「その夢には、はかり知れない価値がある。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
3

ここはもう、私のいる場所ではない。

 

 それから、レッスンに出ては、その日出来なかったことをひとつひとつ自分の感覚の中にしっくりくるまで落とし込んでいく、地道な日々を送っていた。また、仕事ではいくつかの会社を転々とした。尖った性格は少しずつ丸くなり、会社の中で交わされる、なんの興味も湧かない話にもなんとか上辺だけは合わせられるようになっていた。話を合わせないといじめられ、仲間はずれにされてきた過去が、私を守ってくれていた。もちろん、中には味方でいてくれる人もいたが、どんなにおとなしくしていても、なぜか、私は目立つらしく、少しでも目立つといじめられた。表面的にはおとなしくしていても、私の中にある芯は強く、納得しないことには絶対に首を縦に振らない、そんな頑固な性格はきっと伝わっていたのだろう。そんな私の態度に相手は恐れ、権威を振りかざされたことは何度もあった。それでも、自分が納得できないことには絶対に癒合しなかった。

 表向きには合わせられるようになっていたものの、心の中は虚しかった。自分の中が分離しているのがわかった。愛想笑いをし、周りに合わせ、演技をしている自分が大嫌いだった。

 もう、こんな生活はやめよう。これ以上虚しい時間を過ごすのはうんざりだった。それに、ここに所属している限り、私の目指す場所にはたどり着かない。今、大きく方向転換をしないとまずい。そんな危機感を感じていた。

 そして、今年の4月、私は会社を辞めることにした。


読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

チアリーディング。それは、誰かに元気と勇気と笑顔を与えるもの。つまり、誰かを思いやること。それは、世界平和に繋がると信じて。

夢は、叶う。でも、自分の頭で想像しないと実現しない。

高校生の時、自分の未来が見えなかった。今は、毎日楽しく生きている話

第3話『原動力』 ⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

新卒で証券会社に入社して1年間で100件以上の新規開拓を達成し、3億円の資金を導入した話(17)

シンプルは豊かだな~としみじみ思う

過去世について

ウソみたいなホントの話 ~『メッセージ』が教えてくれたもの~

【THE九州男児な父へ】45年勤続した会社の最終出社日を迎えた父に贈った娘のお手製『私の履歴書』

劇団四季で学んだプロフェッショナルとアマチュアのほんの僅かな違い~生き残る人・消える人~11のポイント

ニューヨーク生活でみた、ニュースの世界と日常生活の違い

断捨離が行き過ぎて家まで無くなった話。

『心の扉が開くとき』 ~二十年来の悩みに解決の光が!~ 悩みを聞き、それらの出来事の意味を紐解いて見せることで、一人の女性が劇的に変わってしまった話

10ヶ所転移の大腸癌から6年半経っても元気でいるワケ(19)

大企業で働く元高校球児の営業マンがうつ病となり、初めて訪れた甲子園で元気をもらった話。

Hanedaさんの他のストーリー

  • 「その夢には、はかり知れない価値がある。」

  • Hanedaさんの読んでよかったストーリー

  • 浅野忠信さんと田中真弓さんに直接会ったにも関わらず、俳優の僕が芸能界で売れることを目指さない理由 PART1