10代でうつ病になって悪い人に騙された話(4)

このエントリーをはてなブックマークに追加
4

高校転入。


通っていた(正確にはあんまり通えていなかった)高校を辞めることになったきっかけは、母親とのケンカだった。

入学して2、3ヶ月しか経たない6月くらいだった。


精神的に不安定だった事で、高校に通えなくなり家にいることが増えていったある日の朝だった。確か私は制服を着ていた。学校に行こうとはしていたんだ。

でも行かなきゃと思う心に身体がついていかなかった。


学校に行かない私を見て、

「こんなに高い学費を払ってるのに!!もう辞めなさい!!!」

母親が痺れを切らして怒鳴ってきた。

私は行きたくても身体が言うことを聞かない訳の分からなくなった自分のと心と体に混乱し、怒り狂った。母親の言葉に対し

「行かんわ!!辞めるわ!!」

と言い返した。今思えば、売り言葉に買い言葉だった。


そして、母と2人で学校へ行き、退学手続きをとった。担任の先生は引き止めてくれたが、結局退学することになった。


退学手続きが終わり、私は自分の居場所が完全になくなった気がした。人生が真っ暗になった気がした。この先の不安と何故こんな事になってしまったのか、混乱した気持ちでいっぱいになった。


怖くなった私は「やっぱり辞めたくない、学校に戻りたい」と母に訴えた。訴えが二転三転する娘につられ、母も疲弊混乱し正常な判断力を失っていた。娘の将来を思い、母は学校に電話して退学手続きを取り消したいと話してくれたが、既に時遅く学校に戻ることは叶わなかった。


相談できる身内もいなかったため、母娘2人途方に暮れていた。これから先どうすればいいのかと…。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

aki Karata

過去を少しずつ振り返っています。封印した記憶を呼び起こす作業なので、少しずつしか書き進められないことをご了承下さい。読んで下さっている皆様ありがとうございます。

aki Karataさんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

チアリーディング。それは、誰かに元気と勇気と笑顔を与えるもの。つまり、誰かを思いやること。それは、世界平和に繋がると信じて。

夢は、叶う。でも、自分の頭で想像しないと実現しない。

高校生の時、自分の未来が見えなかった。今は、毎日楽しく生きている話

第3話『原動力』 ⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

新卒で証券会社に入社して1年間で100件以上の新規開拓を達成し、3億円の資金を導入した話(17)

シンプルは豊かだな~としみじみ思う

過去世について

ウソみたいなホントの話 ~『メッセージ』が教えてくれたもの~

【THE九州男児な父へ】45年勤続した会社の最終出社日を迎えた父に贈った娘のお手製『私の履歴書』

劇団四季で学んだプロフェッショナルとアマチュアのほんの僅かな違い~生き残る人・消える人~11のポイント

ニューヨーク生活でみた、ニュースの世界と日常生活の違い

断捨離が行き過ぎて家まで無くなった話。

『心の扉が開くとき』 ~二十年来の悩みに解決の光が!~ 悩みを聞き、それらの出来事の意味を紐解いて見せることで、一人の女性が劇的に変わってしまった話

10ヶ所転移の大腸癌から6年半経っても元気でいるワケ(19)

大企業で働く元高校球児の営業マンがうつ病となり、初めて訪れた甲子園で元気をもらった話。

aki Karata

過去を少しずつ振り返っています。封印した記憶を呼び起こす作業なので、少しずつしか書き進められないことをご了承下さい。読んで下さっている皆様ありがとうございます。

aki Karata

過去を少しずつ振り返っています。封印した記憶を呼び起こす作業なので、少しずつしか書き進められないことをご了承下さい。読んで下さっている皆様ありがとうございます。

akiさんの他のストーリー

  • 10代でうつ病になって悪い人に騙された話(4)