。つづき楽しみにしています!

清瀬様、本当にありがとうございます。
ただただ、文章力のなさを痛感していますが次も書きますので、読んでください。

前島 貴子

挫折を繰り返し、3人の子育てをしながら7年かけて医学部に合格した主婦の頑張る女性への応援メッセージ

前島 貴子さんが次に書こうと思っていること

|

前島 貴子

挫折を繰り返し、3人の子育てをしながら7年かけて医学部に合格した主婦の頑張る女性への応援メッセージ

前島 貴子

挫折を繰り返し、3人の子育てをしながら7年かけて医学部に合格した主婦の頑張る女性への応援メッセージ

前島 貴子さんの他のストーリー

  • 借金を残して自死した父③

  • 前島 貴子さんの読んでよかったストーリー

  • 国境を越えて求められる看護人材