14話 空港へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
6

最終日の朝、天候には今日も恵まれていた。


アイスランドには愛されていたんだと思う。


やっぱりまた来よう。


送迎バスの手配をしてある。6時。


6時30分とサンジョーは言ったのに6時と言われた。やはりアイスランド人は30分前行動なのだろう。ま。いいけどね。




そんなわけで5時50分ごろに部屋を出てチェックアウト。

バスを待つ。


やはり今日もバスが本当に来るのか不安だ。


これで来なかったら間に合わない。


というか空港までの交通手段がわからない。


もしも欠航になって延泊だったらラッキーだと思う。アイスランドという国にはまだいたいから。


でも、自分のミスで空港に行けないのは話が違う。


飛行機代は返ってこないだろうし、新しい飛行機を取り直して、延泊手続きをしなければいけない。お金はいくらぐらいかかるだろうか。手続きできるだろうか・・・




という心配をしていたが問題なくバスは来た。乗って確認すると確かにサンジョーの名前がある。よし!




ひとまず安心してバスで落ち着く。


ふ~




・・・・





しばらく走ると、ドライバーが何か言った。


あれ?全員降りろ的なこと言わなかった?


たくさんの人が降りていく・・・


ここは見覚えがある。


確か来るときもたくさん人が降りていたところだ。


空港まで降りなくていいはずだから乗っていよう。


来るときもそうだったし。




・・・・



本当に全員降りちゃったんだけど・・・



バスを降りてドライバーに聞いてみる。


ドライバーはサンジョーの肩に手を置いて、このゲートを通ればいいんだ。


と言ってきた。


悩んでいるときに人生を諭されたような画だったと思う(汗)


「お前は明日に向かって走れ」的な感じ(笑)


言われたとおりにゲートを通ってみるとまたバスがある。


そこにたくさんの人たちが乗っている。


エアポートと書いてあるし、とりあえず乗ってみる。




全員が乗ったタイミングでドライバーがチケットの確認をする。


大丈夫だろうか?


日本のエージェントにはバウチャーを往復分のチケットに交換するように言われていた。


しかし、入国時には片道分しかチケットをくれなかった。

帰りのバウチャーはサンジョー自身が持っているものだと言われた。

だからバウチャーは持っているが、来るときに持っていたチケットは持っていない。


多分大丈夫だろうけれど、何が起こるかわからないから不安ではある。

でも、バウチャーを確認してくれればこのバスに乗っていいのか確認もできるし、とりあえず見せてみよう。

バウチャーをドライバーにみせる。

キラッ!とドライバーの目が光った気がした。

いや、サングラスだから目は見えないけれど(汗)


「OK」と言われた。


ふ~


時計を見ると6時30分を指していた。


を?


もしかして6時30分ってこの場所に6時30分ってこと?


だから6時にホテルを出ろということだったの?


一つ問題が解けた(?)ところで空港へ出発した。


読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

三条 翔也

ショルダーバッグひとつで世界一周旅行

三条 翔也さんが次に書こうと思っていること

|

旅行・海外生活のタグがついたストーリー

第13話「アメリカの洗礼 続き そしていよいよ授業を選択する時」⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

第12話「アメリカの洗礼」⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

第11話『バークリー音楽院?バークリー音楽大学?』⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

高校生の時、自分の未来が見えなかった。今は、毎日楽しく生きている話

18話 最後に

アメリカ企業から中国に派遣された日本人が地獄を見て学んだこと(1)

第9話『心動かすもの』 ⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

第8話『諦める、という決断』 ⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

第7話『〜奨学金オーディション 後日 VSアメリカ〜』 ⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

第6話『〜奨学金オーディションその2 VS グレッグ〜』 ⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

第5話『〜バークリー奨学金オーディションその1 VS アドリブ編〜』 ⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

第4話『恋の病』 ⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

第1話『決断』 ⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで。ープロローグー

平成14年韓国留学日記:温かいビビンバ

三条 翔也

ショルダーバッグひとつで世界一周旅行

三条 翔也

ショルダーバッグひとつで世界一周旅行

三条 翔也さんの他のストーリー

  • 8話 寒い